So-net無料ブログ作成
検索選択

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第二話「心は熱く、体は冷たく」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

「こばすけの不安要素その2! 熱中症のトラウマは大丈夫なのか?」

ジリジリ照り付けてくる太陽。

埼玉って暑いもんな・・・・

野辺山の反省を受けてラングッズと準備を見直しました。

まず一つが、バフ?ジプシーカバー?を「体を冷やす道具」として使用しました。
ここでは、野辺山ウルトラのアーリーエントリーの特典のやつを使用。

水かぶりの度に濡らして、頭に巻き付けて頭の熱を取って、冷感がなくなったら絞って残りの水を頭にかけて使用します。。

もう一つは、ハンドタオルに水を含ませて首に当てて走る!!

さらに一つは、先日ブログで触れたサハラキャップ。
首をガードします。。これも水かぶりの度に濡らしました。。

さらに(まだあるのか)!!
前日は、OS-1を飲んでウォーターローディング。
当日もOS-1ジェルとOS-1ペットボトルをザックに。。

これら、かなり良かったです♪ハンドタオルはスポンジでもいいかも・・・と思いました。

さらに(まだあるのか)!!
日焼け止めを塗りました。
野辺山の日は相当日焼けしてしまい、その熱感も相当堪えたのでは、、、と思ったので。

そして、メンタル。

僕は、スポーツの時は二種類の人格が登場します(ベイスターズにかつていたモーガンか・・・?)

一人は、有名な「ネガティブこばすけ」。

もう一人は、時々、初めて走った野辺山でも出た「熱血こばすけ」。

オクムの前に野辺山の振り返りをしつつ走っている時に、熱血のほうが問いかけてきました。

「なぁ、ランで燃やすといいものって何だか知っているか?」

「糖質?・・・・・違う!」

「脂質?・・・・・・違う!!」

「魂だよ!!!そんなこともわかんねーのか!!!」

「テクニカルな所ばかりに終始しやがって!心なき所に技はつかないってテニスやってる時に散々自分に、人に、言ってただろ!」

「魂に火が付き、心が躍り、心が躍れば楽しくなり、もうそうなれば走れてるよ!!」

「お前、野辺山の時、何回時計見てた?」

「時計見るだけなら、家で見てろバーロー!!」

「その土地を感じろ。山・海・空・・・すべて。」

「応援の方、エイドの方、すべてを感じろ。」

「自分に起こるあらゆる変化を拒否するな。対応し、受け入れろ。」

熱血こばすけ。かつてとんがっていた10代後半~20代中盤の頃のままの口調なので、汚い言葉になりましたが、あえてこのまま書かせて頂きます(;^_^A すみません。。

そんな感じでハード面も、ソフト面も、暑さ対策はしてきました。

寄ったエイドステーションでは、ボランティアの方が水をかけて下さるのですが、毎回、「二杯お願いします!!」「あ、この帽子とかにも・・・」とたくさんかけて頂きました。
ありがとうございます。。

水のがぶ飲みもしないように、飲みたい欲求がきたら口を漱ぎます。

スタスタ田んぼの横を進んでいきます。

グリーンラインに入れば、日陰になる。

そうすればきっと大丈夫。そうでなくても、今日は大丈夫。大丈夫。

そんなこんなでグリーンラインに入っていきます。

この日、奥さんは奥さんで、野辺山の登りが走れなかったことが悔しかったらしく結構登りも攻めています。
僕も続いていきます。

色々な所で応援の方やエイドでのやり取りで元気頂きながら進んでいきます。。

そしてついに、、、、焼き鳥エイド到着!!!

焼き鳥・・・美味しかったです。
スイカも食べましたし♪♪

この日は過剰に水分を取ることをしないようにしていたので、胃の調子も悪くなることもなく食べまくりでした♪

強烈な登りの先には、ビキニが待っている・・・・!
そして襲い来る第三の不安要素。
去年も奥さんに坂登りウォークで置いていかれましたが、今年は如何に!?

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第三話「オクム、本領発揮」に続く、、、、