So-net無料ブログ作成
ランニング ブログトップ
前の10件 | -

ウルトラチャレンジに向けた60km走 [ランニング]

・・・信号待ち等も含めて、8時間程度で完了しました(;^_^A

・・・・疲れました。。

今日は、小田原へ向けて走って、国道一号線の早川口交差点で折り返して家へ帰ってくるコースで走ってきました♪

朝焼けは相変わらずきれいで、昼前からは気持ちよく晴れて最高のラン日和でした。。

50kmを越えてからはとにかく上半身を意識して粘って粘って・・・という感じ。

今日は、60km走る・・・ということもそうですが、ギア選定も兼ねていたのでそっちも面白かったです。

「・・・・見せてもらおうか、クラウドフライヤーの力とやらを!!」

と、言う感じで、昨日届いたクラウドフライヤーを今日いきなり60km走で使用しました(;^_^A

ま、今回のウルトラチャレンジのシューズ対抗馬のクラウドはもうすでにオクムとか経験済みなので長距離走るとどんな感じかは知っているので・・・♪

まぁ至極当たり前な結論ですが、厚底シューズ履いたからって劇的に楽に走れるとかそんな虫のいい話ないよね~♪ということがわかりました♪

でも、試して自分の体でわかるってことは大切だと思うんです。

そんな感じでしたが、厚底のメリットも感じました♪
足裏は相当楽です。。さすが厚底。
ケツ筋~ハムの疲労は何履いても同じ感じという感想を持ちましたが、足裏が楽ってのは多分100km走る上で大きなアドバンテージになるかなぁという感じ。

クラウドフライヤー、いい感じでした。

あとは、今日の疲労をしっかりケアしていこうと思います♪

刺激(走る)⇔回復(ケア・睡眠・食事)のサイクル回しまくりでいこうと思います。。


nice!(2)  コメント(2) 

先入観の断捨離 [ランニング]

最近、先入観についてよく考えています。

身近なランネタだと、例えば2014年の僕。

「サンダル!裸足!ありえねー!!足もげるわ」

と、言っていましたが、それで快走する猛者を見て、「BORN TO RUN」を読んで、その横で10km走ると痛みだす自らの守りまくった脚に業を煮やして「まさかね・・・・」と始めたサンダルとか裸足。

「ありえねー」とかの先入観を振り切ってやってみた結果、かつてない程走れるようになりました。

で、今、厚底のランニングシューズが市場を席捲しています。

席捲するんだから、理由はあるだろうと。
まだたかが走歴6年目。先入観とか持って凝り固まっている場合じゃない。
選択肢はあったほうが面白いし。
試してダメならそれはそれで面白いし。

とはいえ、今の僕の立場だと「厚底!ありえねー」という先入観なのですが、少し先入観を捨ててここで自分の中の厚底シューズの分類をしてみました。

①厚底で、ドロップが10mmとかあるシューズ
②厚底で、ドロップが5mm近辺のシューズ

月日をかけて試着しまくった結果、僕はドロップの大きい靴に対して違和感を感じるという事実がわかりました。ちなみに薄底のシューズでもドロップによって随分感覚は違いました。

なので、②のカテゴリーに入る厚底シューズはもしかしたら狙い目なのかもしれないと思いました。

なんでこんなこと考えているかと言うと、あのウルトラ後半の「足が終わる」感じ、なんとかならんのかと。
もちろんこの問題の本質は走ることそのものの動きを磨き上げていくことと脚を鍛え上げていくことに尽きるのですが、試してみたいものあるだろ自分。

