So-net無料ブログ作成
検索選択

今月のランまとめと相変わらずシューズでグズグズ悩む。 [ランニング]

フジファブリックの「若者のすべて」が夏の終わりになるとラジオでよくかかります。

これを聞くと、確かに夏の終わりを感じます。

今年は真心ブラザーズの「サマーヌード」はあまりラジオで聞かなかったな・・・・。

僕のマイコースは海岸線のサイクリングロードなので、これから数日間の海の家の片付けを横目に走るのですが、なんだかこれが毎年のことなのですが寂しい気持ちになります。

そんな夏の終わり感満載な今日この頃。
今日の通勤ランの帰りは風が気持ちよくて涼しかったです。

今月も、安定の250km/月周辺の月間走行距離となりました。

今月は、ペースを上げて走る頻度を増やして秋のフルマラソンに向けてスピードをつけていってます(;^_^A

ランは、楽しく出来てますが、ここ最近の懸案事項はシューズです。

RC1300も、RC1100も、ソールがボロボロ。
走行距離も1000km越えも間もなく。

新しい相棒として、onのクラウドレーサーが気になって仕方ないのですが、試着できる所もないのでエイヤでポチるか手堅くニューバランスのRC1100いっておくか・・・。

ま、多少合わなくてもウルトラとかじゃなきゃ履けるでしょ・・・・。

と、いうアバウトな自分と、失敗して無駄にモノを増やしたくないので手堅くRC1100いっておくか・・・。

という自分が日々戦っております。

うーん。

何気に、ソックスとランニング足袋無敵(これも1200km越え)もそろそろ買い替え時期。
ルナサンダルは修理しつついけそうですが・・・。

ランニング、始めた当初は「お金のかからない趣味」と思いましたが、とんでもないですね(;^_^A

シューズ代、エントリー費・・・・などなど・・・

ま、楽しいからいいか!!

雨の横浜スタジアム観戦 [ベイスターズ]

日曜日の観戦は、長靴、上下合羽の完全装備で挑んだにも関わらず季節外れの寒さと雨でハードな観戦でした。

雨での中断も一時間挟み、選手は集中力をキープするのが大変だろうな~と、思いつつ、僕は完全に集中力がプッツンしながら中断中は過ごしました(;^_^A

しかしこのハマスタ。すげーパワーアップです。

球場内の食べ物もパワーアップ。

この日の夕食は、ベイの選手寮で選手も食べているという青星寮カレーを食べました。
もちろん「選手盛り」で(笑)美味かったです☆

30km走をした日に食べる量としては物足りない感じで、7回裏くらいにはお腹が空いてホットドッグも食べてしまいました。

本当は「ベイスターズラガー」と「ベイスターズエール」というビールも飲みたかったのですが、車で来ていますから当然止めときました。

それにしても、いつもテレビで観戦してていつも満員だということは認識してましたし、奥さんまかせでチケットも取ってもらってますが取ることが大変だそうです。
先日のスターナイトも取れませんでした。

つい、数年前まで16時頃に思い立って「今日ハマスタ行くか~」とフラフラ球場行ってプレーボールの一時間前とかで席選び放題だったのに・・・本当DeNAはすごい!

ハマスタの中も、とてもきれいになりました。
球場で売られている食べ物もすげーパワーアップしてます♪

チームもすごく変わりました。

DeNAがベイスターズの親会社となると聞いた時は、

球団名が「モバゲーベイスターズ」という噂も流れ、絶望した記憶を今でも覚えております。

その時はこんな満員になったハマスタや、ここまで戦えるようになったチームは正直想像できませんでした。

既存のものを「変える」ことはとても大変なことです。

そんなものを変えて変えて、、、、すげーなぁDeNAの社員さん達。

5年でここまで変える・・・・・すごすぎる。

なんてことを思いながら、試合を観戦し、騒いで、完全燃焼で自宅へ帰るのでありました。



あ、試合結果ですか?

