So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年野辺山ウルトラマラソン 第二話「野辺山、怒涛の先制パンチを繰り出す」 [野辺山ウルトラマラソン]

「野辺山に・・・心臓を捧げよ!!」

最近進撃の巨人をようやく最新刊まで読んだ僕はそんな叫びをあげることもなくテクテク進んでいきます。

今年のあのお兄さんはブルゾンちえみか・・・・。
毎年何かのコスプレをして一日応援してくれるお兄さん。
毎年見かけてハイタッチしてもらって元気を頂いております♪

この日は、結構寒くて、手袋・ポケッタブルパーカ・アームカバー、、、と防寒対策をガッツリめに。

最初の5kmはフラットな感じだけど、そこからコース最高点までは登っていく感じだよな・・・。
少し登り勾配になった所で、ジェルを摂りました。
この日は、前半から積極的に補給をしていきました。
今までのウルトラでどうも42kmにつくくらいまでの前半戦が辛く感じることが多く、それの原因て補給不足では?と思う所があったので前半からガンガン行きました。
・・・多分、これはよかったのではないかと思いました(;^_^A

本当、空気が澄んでて景色もきれいです。

4年連続で来ていると、なんとなく覚えてしまいますがいつも感激です♪

いつもの牛がいる牧場は牛がいなくなっていて少し寂しい気持ちになりました・・・・。。

まぁ、変わらないものなんてないわな・・・・。

そんなで林道に向けて斜度が上がってくるにつれて僕の息が上がってきます。。

きたきたきた!まず一発目のパンチ。

しかしこれは想定内。

謎の心肺劣化状態の僕では、標高1300mを超えた所ではまずろくに走れないはず。
むしろそこで無理したら、後で高利息を支払う羽目になること間違いなし!!
なので、1時間10分以内での10km通過を目指して、無理せず進んでいきます。。

林道に入り、登りが本格的になり、景色を楽しみつつ登山モードに入る僕に、後ろからプレッシャーが・・・・(;^_^A

「ねぇ、23kmの関門は閉鎖何分前に通るの?」
「ねぇ、八峰の湯(42km)には5時間くらいでつかないときついよ」

と、ドライブレコーダーが僕のケツについていたら撮影して当局に届けてやろうかという位のあおりが・・・・。

「だから・・・お前と俺じゃ何度も何度も言っているけど、現状の走力が違うの!」
「俺は今歩いているけど、これでもこんなにゼーハー言っている、これで無理したら走るべき時に走れないよ」

まぁ奥さんからしたら、去年までは自分が坂走れなくて、僕が待つパターンが多かったので現在の反対パターンにギャップを感じるんでしょうね・・・。実際帰りの車でそう言っていました。

「まぁとにかく不安なら先行っていいよ!俺は俺のペースで行くし。それしかできねーし」

と、コース最高点に到着するころには、キューバ危機ばりの緊張感がこばすけ家夫婦に立ち込めていました(;^_^A
これもある意味最高点だったかもしれません(笑)

これも、進撃の巨人のリヴァイ兵長みたく、「悔いのない選択をしろ・・・・どっちが正しいなんて俺にはわからないからな・・・・」と言ってやろうかと思いましたが奥さんは進撃の巨人読んでいないので自粛しました。

まぁ確かに奥さんが焦るのも、無理はないです。

こばすけ家伝説となっている、初野辺山、制限時間3分前ゴールの時と同じくらいか下回るペースで八峰の湯に到着するペースで進んでいるので・・・・(;^_^A

僕のプランとしては、こうなのです。

劣化しまくりの心肺で、標高1300m以上の所の登りで無理はしたくないのでそこはセーブして標高が1000m付近になってからが緩やかな登りとかも走って巻き返していく・・・というプランで、各関門には45分前の突破を目安に進んでいき、あわよくば各関門に対しての貯金を少しづつしていき最終関門の川上村原公民館を17:15前後に出発出来れば最高というシナリオを描いていました。

