So-net無料ブログ作成

第一回日光ウルトラマラソン 第一話「静かなる決意」 [日光ウルトラマラソン]

もう二日前の話になる日光ウルトラマラソン。

マジ楽しかった。
楽しかったけど、自分との戦い、コースとの戦い、自然との戦い、、、ハードでした。。

IMG_0602.jpg

このエヴァの使徒に似ている形のメダルをゲットするまでの13時間40分くらいの珍道中。
振り返っていきたいと思います。。

この日、正確に言うと前日の夜からこばすけ家は熱かったです。

仕事を終え、二時間の仮眠を終え21:00に起床してテレビをつけると、、、

ベイスターズ、桑原選手逆転満塁ホームラン!!!!

まさかの大逆転勝利を出かける準備をしながら見て、テンションは爆上げ。

そのテンションのまま、22:00に出発。

途中、B`zのFIREBALLの入ったCDが車にないことに憤慨するハプニングもありましたが順調に1:00過ぎには日光の駐車場へ到着(笑)

その後シャトルバスで、決戦の地、今市運動公園へ。

あっという間にいつものトイレなどをこなしていると、整列の時間に。。。

IMG_0562 (2).jpg
このウルトラの夜明け前感。大好きです。

今回、ガチガチに気合入りまくった感じは何もありませんでした。
なんというか、今までの3戦で、自分の弱さ、強さ、ダメさ、、、、
色々見てきました。

今まで、自分の弱さを否定していくことに躍起になっておりました。
あのウルトラの時に100を超える辞める理由を提示してくる饒舌なる男、ネガティブこばすけ。
あいつを成敗しなくては、、、、というのが僕のテーマでした。

ですが、自分の弱さも否定するんじゃなくて理解して受け入れて、ゴールへ向かうことが良いのではないかと思いました。

と、いうのも脚を痛めて走るのが減った期間、今まで別世界の出来事だと思っていたスパルタスロンとかを走る人のブログを貪るように読んでいました。

なんかこう、そういう200kmとかを超えるウルトラを走る人って別世界の人間で、僕なんかとは全然別の人間・・・・と思っていたのですが、みんな途中で色々葛藤もし、足のトラブルもあり、胃腸のトラブルもあり、熱中症、低体温症、高温地獄、体の不調、痛み、、、、それらを乗り越えて完走しているということを知りました。

「あぁ・・・みんなこれを乗り越えてるんだ」
「みんな内なる弱さと戦ってるんだ」

どのウルトラランナーさんも、「完走する」という一つの目標に対してレース中に出てくる100を超える辞める理由や弱い自分と戦いながらゴールへ辿り着いている。

よくわからない心境だったのですが、なんだかそれを読んですごい勇気を頂いたのを覚えています。

そして、「行こう!!」と思いました。

そしてその気持ちのまま、スタートラインに立っています。

「やれること、準備してきたことをやる。」

そんな不思議な心境と静かな決意で奥さんと「よし!行くべ!!」とスタートしていくのでありました。。。


第一回日光ウルトラマラソン 第二話「勝負の第一関門」へ続く・・・。