ベイ、勝ちました(*^^)v

鎌倉まで30km走 [ランニング]

今朝は、6:00から鎌倉の滑川交差点まで30km走してきました。

いつもは、コンビニにドッカリ座って休憩も入れるのですが、朝食抜きで出走しコンビニ休憩もなしの真面目な(?)30km走です(;^_^A
・・・まぁ後述しますがトイレ休憩しましたが・・・・(;^_^A

この中間点の滑川交差点あたりから、海を見ると、そうなんです。

先日見た、シン・ゴジラの鎌倉上陸のシーンの所なんです!!
ここでテンション爆上げで行きたかったのですが、何故かここで便意。
滑川のローソンはトイレ使用が今日は不可能とのことで、仕方なく七里ガ浜のセブンイレブンまで4:40/kmで疾走。
走ってて、アレもらしたらもうね・・・
アラフォーにもなって走っててウンコ漏らしたらね(いくつであろうと問題な件)・・・・
必死で尊厳を守るために走りましたわ。

ここで、コーラを誘惑に負けて購入。美味かったです。

そんなこんなで、基本6:00/km周辺で走り、途中滑川交差点~七里ガ浜セブンイレブンまで4:40/km、江の島~自宅までが5:30/kmのペースで30km走りました。

やっぱり、マラニック的に30kmと今日のような大きな休憩なしでの30km走では負荷が全然違うようです。
しんどいですが、こういうのもたまにはやらんとですね・・・・。

今日は、その後家事を済ましてこれからハマスタ行ってきます!!!

久しぶりのプロ野球観戦・・・・・!!!

勝つどーっ!!!!

「ワイルドライフ」に見た子育て論 [日々雑感。]

先日BSプレミアムで「ワイルドライフ」という番組を見ました。
内容は、ニホンカモシカが日本の四季の移り変わりの中でどう暮らしているのか?
みたいな内容を一組のニホンカモシカの親子を美しい四季を移り変わる山の景色とともに追っていくドキュメント番組みたいな感じ。

詳細は省きますが、この子育てはスパルタ。

ニホンカモシカは断崖絶壁で暮らす種なので断崖絶壁で暮らすスキルを身につけなきゃ生きていけないのですが、親が先に絶壁を登り子が来るのをひたすら待つ。
番組内での解説では、失敗して死ぬ子もいるらしい。
これ、人間がやったら絶対親が手取り足取りやって、ヘルメットから防具一式を親がつけて、何かあった時の責任は誰が取るのか、、、、とかなりそうですよね(;^_^A

その他親が教える、飯の食べ方、暮らし方も、そういったスパルタな感じで子に叩き込んでいく。

そして最後、子が一人前に育ったら親が子を追いかけまわして親の縄張りから追い出す。
究極の子離れ・親離れ、みたいな感じ。

僕の拙い文章ではこんな感じですが、前述の親が子を縄張りから追い出すために追いかけまわすシーンは子のいない僕ですらジーンとくる内容でした。

いつかに閉口した出来事で、風邪で職場の後輩が休む際に親から電話があったことがありドン引きしたことがあります。
聞いた話だと今は職場に親が怒鳴り込むとかもあるらしいですね。

ニホンカモシカとまったく同じ子育ては環境や、種の違い、等色々あるので無理ですが少しは考え方を取り入れてもいいのかなと思いました。

とは言いつつ、まあ確かに僕にもし子供がいて、

部活ばっかりしていたら、「勉強しろ」と言うでしょうし、
文系に行きたいと言えば、「理系にしろ。いやその前に自分の人生の方向性、自分の性格・思考を真に分析しろ。行き当たりばったりの人生はダメ」とか言うでしょうし、
公園に行けば、「逆上がりは死んでも出来るようになれ(僕は未だに出来ません)」とか言うでしょうし、
就活すれば「会社の知名度とかだけで決めるなよ」とか・・・・
とにかく勉強しろ、体を鍛えろ、知的好奇心は広範囲に、本を読め、頭を柔らかく、コミュニケーション能力を高く、髪は染めるなパーマをするな毛根を守れ・・・・

・・・って今気づいたけど、これ全部今までの僕の後悔とかコンプレックスやんけ!