それが厚底で上記の②の範疇に来るシューズです。

で、HOKAとかOnとかアルトラで探しに探して、クラウドフライヤーを購入した訳です。

今夜届く予定なのですが、本当に楽しみです。

まぁそんな備忘録的な、好奇心の移り変わりはさておき、僕は先入観で食わず嫌いしていることが多いなと思います。

どうしても、毎日暮らす中で自分の経験や見聞きした情報で先入観は出来上がっていくのですがこれだけのスピードで進化していく世の中。

自分の経験したことですら、「いつ」経験したかによってはもう過去の遺物状態。

経験や先入観は失敗をしにくくなるというメリットもあると思いますが、
成功もしにくくなるデメリットがあるとなんとなく思うのです。

成功・・・・なんて言うと大袈裟ですが、「面白い事」を逃している感じ。

「中道菜食」「グルテンフリー」「裸足とかサンダルラン」「ランニング」「なるべく持たない生活」「ミミズ堆肥(←これすごい。ブロッコリーがアホみたいに育ってます)」

どれも「そんなバカな」から始まり、「まさかね・・・・」で始めて見て面白い結果を得たことです。

先入観や経験は生きていく上である意味大切ですが、「まさかね・・・」とやってみる好奇心は持ち続けていようと思う昼休みなのでありました。。

===================================

最近のストレス解消が、ランニングと筋トレ、読書は鉄板ネタなのですが最近ブログなどの文字を書くのも楽しいです。
読み返すと誤字脱字・日本語おかしい・などで赤面モノなのですが(;^_^A

nice!(3)  コメント(0) 

微笑ましい親子の会話 [ランニング]

先日、バレンタインデーとかいう日がありましたが(;^_^A

その日の通勤ランですごく微笑ましい会話をしている親子の会話を聞きました♪

ちょうどのんびり走っている僕のペースと同じくらいのペースで小さい男の子を乗せたママチャリが僕の前を走っています。

抜くのもペース上げなきゃで嫌なので適当な距離を保って走っていたらこんな会話が聞こえてきました。

男の子「ママー、今日〇〇ちゃんからチョコもらった~。なんで?」
お母さん「今日はバレンタインデーっていう日で、好きな男の子にチョコあげる日なんだよ」
男の子「好きって~?」
お母さん「そのうちわかるかな。ありがとうって言った?」
男の子「うん!言った!」
お母さん「明日〇〇ちゃんに会ったら、食べた感想も伝えようね~」



・・・・。




なんだか超微笑ましいやんけ!!

と思いながら走った先日のランなのでありました♪



・・・・あ、僕ですか?


・・・・・ほ、ほら、僕一応既婚者だし(独身でももらえない件)!


とりあえず、生まれ変わって人間になるのなら、イケメンになりたいと夢想するのでありました。

=====================================

野辺山の完走メダルがHPで公開されていました。

最近走りながらウルトラ本番のイメージトレーニングしています。

野辺山ウルトラのイメージトレーニングは、、、、

前回行けなかった、馬越峠~ゴールまでです。

馬越峠・・・・・

死にそうになりながら電柱走り。

時々木々の間から見える景色が超きれい。

たどり着いたてっぺんで、一口補給して、一気に下り!

麓を眺めながら足を回して下り、下りきったら千曲川が・・・・

ヨレヨレになってたどり着いた87kmの関門で補給をして、最後の戦いへ。

ダラダラ登る坂と、夕日に染まる田園地帯。
昼のクソ暑さから、今はすっかり涼しい風が吹いている。

なんでだろう。タイムなんて完走出来ればどうでもいいのに小海線の踏切に引っかからないと安心する。

いつも思うけど、ラスト3kmの会場アナウンスが聞こえる所からの遠回りに悪態をつき・・・

その悪態をつき終わるころには、最高に心にしみる「おかえりなさい!!」の嵐。

いつものエネオスを曲がると、先にはゴールが見える。

見えた瞬間、100kmの道のりを振り返る。

ああ、今日も最高だったとゲラゲラ笑ってゴールする。

・・・こんな感じ。

なんか、こんなに鮮明に覚えていて、最高に好きな景色なのに去年ここを走っていないなんてなんてもったいない!・・・・と、今更思いました。

今年は、しっかり味わってきたいと思います♪
nice!(7)  コメント(6) 

気が付いたら富士五湖まで二か月!! [ランニング]

なんだか、平日の休み(日曜日と平日のどこかの週休二日です)が丸一日とれない状況に今月なってしまいウルトラに向けた走り込みのスケジュールが大幅に狂っていて、さっきカレンダー見つつ予定を組み替えていたら、チャレンジ富士五湖まであと二か月。そしてリベンジをしにいく野辺山までももうあと三か月なんですね。。

