So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

次はオクム!! [ランニング]

今日から、通勤ランを再開しました!!

今朝も暑かったですが、先週末に暑熱順化をたっぷりとしたので気持ちよく走れました♪
それにしても手作りワラーチ、意外と壊れなくて感激しています♪♪

これ、コスパ最強だぞ・・・・。。

そういえば驚いたのが、野辺山で裸足ランナーがいたことです。
ワラーチランナーさんもいましたが、、、すご。。

自分もサンダルで走っていて、普段二度見されることが多いですが、野辺山で裸足ランナーさんを見た時は三度見くらいはしていました(笑)

サンダルの気持ちいい季節です。
今年の夏はサンダルで走りまくろうと思います~!!

さてさて、来週末は「奥武蔵ウルトラマラソン」です。

「サンダルで走りまくる」と書いてすぐにシューズの話ですが(;^_^A
オクムは先日まで履きこんでいた「クラウドレーサー」を履きつぶしてしまったので、サンダルで・・・じゃなくて、「クラウド」で行こうと思います。

まだクラウドでは、10km程度しか走っていないので、明日30kmくらい走って慣らし運転してこようと思います。。

オクムと日光は「クラウド」で行く予定です。

もしオクムで「クラウドのことはそれほど、、、」となったら、横浜トライアスロンのブースでゲットした「クラウドフラッシュ」で行こうと思います。。。

あとあと、サハラキャップなるものをポチリました。。

首周りをガードするヒラヒラがついている帽子です。
「Raid light(?)」というトレランのメーカーの帽子です。色はベイスターズカラーの青です。。
ラングッズを買うのはわくわくしますね・・・・。。

暑さ対策、打てる手は打っとかないと、オクムも日光も倒せない、、、、

オクム・・・・

これも何ともスパルタな、、でも楽しいこといっぱいのコース。楽しんでいきたいと思います。


第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 最終話「熱く熱く立ち上がれ」 [野辺山ウルトラマラソン]

滝見の湯を出発しましたが、手のしびれ、頭ボーッとする、気持ち悪い、ハムが痙攣している、、、そして、もっともやっかいな「もうダメかも」という気持ち。

頭の中で色々な感情が去来しつつ進んでいきます。



ハムに痛みが出て、また攣ります。

たまらず芍薬甘草湯を投入します。

「大丈夫なの?」

ついに奥さんから、聞かれました。

後から聞いたら、ずっと50km過ぎから心配していたそうですがあえて黙っていたそうです。

ですよね。

ああ・・・情けない。

このハムの状態で馬越峠登ったらどうなるんだろう?
この状態で馬越峠下ったらどうなるんだろう?
この体調のままあと、28km位戦ったらどうなるんだろう?

ふと、学生時代に怪我をして回りから試合出場を止められ、「大丈夫だから!俺やめねぇから!!」と聞く耳を持たず痛み止めをバカ食いして試合出て、結果さらに悪化させて怪我して一時動けなくなり担架で運ばれた、「誰にも迷惑かけてないし、俺はやるから」とか言っていた、オタンコナスの若かりし頃の僕ちゃんを思い出しました(首根っこつかんであの時の僕に、100km走らせたい件)。

結果、多くの人に、長期離脱をしてチームに、バイト先に、友達に、両親に、迷惑と心配をかけました。

・・・・。


・・・・・・・・。


俺は、今どうするのが正解なのだろうか?

ランナーとしては、当然先へ行きたい。

俺個人として、オタンコナスの僕ちゃんと同じことを今の俺がする訳にはいかない。

気合とか根性とか、言うけれど、今この状況になっているのは自分の準備不足と想定の甘さが招いていること。
もし、気合とか根性とか言うなら、準備の時点でそれをやれと言うこと。
本番でだけ、気合とか根性で力が出せるなんてのは間違いだと僕は思う。。。

考えているうちに、美味しい水を飲ませてくださる私設エイドに到着。
ここのおじさまはいつも我が家の話題に出てくる私設エイドです♪
本当に美味しい水なんです。
ありがとうございました~!!