このプランだと、かなりの不安を負います。

なんせ、こばすけ家の過去の戦績だと、50kmの小海公民館から、71kmの滝見の湯までがとにかく激しく潰れています。
僕のプランでは、まさにこの過去3年間の鬼門となっている所で、完走に対しての貯金を生み出そうということを考えています。この辺、標高が下がるから走りやすいはずと考えました。
しかしここで潰れて川上村原公民館の出発時間が遅くなると阿鼻叫喚間違いなしなのです。
あそこのラスト13kmはマジで恐ろしい。
だから、前半から貯金を作りたい奥さんの気持ちはもっともなのです。。

うちの奥さんは、このプランと、この現在のペースでは完走は厳しいとこの時点で思っていたそうです。
このプランについては、後日「走ることはともかく、あの計画性はすごいわ」と褒めているのかけなしているのかわからないお言葉を頂きました(;^_^A

そんなプランを胸に、コース最高地点からは下り下り~!!

時々石を踏んで、足首をぐねり痛みが走りますが、気のせい気のせいと進んでいきます!
今回この足首ぐねりも何回もやり、精神を削られました(;^_^A

空気の薄さ、激しい登り、石、不整地、煽り族と化した奥さん、キレる僕・・・・

野辺山からの先制パンチの連続で、23kmの第一関門に着くころにはもうお腹いっぱいでした(;^_^A

ここで、一度シューズを脱いで、シューズの中の砂と、ソールに挟まりまくった石を取り除きます。。
旧型クラウドは、やっぱり林道トレイルだと石が大漁でした。
ちなみにクラウドフラッシュを履いていた奥さんは全く挟まりませんでした♪

この辺りでは、手がかじかんでもうどうにもならなかったです。

陽が当たると暑さを感じるのですが、風が当たると冷たい、、、、となんとも不思議な感じで、ポケッタブルパーカを脱いだあとも、手袋は稲子湯の手前までつけたまま進んでいきました。

「さ、稲子湯行くか!!」と第一関門出発。

下りは、今までの登りで歩いた分を取り返すために走ります。
だいぶ気温も上がってきました♪

稲子湯の手前で手袋を取ったら、手がすごいむくんでいてびっくりしました(;^_^A
確かこのあたりでアームカバーも外した気がします。。

稲子湯エイドでは、果物やら色々頂いて、ここで初めてジプシーカバーを濡らして頭を冷やし始めました。やっぱり連続して走っていると暑さを少しですが感じてきます。

でも、去年より遥かにマシです。

ここも最短で後にして、稲子湯エイド直後の登りを歩いているとクラウドを履いた応援の方から「お、Onコンビですね!!」と声を掛けて頂き、元気もらいます!
奥さんと、「ワラーチ以外の履物で声掛けられるなんてびっくりだね~!」と話しつつ進んでいきます・・・・!

登りを終えると、そこから42km地点の八峰の湯までは下り基調!
行くしかない!!

・・・・ということで進んでいきます。

いつもの芝生の歩道をスタスタ進んでいき、、、いい天気です。
しかも標高が下がるにつれて、心肺は楽になっているような気がします!

そんなこんなで想像以上にうまく進められているようで、八峰の湯には予定より早く到着することが出来ました!

雄大な景色を眺めながら水を被り、フルーツを食べてジェルを摂り、僕の中でこの日の一つの山場と決めている滝見の湯までの戦いに向かいます!