ろくな親にならない予備軍であることが発覚した僕ですが、本当ついつい子供が失敗しないように、痛い目に合わないように、自分のようにならないように、先回りして先回りして余計なことをやってしまいそうですが、そうでなくて、多分大切なのは、転んだ時(失敗した時)の立ち上がり方を教えることな気がしました。もちろん、幼少期にベースになる部分は叩き込みますが・・・。

色々、ニホンカモシカに学びました。

て、子のいない僕がふと思った子育て論でした。

見ている人っているもんだと思った朝 [ランニング]

・・・・朝、走っていき、職場につくと、ザックをおろしてタオルで頭拭きつつゴミ出しをして、職場に入り、着替えて、仕事をする・・・朝の仕事ルーティンです。

そんないつもの流れでゴミ出しをしていたら、ゴミ捨て場にいたご婦人に「いつも走ってるけど、何かの選手なんですか?その草履(ルナサンダルのこと)は危なくないの?」と矢継ぎ早に質問され、タジタジでした(;^_^A

とりあえず、そこの施設(ゴミ捨て場から見えます)の従業員であることと、道楽で走っていること、この草履は涼しくて気持ちいいんですよ~とお話ししました。

このご婦人に、この草履(ルナサンダル)について、「BORN TO RUN」からの説明を一からしたらどんな顔するか興味がありましたが、面倒くさいやつだと思われること不可避なので止めときました。

それにしても、今の職場で通勤ランを始めて数年になりますが意外とみている人はいて、ある時には信号待ちの時に「あれ、今日はサンダルじゃないの?」と声をかけられたり、毎朝すれ違うランナーさんに「湘南国際出るの?」と聞かれたり、こんな地味で変なおっさんでも見られているのだなぁと実感しました(;^_^A

明日行けば待ちわびた日曜お休みです。
今週は、休日も出勤したので珍しく仕事してます感があります。

昔はスケジュールが埋まっていたり、休日出勤とかを誇らしく思う時期もありましたが(ワーカホリックってやつでしょうか?)、今は全くないです。

仕事があることに感謝して、丁寧に、サーっと仕上げる。定時にあがる。それ以上仕事しない。

・・・・こんなこと言ってると本当仕事嫌いな人みたいな感じですが仕事が嫌いというより、自分の時間を大切にしたいのと僕は仕事にかけるタイプの人間ではないからです(;^_^A

とはいえ、生きていくには真面目には仕事しないとって感じですね。

明日はサクッと仕事片付けてやろうと思います。。

通勤ランのコース再考 [ランニング]

更なる走力アップの為(ちなみに目標は野辺山13時間半位でのゴールと、サブフォー再奪取)、週末のランの強度を上げることももちろんですが通勤ランのコースを再考すれば、いいんじゃね?と思い、再考しました。

通勤ランは、2~3kgのザックを担いで走るので、結構体鍛えられる感じで良いんですよね。。


①通常コース→今まではこれ。
最短距離のコースで、片道4km。

②ちょっとだけがんばるコース
行きは①。帰りは、7km。のトータル11km。

③がんばるコース
行きは①。帰りは、10km。のトータル14km。

これで行ってみよう!!