とりあえず量は走れていますが、僕的には「ウルトラ準備は一度に多くの距離を走ることが重要」なのである程度まとまった時間がほしいなぁという状況です。

まぁないものねだりしても仕方ないので、限られた時間の中で出来る最高の準備をしていこうと思います。

すごくプラスに捉えて、仕事休みが十分でないことで「走りすぎ」を防げて故障は防げる・・・ということにしておこうと思います(;^_^A

それにしても、野辺山まであと三か月。
まだ去年付けていたゼッケンは捨てずにラングッズを入れるタンスの中に張り付けてあります。

あの悔しさから、色々なことを見直しました。
意外と見直したものは走ることそのものよりも、食べ物とケア、筋トレでした。

ここを見直した結果、去年よりも走れるようになってきています。

とはいえ、ウルトラマラソンなんて何が起こるかわからないし、そこが楽しい所。
そんな中でなんとか、ゴールにたどり着けるように今できることを着実に取り組んでいこうと思います。

今週末は、60km走の予定です。。

60km走に向けて、昨日は30km走をしてきました。
鎌倉方面へ走りましたが休日の鎌倉は賑やかで、走って通るだけで楽しいです♪

平均ペースは6:15/kmと、少しオーバーペースになってしまいました。
岩本さんのウルトラ本の計算式にて出した僕のレースペースは6:30/km。

今回はペースもですが、違和感の出た左アキレス腱付近に異常が出ないかを確かめるというのが第一の目的でした。
違和感が出たら、即江ノ電乗車か、歩行に切り替える予定でのランでしたが問題なく走れました♪

これで、週末は60km走に安心して挑むことが出来そうです。

nice!(8)  コメント(2) 

とりあえず、脚の違和感はなくなりました。 [ランニング]

館山若潮のあとのセット練で痛めたかなぁ・・・・と思っていた左のアキレス腱付近。

とりあえず、三日のランオフとウォーキング、スローラン、他ストレッチやらサロンパスやらのセルフケアを経て、違和感はなくなりました♪

去年の日光ウルトラマラソンの時の教訓が生きました。

日光ウルトラの前は、野辺山DNFの悔しさやら情けなさやらでで色々気持ちが空回りして、体の声ガン無視で速いペースで距離も走って・・・とそれまでの連戦の疲労も脚の違和感も考慮せずに走りまくり、痛みが出てしまい、結果日光の直前まで違和感は消えませんでした。

その時の教訓として、「違和感が出たら、ランの途中でも止めて歩く」「疲労が強い時は休む」「違和感が出たらランオフ」を・・・・どれも当たり前だろうという話ですが・・・・学びました。

そんな教訓を元に、今回は水曜日の通勤ランで違和感出たので出た時点から歩き・帰りも歩き。その後3日ランオフ・・・・でかなり回復しました。

その後も様子見・様子見で来て、今朝の通勤ランでもう大丈夫かなぁ・・・という感じです♪

痛みが出たら、休みを入れて、その時に自分の動きを棚卸しして、痛みが消えたら動きを修正しつつ様子見して走る・・・。。

当たり前のことが多いですが、大会とか目標とか、悔しさとかの外的・内的要素で上記の事をつい疎かにしてしまうこともあるのでこれからも気を付けていきたいと思います。

=================================
・・・・物を持たないと言いつつ、気が付いたらラン関係の履物が増えてしまいました。

・クラウドフラッシュ
・クラウド(二足)
・ビブラムファイブフィンガーズ
・ルナサンダル
・手作りワラーチ

ここに、クラウドフライヤーが・・・・(;^_^A

どれもしっかり使い込んでいこうと思います。。。
nice!(7)  コメント(4) 

次は大山登山マラソン! [ランニング]

館山若潮ロスにひたる暇もない程、日々奮闘中です。

週休二日って何?って感じなんですが・・・・人が足りない・・・・。。

「社畜」という言葉すら久しぶりに脳裏によぎりますが・・・・まぁ深夜残業がないだけマシでしょう!!