2018年野辺山ウルトラマラソン 第三話「すべてはこの時の為に」に続く。
nice!(4)  コメント(1) 

2018年野辺山ウルトラマラソン 第一話「スタート前に決めたこと」 [野辺山ウルトラマラソン]

・・・・一年前。

まだ制限時間を残して、馬越峠の手前でリタイアしました。

すごくつらかった。今思い出しても、恐怖を感じるくらいにつらかった。
実際、その後の奥武蔵ウルトラも、日光ウルトラも怖さを感じながら走りました。

そんなつらさに負けて、打ちのめされて上記の後悔しまくりの選択をしました。

この時の、自分の可能性を信じなかった感じ。
自分で自分を見限った感じ。

もっともらしい言い訳をすぐに思いつく饒舌な自分に本当に悔しい気持ちになりました。

大会のルールで、「もう制限時間だから終わりね」といわれるまでは戦う。

自分を信じる。信じぬく。

これだけは、守らないとどんな結果であれ本当につらい。この後悔して過ごす一年はつらかった。

この一年。

ランニングを始めてまだ6年とかですが、一番走りました。
走ると同時に自分の弱さとも向き合いました。

少しは強くなり、速くなったつもりでいました。

・・・・ですが、野辺山が近づくにつれどんどん不安が大きくなっていきました。

大山登山マラソン・・・・まさかの登山道前に歩き・・・・。

チャレンジ富士五湖・・・・心肺の劣化をガチで感じる。脚もなんか攣るし。去年より遅いし。

やってきたことが間違っていたのか。

過ぎてしまった時間は戻りませんが、気が付いたら自分と自分のやってきたことに疑問符をつけまくっている自分がいました。

そんなでモヤモヤした感じで、一週間前、数日前と過ごしていき、開き直りました。

どんな自分であれ、今の自分のベストを出す。

今回の野辺山リベンジに向けての自分の感情をよーく観察すると、「去年の野辺山を完走出来なかったこと」より「去年の野辺山で自分を見限り、完走をあきらめたこと」が悔しいのだということがわかっていたので、そこをなんとかすることだと思いました。

「今の自分のベストを尽くし、あきらめない」

これが、このフレーズこそこの日に脳内で唱えまくった言葉でした。

そんなで前日は午前中仕事をし、夕方~夜仮眠して22時過ぎに出発!!

途中、長坂ICで高速おりてすぐに鹿と遭遇!!

市街地に、しかも深夜に街中を歩く鹿・・・・驚きました(;^_^A

そんなこともありつつ、2:30に駐車場に入り、また仮眠して、受付に行きます。。

その後はトイレ・トイレ・トイレ・・・・・この日は寒かったので、特に念入りにトイレです。

驚いたのは、トイレに並んでいたら、あの川内選手が普通にトイレから出てきたことです。

そんなで、5時スタートの方たちがスタートし、その後僕は第二ウェーブのスタート5分前までトイレに並び、その後スタートラインへ!!

前日までのモヤモヤも、この一年間の悔しい気持ちも、準備やしてきたことに対する迷い、野辺山に対して、ウルトラマラソンに対して感じた恐れも、すべてここに置いてくる。

決めたことはただ一つ。

「今の自分のベストを尽くし、あきらめない」

・・・よし。行こう。

このスタートの時を一年間待ったんだ。

2018年野辺山ウルトラマラソン 第二話「野辺山、怒涛の先制パンチを繰り出す」へ続く。
nice!(6)  コメント(0) 

野辺山ウルトラマラソン、リベンジしてきました! [野辺山ウルトラマラソン]

野辺山ウルトラマラソン、昨日行ってきました!

結果は、、、、なんとか完走!!・・・・でした♪
タイムはともかく、粘って粘って、ゴールに辿り着けたのが嬉しかったです。

とにかく「リベンジ、リベンジ」と去年から二言目には言っていた野辺山。
去年のリタイアを決めた地点を通過した時は感慨深いものがありました。

相変わらずのギリギリでのゴールでしたが、今の自分の持てるベストは出せたかなと思います。

今回も色々な野辺山からの刺客との戦いでした。

行きの車でいきなり鹿と遭遇(笑)
想定外の気候。
劣化しまくりに心肺に、高い標高による酸素薄い攻撃。
林道トレイルの石。
登り坂で僕をあおる奥さん(そしてそれにキレる僕)。

そんな面白い道中でした。

総力戦を経て、もう体は今季最高の筋肉痛祭りです(;^_^A
しばらくはしっかり体を休めて、回復に努めようと思います♪

野辺山ウルトラマラソンに関わった皆様、本当にありがとうございました!
今回も目いっぱい楽しませて頂きました!!

nice!(5)  コメント(6) 

野辺山ウルトラ、行ってきます!!! [野辺山ウルトラマラソン]

とにかく、過去最強の自分で野辺山で目いっぱい遊んできます!!