距離だけ見るとどってことない感じですが、荷物を担いで走ると僕的には結構疲れる距離です。
しかも仕事は半日は立ち仕事ですし(;^_^A

で、早速②で今日はやってみました。
やっぱり・・・疲れるけど、ゆっくり走るので自分の脚の土台作りには良さそうです。

コツコツ継続して行きたいと思います。

========================================
今日、職場の上司に営業の方が来たそうで、その方が置いていった名刺とパンフがデスクの上にあって、何気なく見たら、箱根駅伝とか出てたりで地元で有名な方が開業した店で、上司に「この人すごいんすよ!!箱根とか、ニューイヤーとかも出た、この辺の有名人すよ!!」と言ったのですが、上司はランにあまり興味がないご様子なので食いつかず・・・・。

僕は名刺見てぶっ飛びましたが(;^_^A
そして上司に今度営業に来たら呼んでください!!と言ってしまいました(;^_^A

いやぁ、ランニングブームなんて言われますがまだまだニッチな世界ですよねってことを実感しました。

それにしても、近くにそんな人がいるとは・・・・びっくりぽんですね(もう朝ドラは「とと姉ちゃん」な件)。


Bクラス、最下位からの引力 [ベイスターズ]

まるで4月の負けまくっていた時のような重苦しい感じが続いているベイスターズ。

今年は初のCS出場に向けて、まさかの3位。

このまま、Aクラスにいられれば、CS出場。

しかし、業ともいうべき弱小軍団の呪いなのか、8月に入ってから・・・打てない・守れない・勝てない。
僕みたいな負け癖のしみ込んだファンは、「やっぱりね・・・」と思ってしまう今日この頃。

・・・・これって自分が傷つかない為に、予防線張っている感じです。

好きな女の子に「いや、俺なんてさ、いけてないから・・・」とアタックすらしない。
あと一点取ればインターハイなのに、「こんなに上手くいっていいのかな・・」と思ってしまう。
志望校を「行きたい学校」でなく「行けそうな学校」にしてしまう。
良いペースで30km通過したのに、うまくいく姿よりも失速を思ってしまう・・・。

ま、挙げればキリがないですがそんな予防線張ってしまってるんです。

チームも、僕のようなファンも、そんなBクラスの、最下位の引力にズルズルと引っ張られております。

くそう。予防線なんてクソだ。

この苦しさを乗り越えれば、きっといい景色が見れるはずなんです。

苦しい時はこの苦しさが永遠に続く気がしますがそんなことはないんです。

一歩ずつ、前へ前へ進んでいけばなんとかなるんです。

成功した自分の姿を、信じること。

そこに向けての努力を怠らないこと。

勝利という成功を信じること。

ここで苦しむベイスターズに親近感を感じつつ、勝利を信じたいと思います。




・・・・このブログを書いている今。

阪神、満塁でバッター福留選手なんですが・・・・(涙)

今日は雨に降られませんでした! [ランニング]

ここ最近の通勤ランは悲惨です。
降られてばかり。

そういえば僕。雨男です。

初ハーフはみぞれまじりの雨でした。
2月かなんかに夢の島であったベジタブルマラソンでした。
前半は快調に突っ込み、残り5kmで地獄を見ました(笑)
歩いて歩いて・・・・本当に寒かった!!!
しかもその後、膝が痛くなり1~2か月走れなかったような・・・・。

そんな雨の初ハーフの思い出は置いておいて・・・・。

昨日も台風に翻弄され・・・自然には勝てないと小さい頃よく親から釣りに連れて行ってもらった際によく言われましたが、まさにそんな感じです。

今日も、職場を出るときには怪しい雲が出てましたがどうにか降られずに済みました。



先日のオリンピックのマラソンで二位だったエチオピアのリレサ選手、ゴールの時に何度もしていたあのポーズ、今日ネットのニュースで見たのですがああいう意味があったのですね。。

こんなこと言うと胡散臭いですが、誰もが平和に暮らせる世界を願う気持ちになりました。

また、それと同時に日々感謝の気持ちを持って暮らそうと思います。

土砂降り通勤ラン [ランニング]

昨日は帰りの通勤ランで土砂降りを食らい、ランシューがグシャグシャになってしまいました(泣)