一杯頂いて、先へ向かいます。。

・・・・。

・・・・・・・・。

ゴールすることはランナーとしての僕の至上命題。

無事に帰ることは、ランナーである前に僕としての至上命題。

今日も、楽しかった、つらかった、弱い自分に会った。それでも粘れる自分にも会った。
きれいな景色たくさん見れた。ありがたい応援もたくさん頂いた。

なんだか、旅の終わりを意識し始めます。



ついに、両足が攣り、ガードレールに寄りかかります。
吐きそうになります。吐きそうなのか、情けないからなのか涙目になります。

30秒位でしょうか。僕は停止しました。静かな中にまだ戦うランナーさんの足音が響きます。


・・・・・。


・・・・・・・。


「ごめん。俺、これ以上行ったらどうなるかわからない。リタイアします!」


・・・言ってしまいました。

その後、奥さんと話しながら馬越峠の入り口のエイドまで行き、収容バスに乗り会場へ帰りました。

申し訳ないやら、情けないやらで、収容バスに乗った瞬間泣きそうになりましたがここで泣きたいのは僕の巻き添えを食らった奥さんです。

その後滝見の湯エイドまで戻り、Mr45さんとまさかの再会をして、会場へ戻り、、、、


ランナーさんのゴールを見に行きました。


「帰ってくるランナーさん、かっこいいね」

「いい顔してるね」

「強いわ。こうありたいわ」

「おかえりー!!!ナイスラン!!!」


「俺、もう少し強くなるわ」


「お互いね・・・・」


「また来ます!!!さらば野辺山!!!!」

こうして、会場を後にしたのでありました・・・・

大会運営の皆様、ボランティアの皆様、応援の方、ランナーさん、関わった全ての皆様、、、、
ありがとうございました!!




そして、今日。


もう、痛みの出ていたハムも大事には至らず痛みは治まりました。
内臓は結構やられていたようで、火曜日位までは気持ち悪かったです。
脱水も相当だったようで、水曜日までOS-1飲みながらの仕事でした。

でも、もう全て治まりました!!
まだランは再開していないですが、再始動していこうと思います。

治まらないのは・・・・悔しさです!!!

今回の反省点をブレストしたらA4用紙3枚になりました(笑)

今までのアプローチも整理して、パワーアップを目指します!!


熱く、熱く、立ち上がります!!

ある意味最高のプレゼントを野辺山からもらえました。

こんなにスポーツに燃えた気分は久しぶりです。

ありがとう野辺山。


(言葉悪いですが)待ってろ、野辺山!!!



第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 完

第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 第3話「どんな状況だろうと楽しもう」 [野辺山ウルトラマラソン]

そばに後ろ髪を引かれつつ、50kmエイドを出発(ちなみにハゲているので後ろ髪はない件)。

坂を登っていき、老人ホームの窓際のおじいさんに手を振りつつ正念場の折り返しゾーンへ進んでいきます。。。

登りで歩いていると尋常ではない位、汗をかき、体に熱がこもっているのを感じます。。

この辺りで、一回「つらい、辞めたい」と思った記憶があります。
でも、動き続けていれば復活することを信じて前へ進んでいきます。

ここは正念場。

暑いのはコントロール出来ない。自分でコントロールできる、体を冷やすとか進んでいくことに集中だ・・・・と折り返しゾーンへ入っていき・・・

・・・暑い!!ジリジリ照り付けてきます。

エイドで思わずがぶ飲みしてしまいます。
途中自販機で買ったアクエリは、一口でほとんど飲んでしまいました(←最大のミス)
どこか忘れましたが、奥さんが買った麦茶もかなりの勢いで飲んでしまいました。。

お腹はタポタポです。
暑さとのどの渇きへの恐怖が冷静さをどんどん失わせていきます。
この時、このがぶ飲みがミスであることすら気づきませんでした。

もう気分は砂漠のジプシー。

昔本で読んだ、「砂漠で見つかった遺体の口の中には砂や石が入っているんだ、それはのどの渇きに耐えられずそれらを最後口に入れて、そうなったんだよ・・・」という不気味な記述を思い出します。

