So-net無料ブログ作成
検索選択
湘南国際マラソン ブログトップ

第11回湘南国際マラソン 最終話「自分との闘い」 [湘南国際マラソン]

近所のアイアンマン先生から「近くにいるよ~」と言われたはずの奥さんは全く見えてこない。

前を追うとか、サブフォー取るとか、色々目標はあるんだけどなんだか辛くなってきて、粘りながら走っている中で不思議なことに頭の中が別のことを考えはじめました。

・・・・てゆーか、すごい縁だ。

ただ走っていただけなのに、アイアンマンのお医者さんとか、アイアンマンのお蕎麦屋さんとか、他にもランにトライアスロンに取り組む、うちのおかんと同年代の方たちと知り合いになれるなんて・・・

ついさっき、スタート前も丹沢湖でお話しした方と再会したし、トイレに並んでいたら「丹沢湖もいましたよね?」とか声掛けて頂いたし。

高校のテニス部仲間ともコース上で再会しちゃうし。

すべて、「ただ走っていただけ」でこんなに多くの人と接点を持つことができた。

思えばテニスが出来なくなって、運動不足になるからと走り始めた2011年。

10km走ったら激痛で半月走れない。ハーフ走ったら一か月痛くて走れなくなる。

フルなんて、38km地点当たりで収容された2012年。

そこから、悔しすぎて色々調べ、薄いソールのランニングシューズに変え、サンダルを履き、足袋を履き、体幹トレをして、裸足で走っちゃったり、相当の遠回りにはなったかもしれないけどなんだか走ることが大好きになっていて、欠かせないものになりつつある。

ただ、走っているだけなんだけど走る前の僕からすると「ありえない」ことがたくさん起こっている。
そう思うと、なんだか走るっていいなぁ。と。

・・・・そんなことを思いつつ、西湘バイパスを粘って進んでいきます。。

気が付くと楽しみにしていた「HAPPY給水」。

おいしそうなものがたくさんあったけど、エナジードリンクだけ(湘南ゴールドエナジー ? だった気がする)を頂き、、、ラストの7kmへ!

この辺から心の中に弱気の虫、というか妥協の虫、がうじゃうじゃ出てくる(と、いうか西湘バイパスに上がってからずっとでしたが・・・・)。

その虫にはポジティブ成分100%の殺虫剤を掛けて去ってもらい、ひたすらにラップを刻んでいく。

「自分に勝つんだ、自分に勝つんだ・・・」
「苦しいのとか、ぜんぶ気のせい・・・・」
「楽に、軽く、スムーズに・・・・・」

二宮の折り返し地点で時計を見ると、ペースが上がっている。

だけど、もう数キロ。あと3kmならキロ5切っても走り切れる。
そう確信出来るくらい、足は残っていました。

40km地点くらいで、奥さんに追いつき、そこからスパート合戦。

最後の坂も、グイグイ上がり、一緒にゴールしました!

前半より後半ハーフのほうが、速く走れ、サブフォー達成できました(ネットで3:57:××でした)♪♪
※後日ラップを確認したら、35~40kmがこの日最速で駆けた5kmでした。。
 


僕のラン人生で、二度目のサブフォーは最高の思い出とラン人生を変えてくれたルナサンダルともに獲れました。

・・・・楽しかった!!!!

大会に関わった全ての皆様、ありがとうございました!!

第11回湘南国際マラソン 最終話「自分との闘い」 完






・・・最後に叫ばしてください。



「しらす丼作戦、大成功!!!!」



おしまい。

第11回湘南国際マラソン 第二話「しらす丼作戦、決行!!」 [湘南国際マラソン]

ついにスタートゲートまで行き、「三宅さん美人や~」と奥さんの目の前で言い放ち(少しは気を使えと)スタート!!