何が過去最強なのかはわからないですが、どんな状況であれ、「今」の自分で勝負してくるしかないので、「今」こそが過去最強。

僕が今参加している大会でこんなに勝手に盛り上がれる大会はやっぱり野辺山。

最高のロケーションの中でなんとかゴール出来るように楽しんできます。

一年前の馬越峠手前のリタイアから、一年。

まだタイムリミットを残してのリタイアに、激しい後悔の念を持ちました。

たかが趣味なのに、そんな自分が嫌いになりそうでした。
たかが趣味なのに、すげー後悔しました。
たかが趣味なのに、より一層、色々調べて、試しまくりました。
たかが趣味なのに、食べることまで見直しました(去年あれだけ苦しんだ体調不良は小麦アレルギーだった)。

・・・・もはやただの趣味などではない。

至高の道楽。楽しすぎる。

思い出せば、去年の野辺山の後、悔しすぎて日光ウルトラの前に走りまくり故障もしました(;^_^A

女々しく、まだゼッケンも捨ててません。

先日の富士五湖でも応援の方から「去年の野辺山より暑くないよ!!」と声を掛けて頂き(去年の野辺山Tシャツで出てました)、魂が燃えました。

フルのベストタイム更新にも向き合いました(少しだけ、更新できました)。

色々曲がりくねって曲がりくねって進んできて、ついにここまできました。

明日の仕事を終えれば、もう仮眠して野辺山へGOです。

どんな結果であろうと、後悔のない最高の一日を野辺山で過ごしてこようと思います。
nice!(8)  コメント(6) 

横浜トライアスロン観戦と野辺山一週間前の20km走。 [ランニング]

昨日は早起きして、20km走をしてきました~!!

野辺山もついに一週間前となりました。

懸念材料の左足首は現状維持・・・・といった感じです。
ペースアップしても、距離を30kmまで踏んでも、痛みが増大することはないのでまぁなんとかなるでしょう。。。

今週は、月ランオフ、火・水通勤ラン、木20km、金通勤ラン、土ランオフ、日、野辺山

と、いう感じで行こうと思います。。

疲れていたり、足首の状況次第でランオフは増やす方向で。。。

直前の調整が本当にわかりません。

あまり直前に休み過ぎても、かえってダメなことは過去のことからデータを得ているのですがじゃあ前日とか前々日は?となるとまだ確かなことはわかりません。

ただ、二日連続で休むと、本番前夜の土曜の仮眠の寝つきが非常に悪いということははっきりしているので、今は眠りのことだけ考慮して前々日まで走っています。
脚のことを考えたらどうなのか??という感じですが、これはその時々の調子で決めていくしかないですかね・・・。

昨日は、20km走の後に横浜トライアスロンを見に行ってきました!

ランニングとはまたちょっと違う会場の雰囲気にいつも刺激をもらっています。。

トライアスロン観戦とEXPOがお楽しみです♪

Onのブースで気になっていたクラウドXとクラウドフローを試着させてもらいました♪
今、履いているやつを履きつぶしたらクラウドXいってみようと思います!
めちゃめちゃ気に入りました。
現在履いている旧型のクラウドよりソールが固い&かかとがバシッと決まるので、そこが気に入りました。
旧型クラウドは気に入ってはいるものの、少しソールがフワフワに感じることもあったので(;^_^A
気が付いたら、奥さんまでOnを履き始めて、下駄箱はOnだらけになっています。

奥さんは去年も買った日焼け止めをブースで購入。

目当てのEXPOも楽しんで、応援もして・・・・楽しかったです。

それにしてもトライアスロンのバイクのスピードはすごいです!!
ランもビュンビュンすごいです。。
とっても見ていて元気を頂きました~♪

来週は、僕の番です!