いくら飲んでも、いくら水かぶっても引かない体の熱と口の渇き。

「俺は復活する!復活するんだ!!!」

心の中で何度も叫び、実際に何度かどこかで叫びましたが(;^_^A、それと裏腹にどんどんお腹が気持ち悪くなっていきます。

当たり前ですよね。こんだけがぶ飲みしていれば。。

この辺、走れていたのですが朦朧としていてあまり記憶はありませんが、このあたりのエイドのトイレで思い切り、、、シン・コバスケの熱線(リバース)が炸裂しました(´;ω;`)
あらら、学生時代の飲み会並みの量ですなぁ・・・と一瞬思いましたが、今は飲み会ではなく、マラソン大会な件。

でも、吐いたおかげで、飲みすぎに気づき、折り返し地点に到着した後から口を漱ぐほうに切り替えました。
そしてエイドでいくら水をかぶってもすぐに暑くなるのをなんとかしたい・・・



ペットボトルに水入れて、それをアンダーアーマーの首の後ろに差して、首を冷やしつつ喉が渇いたらその水で口を漱げばいいんじゃね?

これ、今文字で書くと馬鹿みたいですがむちゃくちゃよかったです。
肩甲骨の間にペットボトルを挟む感じなので肩甲骨がしまってフォームが安定。
体も冷やされて、、、

これのおかげですごく滝見の湯まで粘れたんですよね。。。

・・・・自画自賛、このへんにしときます(笑)

このあたりで二回、ハムが痙攣します。。。
ストライドを狭めて進んでいきます。。

一度、ぴきーんと派手に攣ってしまい、バス停の椅子に座りました。。
もう完全に奥さんのお荷物と化していきます。

トラブりつつも、どうにかのたうち回りつつ、進んでいきます。。
この辺では脳内でサンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」がエンドレスでした(笑)

滝見の湯まで向かう道中でランナーさんから「間に合いますかね?」と聞かれ、「間に合いますよ~!!せっかく高い金払って遠くまで来て、楽しんでかなきゃ損ですよ~!!」とか即答しました。
この方、滝見の湯までご一緒し、エイドでもすぐに出発されていました。
足取りも僕らと違ってしっかりしていましたし、ゴール出来ていたらいいなぁ・・・
まだヘラヘラできる余裕がある。俺は行ける!!

この方に答えた、上記のフレーズ。

この方に、というより、自分に言っている感じでした。

そして、言ったらすごい元気出たんですよね。

そんなこんなで滝見の湯に到着!!!
「ナイスラン!!!」という応援の方の声掛けがありがたいです。。
まだ笑える。まだ「ありがとう」と言える。俺は戦える!

ふと、時計を見るとビハインドが15分増えました。
ついに完走へのデッドゾーンへ入りました。
この時、最高にかっこ悪いですが、「ああ、95kmあたりでタイムオーバーかも」と思いました(←自分で自分を見捨てたらダメですよね)。

関門の時間は大丈夫!!日が落ちて気温さえ落ちれば、まだ奇跡は起こせる!!!
そんなことを思いつつそばを食べて・・・
立ち上がろうとしたら、ピキッとまた足が(笑)

更にかっこ悪いですが、「もうダメかも。今日何回足攣ったんだろ。肉離れしたら嫌だな。辞めたほうがいいかな・・・」と思います。

しかし、あきらめるのはいつでも出来る!!!

「いくぞっ!!」

と、滝見の湯エイドで出発するのでありました・・・・・!


第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 最終話「熱く熱く立ち上がれ」に続く・・・

第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 第2話「行け!50kmのそばエイド」 [野辺山ウルトラマラソン]

いつもの牧場の牛を横目に、進んでいくとついに林道トレイルへ・・・・

どうでもいい豆情報ですが、我が家の牛乳はヤツレンのものを飲んでおり、冷蔵庫を開ける度に野辺山を思い出せる仕様となっております★

この林道トレイル。

今年は近くを走るランナーさんの転倒が多かったです。。
下りの時は、前を走るランナーさんとの車間距離取ったほうが安全・・・とスピードを上げて攻めていく。。
いつもここを走る時は、「BORN TO RUN」でカバーヨが「オソ」ことマクドゥーガルにトレイルを走る時のレッスンをしている時のことを思い出します。