そんな状況だからこそ、わずかな休みは満喫する必要がある・・・・!!

ランニングでも何でも、辛い時に如何にもつらそうにしていても、辛くてもバカみたいに楽しそうにしていても、同じように時間は過ぎていきます。
どう振舞っても距離も、時間も、気候も変わりません。
変わるのは、自分の気持ちだけです。
周囲は自分では変えようがない時もありますが、自分の気持ちはどうとでもなります。

・・・・だったら、楽しく過ごしとこうかなと思います♪

次の大会は大山登山マラソンです。

とりあえずしっかり体動かして、「登り」とあるのかわかりませんが「不整地」をしっかり経験してこようと思います。
一応、「仮想・野辺山の林道トレイル」です♪

あと、初大山。頂上からの景色が楽しみです。。

とりあえず、ネットで大会の情報収集から始めようと思います。。。

=====================================
先日の記事で書いた「左アキレス腱」の件、とりあえず良くなってきています。

今は焦らず、通勤ランも最短コースで、「キロ7」と「歩き」の日を交互にやっていき違和感が完全に消えたらまた走り込み再開です♪

面白いもので、上半身を意識することで痛みが消えるんですよね。

背骨をまっすぐというよりS字カーブを描かせる位のイメージで胸を張って、骨盤を起こして、脱力して・・・・走ると、痛みはゼロでまるで脚がホバリングしているかのような感じで軽く走れます。。

これってある意味、痛みは「悪い走りをしているよ」と体がアラームを鳴らしてくれている感じです。

体の使い方って、本当奥が深いですねぇ・・・・。

「体の使い方」ってお題だけで一生楽しめちゃいそうです。。。

nice!(9)  コメント(5) 

一月はいっぱい走りました♪ [ランニング]

一月は、ウルトラマラソン挑戦に向けて距離を踏みまくりました。
僕史史上最高距離の約430kmを走りましたが・・・・。

館山若潮マラソンの次の日にセット練として20km走り、次の日ランオフ。
その次の日通勤ラン・・・・としたら、あれれ??

左アキレス腱が・・・痛むというか張っている!!!

その日の通勤ランは歩きに切り替え、昨日までランオフ。

普通に歩く分にはそんなに影響ないので、走る量を減らしたりしつつ過ごせばそんなに問題なさそうですが思い切って3日休みました。。

この3日間でかなり一か月間の走り込みで疲れていたのか、毎日すごい眠気でした(;^_^A

脚を痛めた原因は・・・推測で二つ。

一つは今までの僕の傾向で、月間100kmの壁が何度かあり(どっかしら痛くなる)、月間150km、月間200km、月間250km・・・・と増やしていく中で必ずどっかしら痛くなっている傾向があるので、走る量を増やすにしても、350km位で止めておくべきでしたかね・・・・。
急に走る量、増やしすぎ・・・?

二つ目は、最近、走っていて肩が凝ることがありました。
寒かったり、力んでいたり、無意識のうちに上半身が丸まっていていた??
走るの休んだ期間で「ゼロベースランニング」を読み直して、上半身のエクササイズを一通り棚卸ししてやってみて、今日はその上半身の感覚を大切に走ってみました。
痛めたアキレス腱付近は違和感はあるものの、問題ない感じで走れました。
どうもやっぱり、上半身も丸まっていたっぽい・・・。

どっちも今回のことの原因であることは間違いなさそうな感じです。
僕は元々猫背気味なので、普段の生活から姿勢を良くする意識で過ごさないとすぐに上半身丸まりますから、気を付けないと。
ラン的にも、大切ですが、日常生活でも姿勢ってとっても大切ですからね。
特に最近は、仕事で頭を下げることが多かったから特に丸まってしまったのかな(;^_^A

ゆっくり短い距離から慣らしていって、また心配がなくなったら走る量を戻して行こうと思います♪

====================================
プロ野球キャンプ、始まりました!!