天候が少し気になる感じになっていますが、どんな気候であろうと対応できる装備を整えた後は覚悟を決めて進むのみです!

しっかりと準備を進めていこうと思います♪



nice!(6)  コメント(2) 

野辺山への準備 [ランニング]

リベンジだなんだと言って、ラングッズを入れる収納に張り付けた去年のゼッケン。

ついにあの日から一年が過ぎようとしています。

今あのゼッケンを見て思うのは、野辺山でのリベンジどうこうではなく、「野辺山で完走を諦めてしまった自分へのリベンジ」なのだ・・・・と思いました。

なので、とにかく最後まであきらめの悪い男で居続けようと思います。

ペース表も完成しました。
大きく変更したところは、「各関門の過去に完走した時に通過した時刻」を入れていたものを削除しました。
去年はこれに苦しめられました。先日の富士五湖も過去の自分のタイムと比べることで苦しみました。
「他者や自分と比べる」って行為は本当、ランに限らず自分を追い詰めてしまいますねぇ。しなきゃいいのにしてしまう「比べる」という行為。
これを止めれたら、多分結構最高かと。

・・・話それました。ランに戻ります。

よく考えればわかることなのですが、仮に去年より走力が伸びていたとしても必ずしも同じ、もしくは速く走れるとは限らないということです。
気候や、自分のコンディションによっても変わるでしょうし・・・。

しかも残念ながら「去年より多く走りこんだ」ことは事実ですが、「去年より速くなっているのかどうか」はわかりません。実際、先日の富士五湖は去年より13分ゴールが遅くなっています。

なので、初めて野辺山を走った時のペース表をベースに、補給のタイミングや食べる物等を書き込んだものでいこうと思います。

色々グチャグチャ書きましたが、「その時のベストを尽くす」ということです。

要は、「もっともらしい理由を並べてあきらめてしまう自分が嫌だ」ということなので、それをしない。

笑っていこうじゃないか!

と。

他にもフラスク(230mlくらいの)を掛け水とエイド間の口すすぎ用の水を入れるために購入。

後、悩んだのがシューズ。

「走るのは俺だ!!」と、それはそうなのですが、悩んでしまうのがシューズ。

クラウドフラッシュか、クラウドか。

先日の富士五湖はクラウドでした。
去年の日光はフラッシュでした。
どちらも100kmは経験済みです。

当初、クラウドが林道で石が挟まりやすいであろうということと、坂の上りがフラッシュのほうが楽に感じる・・・・ということでクラウドフラッシュで行く気満々でしたが、履き比べてみた結果理屈抜きでクラウドが今回は良い気がする。なんだか履いていてそんな感じ。石は挟まったら取ればいいし。

と、いうことでクラウドで行ってみようと思います。

今回のウルトラ特訓の半分以上はクラウド履いて走ったんだし。
もはや相棒。

そんなこんなで、野辺山一週間前。楽しみです♪

明日は早朝に20kmランして、横浜トライアスロン見に出かけようと思います♪
EXPOも楽しみです。。。
nice!(9)  コメント(4) 

湘南平へ30km走 [ランニング]

今日は、湘南平へ30km走をしてきました。

湘南平の山道を歩くのもいいのですが、今日は来週に迫った野辺山対策ということで湘南平の頂上まで行く道もロードを選択し、プチ峠走としました。

チャレンジ富士五湖の前に来たときは、貧血なのか、息切れがひどく、ほぼ登りはベタ歩きでしたが、今日は、鉄サプリとマルチミネラルサプリメント摂取のおかげか、前回ほどは息切れもひどくなく登れました(少し歩きましたがまぁ良しとします。野辺山では登りは全部走ることはないので)。