「・・・2歩で行けると思ったら、3歩で行け」

転がる石(カバーヨ曰く、そういう石は「チンピラ」だそうです。)踏んだら、大変です。。。

楽に、軽く、スムーズにってか・・・・

きれいな景色を横目に登り、下りになればかっとばし、進んでいきます。。

コース最高地点はだいたい去年と同じくらいのタイムで到達します。。

林道の23km地点の関門では、やたらと汗をかいていることが気になりましたがそそくさと食べて出発~♪

このあたりから、稲子湯までの間でプロテインバーを食べていましたが、食べれたものの少し気持ち悪い感じがしました。
なんかムカムカする感じ。。

とはいえ、気にするレベルではありません。
進んでいきます。。

今回、野辺山敗退の理由の一つは、去年と比較して「ケンカを売ってはいけない相手のレベル」を下げてしまったことです。
ケンカを売ってはいけない相手、とは、登り坂の事ですが去年より明らかに登り坂で歩きを選択することが増えているように感じました。さすがに馬越峠の登りとか、他の斜度がやばいやつは別ですがそれ以外はもう少し走れないとなぁ・・・・という感じでした。

この辺りから、去年の10kmおきの通過タイムより10分のビハインドを背負います。。

この辺から少しずつ体に異変が起こり始めます。

頭がボーッとしてきます。

走れてはいるのものの、奥さんが何言っているのかわからず、聞き返したり、言ったつもりが言ってなかったり。日常の夫婦あるあるですがそんなやりとりにイライラしながら進んでいきます。

でもアレは、僕がボーッとしていたのでしょうね、、、。

この時は、景色を見たり、木々を眺めて進んでいき、水でもかぶってエイドで何か食べれば復活するでしょみたいな感じで進んでいました。

稲子湯エイドの手前で持っていたOS-1ジェルをちびりと飲むと、「あれ?OS-1てこんなに美味しかったっけ?」「これが美味しいと感じるときがやばい時ですよ」とか看護師さんに言われたことがある気がする・・・・

まぁ、気のせいでしょ!

と、稲子湯エイドに到着!!!

ここのエイドは大好きです。
まずはトイレに行って、この日暑さに参っていたのは僕だけではないようで水被りには行列が(笑)
バッサバッサ被って、おにぎりとバナナ頂いて、少し座って林道トレイル土産のシューズの中の石でも取るか・・・とシューズを脱ぐと・・・

「あぁ!クラウドテックが破れてる~!!!」

去年の12月から毎月一回の60km走と先日の富士五湖の戦い、そして今日のこの野辺山の戦い。

700kmは走っていたこのシューズ。

くそう、だからシューズは500kmで交換とか言われているのか、、、、

まぁでも、サンダルとかVFFと比べれば全然ね。走るのに適しているでしょう!!

とか思い、靴紐を結びなおす。

そんなで奥さんと合流し、稲子湯エイドを出発~!!
エイドを出てすぐはエグイ登りですが、途中から50kmまでは下り基調。
ひとまず八峰の湯を目指して走ります。

そしてここは大好きなコース。
芝生の上を走れるし、景色きれいだし、いい天気だし、、、、、

ちょ、いい天気すぎ!!!!

すげー汗!立ち寄るエイドでは水を被りまくり、飲み物もいつもより飲んでしまう(←これが多分この日の最大のミス)。。。
ちびっとだけ飲んで、飲みたい気分の時は口を漱ぐだけにしてお腹チャポチャポからのリバースを予防するという自らの流儀を暑さと脱水気味なことにテンパり見失っていました(笑)

この辺から「暑いな、、なんか気持ち悪いな、、、何食べてもおいしくないな」と思い始めます。
準備してくださったエイドの皆様に、本当申し訳ないです。

でも、長丁場の一日。そもそも100kmをぜ~んぶトラブルなく、気持ちよく走れるなんて思ってないですし、粘っていれば復活するし、景色見ながら進んでいくんだよ~って思いつつ八峰の湯に到着!!!