もう来月にはプロ野球も開幕・・・・。。。
今年のベイスターズにも大期待です♪

プロ野球が始まると、どうしても読書量が減るので今のうちにたくさん気になるものを読んでいこうと思います。
nice!(8)  コメント(2) 

寒い寒い寒い・・・。 [ランニング]

今週は、「ここ神奈川県の海辺だよね??」と聞きたくなるような寒さ。

先日はまさかの積雪。

雪が降るたびに、「大人になったなぁ」と思うのですが、子供の時って雪うれしいんですよね。
でも最近は、やれ通勤だ、仕事の帰宅の判断は、職員を早く帰れるようにしないと・・・とそんなことが頭を巡り、雪が降っても、「全部雪のせいだ!!」と遠い目をして言うくらいの余裕しかなく、まぁ一言で言えば、雪、うれしくない!!・・・みたいな。

でも、そんな悪態つきつつも、非日常の白銀世界。見た時は思わず「おお・・・♪」って感じでした。

そんなでしたが雪かきで筋肉痛。雪の中たった8km歩いただけで筋肉痛(笑)
雪の中歩くのは、なんか砂浜とか山を歩いているような疲れ方をします。
もしかしたら、いい特訓になったのかもしれない・・・・!

そして昨日からのすさまじい寒さ。
坊主頭・・・・否、ゲーハーにはつらい冷気です(;^_^A

昨日の通勤ラン一発で両足しもやけです。。。

そして今日。お休みだったので大磯方面へトータル21km位走ってきました♪

もうとにかく寒い。途中靴紐がほどけて結びなおそうとするも手がかじかんで結べない(笑)
結局、走り終わるまで着込んでいる胴体以外の手足はかじかんだままで走り通しでした(笑)

週末の館山若潮マラソンも寒いのでしょうか・・・・。
こりゃウルトラライトダウン着てスタートだな・・・。。

=====================================
今月の走り込み、順調に出来ております♪

現在310km。

基本的にウルトラマラソンを想定したペースの6:30/km前後のペースが大半ですが、途中1km程度の流しを入れていくことで大きな体の動きも忘れないようにしております。

とにかく走ることばかりにフォーカスしてしまいがちですが、食べることと寝ること、ケアにもしっかり力を入れて「特訓×回復=走力爆上げ」のサイクルを野辺山決戦までフル回転させていきたいと思います♪


nice!(5)  コメント(2) 

50km走。ウルトラ特訓の本格的開始。 [ランニング]

今日は、今までセット練中心(20km+20kmとか)だったウルトラ特訓から一回の走行距離がフルを超える特訓を入れて行く初日。

その名も「長者ヶ崎50km」。

ただ、自宅から長者ヶ崎まで走っていきまた帰ってくるという至ってシンプルなコース。
日の出前に出発して日の出を七里ガ浜あたりで見るのも楽しみの一つ。

例年はいきなり60km走から始めるのですが今年は、「コンビニ休憩で座らない」というお題を自らに課しているのでまずは50km。ちなみに昨年末にやった40km走も座らずにやりましたが、マジで辛かった。
座らないでロング走・・・これはまさに「トレーニング」。

ロング走=マラニック的にやるもの・・・・という所からの脱却。

昨年に野辺山DNFの後に購入した「完全攻略ウルトラマラソン練習帳 by岩本さん」に色々今までの自分の取り組みの甘さを痛感させられる内容が書いてあり、しかもその痛感させられた所こそが僕の弱い部分でかつ、なんとかしたい部分だったので今年の特訓はその本の内容に可能な限り沿って行っていこうと思います。

ちなみにペースもその本で言及されているレースペースの算出方法にもとずいて出た、6:30/kmくらいのペースでひたすら行くことにします。

そんなこんなで色々やる気満々。
しかも昨夜には注文していたOnのクラウドも届いたので、それで今日は行きました。

結果は無事、ペースを守って走ることが出来、コンビニ休憩も座らずに行いました。
途中で見た日の出、最高にきれいでした。

フル越えまでは結構楽な感じだったのですが45km過ぎたあたりから疲れが・・・・(;^_^A
やっぱり、そこからがウルトラですからね・・・。
まぁでもここから、特訓⇔回復のサイクルでパワーアップしていこうと思います♪