本当、鉄分についてはかなり気をつけて食事からも摂っていたつもりでしたが、どうも足りていなかったようです。。
鉄とマルチミネラルのサプリメントは、一応謎の貧血か?という症状対策と、運動していない時も脚がつることがチャレ富士前から頻発したのでミネラル不足を疑って摂っています。
本当は食べ物から取れればそれが最高なのですが、今は効率性を重視してサプリメントを使用していこうと思います。。。

日曜日に20km、今日30kmと走り、左足首付近の違和感は出たり消えたりです。
今日走った感じだと、良くなっている気がしますがどうかなぁ。

これは多分、7月頭の8耐が終わるまでは上手く付き合いながらやっていくことになりそうです。ランオフを上手く入れていきながら、違和感が消えたら最高です♪

走った後は、買い物に出かけ、野辺山に向けてフラスク(230mlくらいの)を買いました♪
ウルトラの際のエイドとエイドの間での被り水と口すすぎ用の水をいつもペットボトルに入れて携行しているのですが、500mlのペットボトルだと大きすぎてどうも邪魔になっていたのでもう少し小さいの・・・と探していたら丁度いいのがあったので即決でした。

野辺山に向けてハッピーターンとおせんべい、芍薬甘草湯も買いました♪

・・・・ウルトラの時の煎餅は神です。

甘いものばかりで口がべたべたの時にせんべい食べると最強です♪
エイドで昔歯を磨いたこともありましたが、、、周囲のランナーさんがドン引きしていました(;^_^A
結構いい気分転換になるんですけど・・・・(;^_^A

ついに野辺山まで後10日です。

もう30km走も無事出来たので、あとは20km位までの距離を自分の体と相談しながら踏んでいこうと思います。

nice!(7)  コメント(4) 

ガラにもないことはするものではないと教えてくれたベイスターズ。 [ベイスターズ]

昨日、今シーズン初のハマスタ観戦をしてきました!!

今までの「スモールベースボール」をかなぐり捨てて、2番にソト選手を起用!!
未だに「ソト」というとミスタービーンのほうのエンジェルベルト・ソト投手のほうが浮かびますが、こちらのソトさんは野手です。

もうガンガン打って、打たれて、の展開!

・・・これだよ・・・!

ベイスターズは多分僕が思うにやれアナライジングベースボールとか、スモールベースボールとか、多分、ガラじゃないんですよね。
ベイスターズはあくまでベイスボールだと。
98年の歓喜の後、森監督になった時に、「おお、これでマシンガン打線にさらに知略が加わり、黄金時代の到来か・・・・」と胸湧きたちましたが結果はベイファンの方ならご存知の通り。

そんな荒々しい、でも憎めない、少しポンコツなチーム。

自分の「ガラ」を取り戻したベイスターズ。

昨日は、そんな楽しい観戦でございました。

僕もまた、少しガラでもないことをして苦しんでいたのかもしれません。

少し、今回のウルトラ挑戦に向けて自らに「数字」を課した当たりから「ガラじゃない」ことをし始めていたのかもしれません。
知らず知らずのうちに、「○時間以内の完走」とかも掲げていないものの、内に持ってしまっていました。
走ることも、「数字」を課したあたりから、ただ「走る」のではなく「練習」になっていたような感じ。

「数字」とか、「結果」というものから、解放される所がランの楽しい所でのめり込んでいったはずが、少しガラにもないことをしすぎて、結果ひがんだり(チャレ富士のレポ参照)、落ち込んだりしてしまっていたようです。

そんなことを打ちまくるベイスターズを見ながら思いました♪

僕も、チャレ富士の反省を活かし、野辺山ではとにかく旅を楽しみまくる感覚で行って来ようと思います♪

=======================================
チャレ富士後、初の20km走を昨日ハマスタ行く前にしてきました。

相変わらず、左足の足首付近の違和感は出たり消えたりをしていますが、特に走ることで悪化もしないし、休んでも良くなる感じもしないので様子見しつつ走っております。。。





nice!(4)  コメント(0) 

オールスポーツの写真を見て [ランニング]