4km先で親戚の叔父さん、叔母さんがいるのでそこを目指して進んでいく。

最初の1kmはキロ6。

まぁ、渋滞もあるししゃあない。
この日は天気が良く、西湘バイパスから江の島まできれいに見えて最高の景色でした♪

2km目は5:50/km。

3km目からは巡航モード。順調に5:30~5:40を刻んでいく。

4km地点で、叔父さん達と久しぶりの再会!ありがとうございます。。。

途中、進んでいくと高校時代のテニス部仲間から声を掛けられる。

「○○(僕の本名)先輩、ちわっす!!」
おおおお!!とか、久しぶり~とか話していたら、
「てゆーか先輩、サンダルですか?大丈夫なんですか?」
と聞かれ、後輩のほうを向いて「意外と大丈夫なんよ~♪」と後輩の方向いたら、後方のランナーさん達がすげー僕の足元見ていて、マジ恥ずかしかった・・・(;^_^A

そんなで、高校時代の友人と再会出来る地元レース。最高や・・・・。

今回も色々な所で「ワラーチがんばれ!」と声援頂き、感謝でした。。

ハイタッチしたり、応援に応えていると、「ハイテンションブースト現象(テンションが上がりペースが速くなりすぎる現象。フルの前半戦では後半失速の罠。ただしフルの後半戦やウルトラマラソンの後半であれほど元気の出る現象は他にない・・・・ ※こばすけ家 ランニング用語辞典より)」が起こり、オーバーペースになるので、そこはしっかり「しらす丼作戦」の通りに走っていく。

そうだ、、、、今回の鍵はまさに「自分をコントロールすること」だ。。。
紙に書いた計画を愚直にトレースしていくんだ。。。

途中、近所のランナーさんも沿道にいて声援を頂く。。。

茅ヶ崎に入り、10kmのラップも予定通り。

12km地点では、うちの父(ちなみに母は毎年湘南国際に出走しています)と妹の旦那さん、姪っ子、甥っ子がいて、ハイタッチ。
なぜか甥っ子が緊張していて、可愛かった・・・。。

16km地点で、アミノダイレクト粉末を取り、、、

折り返し地点が近づいてくると、少し暑くなってきた・・・・

毎度江の島水族館のあたりはすごい応援。
今回、他の大会でよく見かける仮装のランナーさんが応援でいたり、人違いでなければスポーツエイドジャパンの大会でMCをしている方もいたような・・・・

スケートパークの当たりには、妹が大会ボランティアでいて、またハイタッチ。。

その後もずっとテクテク楽しく、進んでいく。。。

復興支援エイドは、僕あんこなどの和菓子が苦手なのでパスして、ここで奥さんに少し先行しました。
その後のエイドでバナナとオレンジを食べたり、DNS(でしたっけ?)とかいうメーカーのスポドリが美味しかったり・・・・で進んでいく。
そうそう・・・今回の湘南国際マラソン、エイドがすごいパワーアップしていました。今までとは全然違う感じでした♪

茅ヶ崎では、知り合いが色々な所で応援にいてこれが本当に元気頂けました。。

途中、私設エイドでコーラとレモンスライスまで頂きました。。感謝。。
30kmの手前で2つ目のアミノダイレクト粉末を摂りました。。

そんなでよく知る茅ヶ崎も出て、ついに30km地点。
時計を見ると、計画表(5:40/kmの予定表)に対して20秒位の貯金。
・・・・俺にしては、クレバーに進められている(いらぬ自画自賛)!!