応援の方がたくさんいて、「ありがとう~!!」とか言っていたら、なんかゴールしたかのような感覚が(笑)

奥さんにも「なんか俺感動してこんなに腕毛立ってるんだけど」とかふざけたこと言っていました(笑)

この辺りでも去年のペースと比較して10分~15分のビハインド。

水を被り、バナナを食べて、、、、食べていたら、戻しそうになりましたが気合でねじ込みます。

一分だけ座り、景色を見て、、、、

「よし!そばだ!そばを食って、めんつゆも俺は飲む!!」と訳のわからない宣言をして50kmのエイドを目指して行きます!

ここからは下り基調なので飛ばしていきます。

奥さんがふくらはぎに不安があるとのことで、奥さんのペースで下っていきます。。。

この辺、本当気持ち悪かったのですが、、、すごい嬉しかったのが他のランナーさんに「調子良さそうですね」と言われたことです。

その方、そうやって一言二言話したらあっという間に行ってしまいましたが、、、(;^_^A
貴方、、、、強すぎ&さわやかすぎ(笑)

僕、本当に弱いので、つらいと顔や態度に出てしまう傾向がある気がします。
それは昔からどのスポーツをしていてもそうなのですが、特にこのランでは顕著です。
だから、「頭のねじを抜いて、バカになって、つらくても楽しんでいることを演じ切る」ぐらいの気持ちでやろうと思っています。

途中、自動販売機でジュースを買い、田んぼ地帯を進んでいくと奥さんが面白い一言。

「さっきの松原湖とか、田んぼに飛び込んでアイシングしたいよね~」

あはは、やってみたら~?とか言って進んでいく。

まぁ、、、やったら第24回の野辺山ウルトラは開催不可になり、こばすけ夫婦はウェルネスの大会は出入り禁止でしょうな・・・・

そんな軽口を叩きながら、ついに50km地点に到着!!!

相変わらずビハインドは変わらず。
でも、粘れている。ビハインドは増えてはいない。。

ここで言いたかった。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」

しかし、奥さんはスラムダンクは読んでいない。
先日の富士五湖でもじょうじじょうじ言って呆れられたばかり。

自粛して、目当てのそばエイドを見ると、、、、

はい。行列。

「これは辞めて、他のものを食べて行こう!!滝見の湯でもそばあるし!」

ああ、、、、くそうくそう。

俺に、サブ3、サブ3.5の脚があれば、、、、、もっと速くこのエイドに着けたのに、、、、この時ほど自分の亀ランナーっぷりをなんとかしたいと思ったことはありません。

そば齧れなかった分、ゴールして絶対メダル齧ってやる、、、、

そんな思いを胸に、50kmエイドを後にします。。

この後は、マジでつらかった日照り区間。

気分は砂漠のジプシー。新しいランニンググッズまで考案。
ついにシン・ゴジラの熱線ばりのシン・コバスケの波動砲(リバース)がさく裂!
でも、粘ったよ。

・・・・な、滝見の湯エイドまでのお話しに続く、、、

第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 第3話「どんな状況だろうと楽しもう」に続く、、、、


第23回星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン 第1話「僕の挑戦」 [野辺山ウルトラマラソン]

今朝、クラウドテックの破れたクラウドレーサーを燃えるゴミとして出してきました。

モノをあまり持たない、いらないと言って捨てまくる僕ですが、今日のゴミ出しは感傷的でした。

もう履けないことはわかっているのですが、これと野辺山で歓喜のゴールをしたかった。

すまない・・・でもありがとう!!と心の中で叫んだ今朝の朝。



・・・・話は20日夜に遡ります・・・・



夜、緊張して寝れない。21時には起きて、22時には野辺山へ向けて出発なのに。

なんならその前の日も緊張してあんまり寝れなかった。

・・・バカみたいな話ですが、いつもそれくらい野辺山の前はビビってます。

でも、こんなに遊びでビビったり、悔しがったり、喜んだりできるって幸せです♪

そんなで、22時自宅を出発。

野辺山近辺には1時過ぎに到着し、ひとまず仮眠。。。
この日の星はびっくりするくらい、きれいでした。。。

2時過ぎに会場の駐車場へ移動し、また仮眠。
その後、受付をしていつも通りトイレへ足しげく通います。
気が付いたら空が明るくなり、第一ウェーブがスタートするころにMr45さんとお会いできご挨拶。
お互い神奈川ランナーなのにお会いするのは、ここ野辺山という面白。
ありがとうございました♪♪