職場を出る前に空を見て、嫌な予感がしたのでザックカバーをして出て、手には折りたたみ傘を持って走ってました。
途中からドドドドドド・・・・みたいな土砂降りで・・・。
あっという間に道は川のようになり、、、、最近の雨はすごいですね。

今朝は昨夜オリンピックのトライアスロンを見て、さらに競歩の日も見ていたので寝不足もあって8時に起きたので、少なめにランは10kmにしときました(普段は22時には寝ます)。

10kmとは思えない、滝汗かきました~。

それにしても競歩。すげぇ。

解説で「キロ4分○○秒で歩いてます」という解説を聞く度に違和感を感じました(;^_^A
ええ、こちとらキロ5で走るのもフーフーなるのに(笑)
ウルトラマラソンの前に、キロ8~9分で30km歩くということをしたことありますが、早歩きって走るより疲れます。

しかもそこに色々歩行のルールがあってそこらじゅうで審判が目を光らせている中であのスピードで歩いて、、、、競歩おそるべし・・・・。

今夜は男子マラソンです。
すごく楽しみです。早めに家事も終わらせて観戦モード全開でテレビの前に陣取りたいと思います。



必死になってつかんだ「結果」とその「過程」は「思い出」としてどちらが強烈に残るのか [日々雑感。]

オリンピックに甲子園とスポーツ好きにはたまらない日々が続いています。

いつも思うことがあります。

今日のタイトル通り。

必死になってつかんだ「結果」とその「過程」は「思い出」としてどちらが強烈に残るのか

と、いうことです。

ただ、僕は日本一、世界一とか、全国大会に出たとかそういう経歴は一切なく、

中学も、市大会とその上の地域の大会は入賞出来ましたが、県はベスト32とかで負けてました。
高校もインハイ出てません。
まったくインハイに関係のない、県選手権で間違えてベスト8とか、国体予選でベスト16とかはありましたが(;^_^A
大学も、そんな感じ。所属連盟の個人戦でベスト4が最高で、団体戦で一度日本一をつかみ掛けたくらいです。
社会人でも、区民大会とかは優勝したこともありますが、都レベルだとベスト16とかが精いっぱいでした。

・・・・そんなでしたが、メダルとか表彰状とかはやたら家にありましたし、入賞歴を思い出していたら、「俺すげぇかも!!」と今更思いましたが、多分気のせいですし、本当にすごい人はもっといますしね(;^_^A

そのメダルとかは、昔人生の夏休みをしていた時に「昔はこんなだったのに・・・今の俺は何なのか」とメダルを眺めていた自分にゾッとして捨てました。

「どんなにすがりついても、過去に戻る所はないぜ」ってタイトルは忘れましたがB`zの歌にあったように思います。

捨てた時はまさにそんな心境でした。

ちょっと脱線しました。

話を戻すと、その時に共に過ごしていた人と集まると話に出るのはそういった大会での結果ではなく、すべて「○○さんに殴られてどうのこうの・・・」とか、「○○練習はマジきつかった」とか、そういった共にドロンドロンのグッチャグッチャになってテニスをしていた日々のことばかりなんですよね。

僕が思い出すのもそっち。
どうすれば、勝てるのか、どうすればチームはまとまるのか、どうすれば、僕は強くなれるのか。
そんなことを思いながら、練習していたことは昨日のことのように思い出せます。

そう考えると、残るのは「思い出」のほうなのか。

ただ、「結果」を目指して「ドロンドロンのグッチャグッチヤになるまでやる」からこそ、「思い出」は出来るんですよね。

僕には、望んだ「結果」が得られなかったから「思い出」ばかりが残るのか。

望んだ「結果」を得てみないとわからない領域の話に手を出してしまったと書きつつ思いました。

世界一を取ったアスリートはどっちが強烈に残るのか。

話を聞いてみたいものです。

夏のこの時期はなんででしょう。
そういった学生時代のことを思い出すことが多いです。