しかし・・・湘南大橋あたりから、後ろから奥さんの追撃を感じていました(奥さんの声援に応えている声が聞こえてくる)。。。
こっちはなんだか、辛くなってきてなんとかサブフォーペースを維持している感じ。。

「お先~!」とブチ抜かれ、しばらく見える範囲にいましたがすぐに先に行かれてしまいました。

この辺で何名かの裸足ランナーさんがおられました。

僕も時々裸足で走るのですが、フルを裸足で走ることはまだ考えられません。
「うおお・・・・マジすげえ・・・。今年のかすみがうらマラソンはそういえば裸足祭りだったな・・・・」
裸足で湘南平を歩いたり、少し数km走るだけでも感じていたことですが、ワラーチとか、無敵とかと、裸足は全く別物です。

すげーすげーと思っていたら、思わず、、、
一人の裸足ランナーさんに「裸足ファイト!!」と思わず声を掛けてしまいました。。

「BORN TO RUN」をまた読もうかな・・・・などと、思いつつテクテク進んでいきます。

そして西湘バイパスの手前の橋では、近所のアイアンマン先生が(何故かうちの近所にはトライアスロンやる人が多いです)!!
「奥さん、少し前にいるよ~!!」と声援を頂き、ついに西湘バイパスへ!!!

いつもグダグダになる西湘バイパス(去年はここはほぼ歩き倒しました)。
僕はここから、踏ん張れるのか。
ここまではしらす丼作戦は、作戦通り来ています。

ついに、サブ4を獲る戦いは終盤戦へ・・・・。

第11回湘南国際マラソン 最終話「自分との闘い」へ続く・・・・。

第11回湘南国際マラソン 第一話 オペレーション名は「しらす丼作戦」 [湘南国際マラソン]

今回のしらす丼作戦。

ざっくりいうと「5:30~5:40/km」のラップ(=しらす)を42匹集めておいしいしらす丼(サブフォー)しよう!!と、いう作戦です。

しかもここに、今回は「僕のフルマラソン史上、かつてない装備のミニマル化」を加えてスタートしました。

まず、ミニマル化した内容は、、、、

「ポーチ持たない」・・・いつもOS-1ジェルとジェルを二個、アミノ酸粉末5本、塩熱サプリも5個くらい必ず持っていました。

それを減らして、今回はメダリスト粉末を二個とメダリストのジェル一つ、それに芍薬甘草湯を一包、塩熱サプリは三個。それをいつもの花柄ハーパンのポケットに入れていきました。
これは、一応最近やっている朝食抜き30km走or20km走をこなせているのでそれを本番で試す感じです(脂質を使って走れるように取り組んでいます。。)。

ルナサンダルで行く。・・・・しかもちゃんと狙った所にタイムを落とせるか、それをテストしたい。
一応これも30km走では今回のしらす丼作戦のペースで出来ました。
一週間前の丹沢湖ハーフマラソンでも問題なく今回の作戦よりも速いペースで完走できました。

なので、フルでこれを出来るのかどうか。それを試したい・・・。

今回はウルトラマラソンの時ばりに、紙に5:40/kmでフルを走った際の5km毎のタイムと補給計画を書いて、、僕なりに綿密に計画を立てて挑んでみました(これも良かった・・・)。

つらくても、「我慢」。いけそうでも、「我慢」。
・・・・そして、全力で楽しむ。

そう・・・・なんでこんなに気合入っているかというと、僕の10回目のフルマラソンなんです。

今までのフルマラソン通算成績は8勝1敗(勝ち=完走。負け=DNF)。

10回目のフルマラソンはサブフォーで飾りたい。そんな気持ちです。


そんなで、気合の入るSURPASS YOUR LIMITな野辺山Tシャツを着て、会場へ行きました。

会場では、先週の丹沢湖でお話ししたランナーさんと再会出来たり、近所のランナーさんとも合えて地元のレース感をたっぷり味わいつつ、トイレへ並ぶ。。。

トイレに並んでいる時も、サンダル履きなので色々ランナーさんに話しかけて頂き楽しく過ごせました。

今回、スタートぎりぎりの8:45分までトイレへ行き、レース中トイレへ行かずに済むようにしてみました(いつもは号砲の40分前には整列してます。これもトイレに行く可能性のミニマル化)。。※これが良かった・・・♪

で、Dブロックの後方に並び、、、あっという間に、、、、


全くカウントダウンも聞こえない中、9:00を迎え、遥か先のスタート地点を目指し歩いていきます・・・・。

「こんなにスタートしました感」がないのも久しぶりだね~。。と、言いつつ、スタートしたのでありました。

次回、第11回湘南国際マラソン 「しらす丼作戦、決行!!」へ続く・・・。

【速報】湘南国際マラソン、走ってきました!! [湘南国際マラソン]

結果は・・・・


しらす丼作戦(まだ言うか ※前回のエントリー参照)、大成功!!!