チャレンジ富士五湖のオールスポーツの写真を見て、まず思ったことは「あぁ、楽しかったな」とか、「ここは苦しい所だな・・・・」でもなく、


・・・・「なんだこのアンガールズみたいな奴は。もしくはジョイマン」


そのジョイマンみたいな奴、、、、僕。

気になって体重計乗ったら・・・・58kg。

あかん。減りすぎ。僕身長が177cmなのでちょっとあかん感じ。

多分自分の感覚でしかないのですが、野辺山を完走した時の体重が確か62kg。
初めてサブフォーした2014年が確か60kg。
走っていて、62kg位が一番いい気がする。馬力がある感じ(あくまで当社比)。
60kg切ると、マリオカートで言えばノコノコみたいな感じ。軽いけどパワー不足。

過去の別スポーツをしている時のベストパフォーマンスを出来ている時の体重も60~64kgあたり。

60kg切ると、故障や体調不良の危険水域。軽すぎて力もイマイチ。

元々、体重は運動をしているとどんどん減っていく体質なのでそれを補う位に食べているつもりですが、、、、困ったものです。。
小麦を使用しているものを食べなくなってからより体重が減りやすくなっている感じがあるので注意ですね・・・。

ちょっと体重もたまには気にしないとダメだなぁ・・・・と思ったのでありました(;^_^A

現在の58kgから筋肉で4kg増やせれば最高なのですが・・・・。

走るって、本当「食う」「寝る」「休む」が重要だと感じました。。

=====================================
今日で、やっと6連勤が終わります。

「GW?それ美味しいの?」

と、言う感じでしたが、明日はやっとのお休み。

明日はランに野球観戦(今シーズン初のハマスタです)に、今から楽しみです♪

nice!(6)  コメント(2) 

4月まとめ。 [ランニング]

4月の走行距離は286kmでした~。

久しぶりに300km割りました。
体調や脚の調子、また富士五湖へのテーパリングのようなものの為、戦略的に減らしましたがまさかの300km切りとは・・・。

4月の頭から、平地でキロ7で走ってても息切れがする症状が出て(病院に行っていないけど貧血か・・・?)、とりあえずマルチミネラルのサプリと鉄分のサプリを取り始めました。
過去四年間の健康診断の血液検査の数値見ていると僕、ヘモグロビンの数値が引っかかるレベルではないものの、右肩下がりでした。多分この4年間で走る量は右肩上がりだったので貧血なのか・・・??
とりあえず、サプリ摂取と走る量を抑えることで段々症状は緩和してきています。
ウルトラならスピードはいらないしね・・・・(;^_^A

あと、謎の走っていない時の左ふくらはぎ激攣り。

この貧血?と激攣りは、多分現在の僕にとって走り込みの量が多すぎたのだと思います。

チャレンジ富士五湖の前に走る量を落とし、チャレ富士後の現在も週3ランオフ、通勤ランも最短の往復7kmで過ごしていますが、すごい体が回復している感じがします。

左のふくらはぎは、未だに痛みレベルではないものの走るとたまに張りを感じることもあるので相当お疲れなご様子です。。。

きっとこの疲れから回復したらより強い体になっていると信じたいです。。

そんな4月のまとめでした~!!
4月は富士五湖が楽しかった♪

そして今月は20日に野辺山。

当初の予定では、野辺山に向けて40km走と足柄峠走やるつもりでしたが、僕の今の体の状態的にそれをしたらぶっ壊れること必定なので、下方修正。

30km走(湘南平の坂走含む)と20km走を一回ずつやって、あとは通勤ランでつなぐ感じで・・・・・♪

通勤ランも距離は抑えつつも、坂を入れて、坂耐性を付け焼刃的に付けていこうと思います。

=========================================
今週末は、今シーズン初のハマスタ観戦です。

結構、この時期のデーゲーム観戦は暑熱順化に良い気がします。。


nice!(5)  コメント(0) 
前の10件 | -