ついに第二ウェーブがスタートする頃、、、

奥さんと整列し激闘に向けて腹を括ります。

小学生のころ、かけっこで誰よりも遅く、逆上がりも出来なかった僕は、恥ずかしい話ですがその後テニスで入賞しようと、フルマラソンを完走できても、ウルトラマラソンをどうにか完走できても心の中はなんででしょう、いつも自信を持てない、その小学生の頃のままです。

あまりに徒競走で遅すぎて、情けでゴールテープを張ってもらいゴールした時のままです。
運動が嫌いで、体育の授業などなければいいのにと思っていました(;^_^A

でも、小学生の頃と明らかに違うのは「運動が好きになった」ということです。

そんな僕なので、いくら好きとは言え、やっぱりかなりビビる野辺山。

そして今回、更なる持久力の強化を・・・・ということで、去年は「野辺山→オクム→8耐」だった春のウルトラシリーズを、「富士五湖→野辺山→オクム→日光」としてみました。

僕は連戦に肉体的にも精神的にも耐えうるのか。その先にやってみたい挑戦(もっと距離の長いやつ)に向けてのやや無謀な今年の春のウルトラシリーズ。

「この野辺山ウルトラが、今の僕の最大の挑戦。今ここに立ち、後でここに帰ってくることが最大の目標」

この野辺山ウルトラが怖いけど好きだ。挑むんだ。

気合を入れて視線を上げると、目の前にはきれいな山が見えます。

カウントダウンが始まります。3.2.1・・・・スタート!!!

「おし!絶対ここに帰ってこよう!!」と奥さんとグータッチ。

今日は、暖かいなぁ・・・上着も手袋もいらないな・・・・

奥さんと「今日は息が白くならないね~」と通過したJRの標高最高地点。

この暖かさこそが、この日僕にとっての最大の敵となるとは露知らず、林道へ向けて走っていくのでありました・・・・。

第23回星の郷野辺山高原ウルトラマラソン 第2話「行け!50kmのそばエイド」に続く・・・

僕、野辺山に散る・・・・! [野辺山ウルトラマラソン]

野辺山ウルトラマラソン、75km地点、馬越峠入口のエイドステーションにてリタイアでした。

とてつもなく、厳しい戦いでした。
なんとか完走出来るラインで粘り続けましたが様々な体のトラブルを捌ききれず・・・・

「ゴールする」

というラン好きの自分との約束の他に、僕は、

「無事で家に帰る」

という僕個人としての最後の約束(というか、趣味をやる上で自分に課したルール)があります。

この二つの約束事の間で最高に揺れた一日でした。


悔しいです。


今回は野辺山が、

「そろそろ、お前にウルトラの厳しさを教えてやるよ」

と、囁いてきているような感じでした。


一緒に走る奥さんには巻き添えを食らわしてしまい本当に申し訳ない。
初フルからいきなりDNFだった僕と違い、必ず完走してきていた彼女なので、、、。

でも厳しい戦いの中でもなんとか粘り続けていけたのは、

いつもと変わらない、ありがたい応援だったり、エイドの人とのやりとりだったり、すげぇきれいな景色だったり、、、、

ウルトラが好きになるきっかけを与えてくれた野辺山ウルトラのそれらでした。

今回は、すごい苦しみましたが、今回も、楽しかったです!!

大会運営の皆様、ボランティアの方、応援の方、一緒に走ったランナーさん、、、、

ありがとうございました!!

もう少し(本音を言えばものすごく)、強くなりたいという気持ちが強くなりました!

野辺山まで、あと3日。 [ランニング]

・・・・もう、やることはやったのであとは準備して覚悟を固めるのみです。

僕の思う覚悟とは・・・・

「走る・食う・笑う」で、ゴールへ!!