前回のエントリーでは触れませんでしたが、ルナサンダルで挑みました。

30km走@キロ5:40、峠走、丹沢湖ハーフ完走、アクアライン完走、8時間耐久レース、、、
これらのルナを履いての戦いを経て、ルナでのしらす丼作戦の決行を決意しました(←おおげさな件)


2年ぶりのサブフォーが出来ました(ネットタイム)。。。

そして、ジプシーカバーをかぶって走ったのですが、おでこの真ん中に日焼けの線が思いっきり入りました(←いらぬ参加賞 笑)

これで、ハゲでボーズで、おでこがツートンカラーのおじさんとして日焼けが収まるまで過ごすこととなりました(;^_^A

そんな日焼けやら思い出やら、色々楽しいこといっぱいの湘南国際マラソンでした!!

大会運営の方々、ボランティアの方、応援の方、関わったすべての皆様、ありがとうございました!!!

湘南国際マラソン、2日前。 [湘南国際マラソン]

仕事で車を走らせているとそこかしこにある「12月4日、湘南国際マラソンの為通行規制・・・」の看板。

これを見ると、「ああ、大会が近いのね・・・」と実感します。

日曜日に丹沢湖ハーフを走り、月曜日は意図的ランオフの為通勤ランせず、昨日も朝雨だったので通勤ランせず、、、

なので、今週はもう二日走っていないので明日も普通に通勤ランしようと思います。

いつも大会前は何をするべきか、また何をしないべきか、色々情報を見ているうちに訳がわからなくなり、色々試しましたが、現状「普段通り過ごす」が一番いいのかな・・・といった感じです。

通勤ランも、最短コースなら片道4km、ペースものんびりキロ7で行きます。

ペースを上げると負荷も変わってくるので、アレなんでしょうが、これくらいならば動いたほうがいいような気がします。。痛みがあったら走りませんが。

====
今回の湘南国際マラソンは、なんとか4時間を切りたいと思っています。

青山学院の原監督ではありませんが、マネして作戦名を作ってみようと思います。

その名も、、、

「湘南しらす丼作戦!!」

・・・その心は?

しらすの一つ一つ(=ラップ)は小さいが、それらが大量にまとまって丼(=結果)になれば超おいしいごはん(=サブフォー)になる・・・・みたいな感じ。






・・・orz

・・・・とにかく、5:30~5:40/kmのラップを42個集めてサブフォーしたいと思います。。

自戒を込めて書きますが、僕は前半突っ込んで、後半ダメダメをもう過去に三回やっています。
前回の湘南は30kmまでは3時間30分を狙える所まで行きましたがそこから嘔吐やら心が折れるでいつも通りのタイムでゴールしたりとか、、、

とにかく、前半戦、江の島水族館までは5:40/kmで、制限速度を守りつつ行きたいと思います。。

今回は、過去の反省も踏まえクレバーに走りたいなぁと思います。

・・・・色々難しいことも目標も書きましたが、とにかく楽しみな二日前です♪

第10回湘南国際マラソン 地獄で見た自分の楽しみ方 [湘南国際マラソン]