================================
昨日、注文したOnのクラウドが届き、今日はルンルンで履いて走りました♪
ちなみに色は赤にしました♪

今度アップ予定ですが、やっぱりOnはアッパーが丈夫な気がします(あんまり伸びていない)。
800km走ったクラウドと昨日届いたクラウド、見た目のヘタリ具合はそんなに変わらないんですよね。
もちろん履くと、新品のほうがピタっとくるのですが800km履いたほうもまだまだイケる感じ。

新しい道具は、テンション上がります♪♪
nice!(7)  コメント(4) 

最近のシューズ動向からおもひでぽろぽろ。 [ランニング]

今から、ウン十年前。

自称鳴り物入り(!?)で、高校のソフトテニス部に入部した僕の足元はナイキのエア・アラーム。
僕の好きなアンドレ・アガシモデルのテニスシューズ。

しかし、入部した先での扱いは散々な物だった(;^_^A

「ナイキ・・・遊びじゃないんだよ」
「普通アシックスかミズノだろ!」

その後も反抗期のようにアディダスのテニスシューズを履いたりしましたが合宿の際のOBからの指摘やことあるごとに上記のようなことを言われ、言われるのが面倒臭くなりアシックスのテニスシューズを履くことにした僕。

まぁ確かに・・・・履きやすかったけどね(;^_^A

まぁそれくらい、スポーツショップには「本気なら、アシックス」と書いたチラシが掲げてあるくらい、当時は本気でスポーツするやつはアシックスかミズノを履けという謎の圧力があった。
確かに、性能は良かったですが、かっこよさ重視だったんですよ僕(ごめんなさい)。
プレーが二流、否、三流なだけに他で目立ちたいと(練習しろと)。

そんな謎の同調圧力なのか、わかりませんが多分、僕の見ている限り僕がバリバリ部活とかで運動していた頃にはそんな流れがあったように感じます。

そんなできっと色々自由になる・・・と大学へ入った後は更なるカオス(笑)

ユニホームのボタンを一番目は止める、ハーフパンツ禁止、上のシャツは中に入れろ・・・・水は飲むな・・・、という、まさかの大学に入ってこの封建制度のような部活。
卒業する頃にはそれもなくなりましたが・・・・(;^_^A

「化石かよ!!」と当時酔っぱらって先輩に言うという暴挙に出てしまったのですが、「それ競技と何か関係ある?」と聞きたくなるような謎のしきたりが跋扈しておりました。

まぁ今では笑いですが、とにかくダサい格好をうちの大学だけ強いられる現状に発狂しそうになり、全力で抵抗して二年生の時には、髪を肩まで伸ばし茶髪にして、パーマをかけて、サンバイザーをして、、、もう何の人だかわからないような風貌になってテニスしておりました(とにかく見た目重視。念の為、一応ちゃんと練習はしてましたが(;^_^A)。


ですが、ここ最近はどのスポーツも変化がすごいですね。

格好もかっこいい!!道具も自由に選べるような感じなのかはわかりませんが(きっと大人の事情が色々ある気がする)、それぞれ色々なメーカーの道具を使用していて見ていて面白いです。

箱根駅伝見ていても、青山学院がアディダス履けば、アディダスがババっと出て、早稲田の大迫選手がナイキ履いたらナイキを使用する選手が増えて、今年の箱根駅伝とか、他の駅伝見ていてもナイキの厚底やニューバランスのシューズを履いてる選手が爆増しておりました。

そんなシューズや道具の様子を見つつ、懐かしい学生時代の思い出トークをするのが楽しいのでありました。

ちなみに、僕も奥さんも中学・高校とソフトテニス。
僕はその後もしつこく大学・社会人も。

そんな当時のソフトテニス部あるある(ニッチすぎる件)。

①強豪校は前衛・後衛不問で使用ラケットはヨネックス・グランデューク50。
②強豪校は掛け声からガッツボーズまで全員一緒。

これ、多分同年代でソフトテニスやってた人なら「あるある!!」となる筈(;^_^A
nice!(11)  コメント(2) 
前の10件 | - ランニング ブログトップ