ただでさえ少ない頭のねじを更に数本抜いて、野辺山に備えます。。。

食べ物やサプリメントの用意もしました・・・・
 ※去年熱中症なのか、ラスト付近で手のしびれが出ましたのでOS-1(ジェルと飲み物)を持って走ります。他はいつも通り。遠足状態。粉はメダリストの粉とアミノバリューの粉。
 粉は10kmおきに摂取。前半エイドはなるべくスルーして、自前のOS-1とレッドブルで補給。
 カロリーメイトとかは、移動しつつ食べる。歩く時は何か食べる。
 氷砂糖は馬越峠の登りでは絶対に食べる。。

 僕の中で補給は最重要事項です。。。

装備も決めました・・・・
 ※チャレンジ富士五湖の時の装備に加えて、ハーフタイツとゲイター付けます。
  チャレ富士で、ハーフタイツとゲイターなしで挑んだらえらい太もも前の筋肉が参ってしまったので今回はしっかり装備します。。


ラップ表も作りました・・・・
 ※去年のラップタイムを参考に作りました。後半の落ち込みをどこまで食い止められるか!?
  

エイドもチェックしました・・・・
 ※そば・うどん・コーラ・果物・・・・楽しみです。


今回が三回目の野辺山ウルトラ。

体のほうは、好調です♪

チャレンジ富士五湖以来、あまりタイムを気にせずにのんびりのんびり走っています。

結果、ずっと7:00~7:30/kmでしたが、先週くらいから、自然と6:30/km位スピードが出ています。
クラウドフラッシュ履いて走った先日の22kmはおニューの靴のテンションアップ効果か、6:15/km位で走り切れていました。

多分これは、「チャレ富士の疲れは取れたよ」ということかなぁと解釈しています。

明日まで通勤ランして、土曜日はチャリ通で足休めて、野辺山に挑みます♪

怖さももちろんありますが、楽しみです!!!

横浜トライアスロン&ハマスタ。 [ランニング]

IMG_0495.jpg

クラウドフラッシュとハマスタ。

・・・・訳わからん。

昨日は、朝ランして、横浜トライアスロン見て、ハマスタ行って、、、

盛りだくさんでした♪

昨日は元々、横浜スタジアムでベイスターズの試合を見る予定だったので折角だから近くでやっているトライアスロンも見てみたい!!

と、いうことで行ってきました。。

トライアスロン、近所でやっている人多いので話はよく聞いているのですが、、、

すごい!!

かっこいい!!!

バイクとか、超速いし。見ているこっちが酔いそう(笑)

トランジションとかも興味深々で見てきました・・・。。

そしてブースでは色々食べ、Onブースも行って、久しぶりにちゃんと試着してランニングシューズを買えました(;^_^A

それが、画像のクラウドフラッシュです♪♪

29cmがあったので、即買いでした。

奥さんも買う気満々だったのですが、サイズなく残念。
でも、ブースの方がイケメンでしたのでご満悦なご様子でした(笑)

今朝は早速クラウドフラッシュで22km走ってきましたが、いい感じです!!
クラウドレーサーと比べるとアッパーはゆったりな感じで、地面への距離感はレーサーと同じく近いけど、より足に優しい・・・みたいな(よくわからん)。

クラウドフラッシュのデビュー戦はまだ未定ですが、履いてて楽しいシューズでした♪

・・・そんなで、色々横浜トライアスロンで刺激を受けて、買い物もして楽しい日曜日でした。





あ、ベイスターズですか?

・・・負けました( ;∀;)




さてさて、野辺山まであと一週間。

ペース表も作りました。

目いっぱい楽しめるように、そして完走できるように、しっかり体調整えていきたいと思います。。

IMG_0478.jpg

↑チャレ富士のゴール後の富士山。今まで見た中で何故か一番感動した。

今度の野辺山では、どんな景色やどんなことに出会うのか。

とにかく楽しみです。

====================================
※おまけ※

IMG_0498.jpg
↑手作りワラーチ近影。

インターネットにたくさん出ている作り方を参考に作成。
ペレマットは使用せず。
真田紐は9mmを使用。


だいぶ、足に馴染んできました♪

こないだの通勤ランで、ペースを上げてかっ飛ばしてみましたがいい感じでした♪

うれしいことと、珍しく分析したら出てきた僕の傾向。 [ランニング]

先日、いつも見ている動画撮りながら走るウルトラランナーさんのチャレンジ富士五湖の動画を見ていたら、まさかの僕、映っていました。

しかも、、、河口湖を過ぎてステラシアターに向けて歩きながらドデカミン飲んで、カロリーメイトぼりぼり食べている所が(笑)

これは、、、なんとも、、恥ずかしい、、いや、やっぱりうれしいです♪♪

ここからのお話しはその、後半戦でカロリーメイトを食べながら歩いているあたり(90kmあたり)のお話しです。。。

先日のチャレンジ富士五湖のラップと、過去二回の野辺山のラップを並べて分析していると、コースは違えど、はっきりと傾向が出ていました。

それは、

「80km~100kmが激しくつぶれている」

もっと言うと、

「90km時点で完走できると確信した後の去年の野辺山、先日のチャレ富士のラスト10kmの落ち込みがやばい(初めて完走した野辺山のラスト10kmのほうが二度目の野辺山より速い件)」


はっきりと傾向が出ています。

①完走できると思うと気の抜ける性質。
②80km以降がペース維持できない。

①と②は相互にリンクして、その結果「ラップタイムが落ちている」という感じがします。

この話を奥さんにしたら現在の60kmのロング走をさらに伸ばすとか恐ろしいことを言っていましたが、もちろんそれもアリですが今年の残り3戦には間に合わないので、今回は、、、


「自分は、こういう弱さを持っている」と認識しつつ、行こうと思います。


・・・・・分析なんぞして最後に、こんなこと言うと、身も蓋もないのですが、、、

走る前は、「よし、目標タイムは・・・」とか色々考えるのですが、いざ始まるともうサバイバルみたいな感じで頭の中は「ゴールにたどり着く」だけになるんですよね(;^_^A


しかもそのシンプルになっている状態が割と好きです。


・・・でもでも、せっかく分析したので、踏ん張りどころを自覚して踏ん張りたいと思います。。

================================
もう、野辺山ウルトラまで9日となりました(;^_^A

今回で3回目の参加です。

いい天気で、景色楽しみつつ行けるといいなぁ。。。


新作ワラーチで江の島へ。 [ランニング]

先日の日曜日、新作のワラーチで江の島までプラプラ走りに行きましたが(往復16kmで新作ワラーチでの最長距離でした)、帰りにふくらはぎがパンパンになり、「なんでかなぁ?」と思いながら走っていました。。



忘れていました。

このワラーチ、今まで愛用していたルナサンダルよりペラペラだから多分、僕の造語ですが「ベアフット感」が強いのかも!?それで自分の悪い癖が早く顕在化したのかな!?

裸足で走る時もこのふくらはぎのパンパンな感じ、来ます(ちなみに裸足だと2kmで来ます)。

僕、地面を蹴る癖があって、その癖が出るとこのふくらはぎパンパン現象が起こります。

この「蹴る」癖、ずーっと意識していますがなかなか修正は難しいです。

初めてルナサンダルを履いて走り始めたころに、「シューズ履いている時と同じ距離やスピードでいきなり走ると故障のリスクが・・・・」とかどこかで見て、スぺりがちな僕は歩きもいれつつ慎重に慎重に導入していきました。

今回の手作りワラーチも少しとはいえ、ソールが薄くなったので慎重に導入していかないといけなかったのか、それともいつの間にか「蹴る」癖がまた再燃しているのか。。。

どちらの可能性もあると思うので、少し慎重に走っていこうと思います。。。

ちなみにふくらはぎは、昨日・今日と走るのを休んだら通常運転に戻りました♪
明日からは、蹴らないように蹴らないように・・・・行きます。。

しかし、図工が苦手な僕の作ったワラーチ(の、ようなもの)は案外壊れずに走れています(現在累計走行距離70kmです)♪
紐の調整とソールの調整は一度しましたが、概ねいい感じです。。


================================
今週の月曜日は日曜日にパンパンになったふくらはぎをほぐす為にかる~く走りに海へ
行くと、今話題の赤潮で海が赤くなっていました。。
夜、「光るんじゃないか?」ってことで見に行きましたが残念ながら僕がいた時間は
光りませんでした(;^_^A

夏休みでもないのに、茅ヶ崎の夜の海が賑やかで、なんだか不思議な感じでした(;^_^A
前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