♪カエルのうたが~聞こえてくるよ~♪

・・・・などと口ずさんだかは別として、ゲロゲロしちゃった僕。

ここはウルトラで覚えた、「あの道路標識までは走る、そこから次の標識までは歩く」ルールを発動。

・・・・しかし100m位で走るとおえっとなる。道路標識まで行けない。
僕自身の標識が「一時停止」。

そんなこんなで4時間のペースメーカーに抜かれる。

気合いで食らいつくが、おえっとなり戦意喪失。

・・・・・。。

・・・。

・・。

・。

「楽しめばいいじゃん!祭りだし!」

そこからは気楽なもんだった。

逆に今までの道のりより楽しかった。

「挫折禁止」とカードを持ったボランティアさんに、「これめっちゃ今の僕です。でもめいっぱい楽しんでゴールします!!」と話したり。
応援してくださる方とお話ししながら進んだり。

そんなこんなで奥さんにも抜かれる。

・・・・・あいつは・・・・・なんでブランクあったのにこんなに強いんだ・・・・・。。。

背中に向かって、「なんとかネットタイム(でしたっけ?)ならサブ4いけるぞ!託した!!」とエール。

そんなで楽しみながら進んでいくが、口の中がいかんせんゲロゲーロ味。
こんなのは学生時代の飲み会以来(真面目に学生しろと言いたい件)。

そんなこんなで40km地点。

ここで水で口をすすぎ・・・・最後の2kmくらいは走りたい!

・・・・おえっとなり走れない(笑)

・・・・少し走り・・・・歩き・・・・走り・・・・座り込み・・・帰ってきた!!

最後の坂を登り・・・これは足柄峠と比べればなんのその。最後位グイグイ登る。

来た!ゴールゲート!!

朝、奥さんと「鬼が島のシルエットみたい」と言った例のゴールゲートが。

よっしゃゴール!!!

タイムは鉄板の4時間15分!!!

どんな内容でも、どんなタイムでもゴールの瞬間は幸せで笑ってしまえるのはゴールの魔法だな・・・・などと思いつつゴール!!

今回楽しかったのは、夏に近所のアイアンマンの方々と飲む機会があり、その方々と一緒に参加し、スタート前、ゴール後も一緒に色々お話ししながら参加できたのが本当に楽しかった。
そして失速後の応援の方々やボランティアの方々とのやりとり。

僕のランニングはまだまだタイムも狙う時もあるし、実際狙うと思いますが、ガチで走るより、ある程度心とスピードに余裕を持って、楽しんで走ったほうがどうも性にはあうようです。。。。

本当に楽しかった!
大会に関わったすべての方々、ありがとうございました。

・・・・次なるお祭りは・・・・・「館山若潮マラソン」!!

・・・・・お腹の調子は・・・もう今すっかり元気で通勤ランも再開しました♪


にほんブログ村

第10回湘南国際マラソン 天国と地獄 天国編  [湘南国際マラソン]

・・・すごい久しぶりの更新となりました。

この更新していない間、クソみたいに仕事が忙しくなり、楽しみにしていた陣馬山トレイルは休日出勤でなくなり、走れなくなったうちの奥さんは色々あって走れるようになり、復活レース。

僕は、この日までスピード走を重ね、3時間30分~3時間40分ゴールを近くを柄にもなく狙ってみよう、という試み。

夏以降、サンダルで走っても4分台後半で走れた。20kmまでならいける感じ。

今思えば、サンダルで、、とかは問題じゃなく、レースペースでの30km走してなかったよね・・・・
マラニックはもっと長い距離してたけど・・・・ゆっくりペースですしね。。

そんなことを号砲前に考えることもなく、スタート!!!

久しぶりの大会はやっぱり楽しい♪
こんなに大勢の方に声をかけて頂きつつ走れるなんて幸せだ~、、と進んでいく。

もう、とにかく快調だった。途中、尿意に負けて茅ヶ崎公園でトイレにいったけどハーフまでは5:00/kmで刻めている、体も軽い、息も上がらない、こりゃあいけるぞ・・・・と進んでいく。

途中、辻堂あたりでお腹に変な痛み。。

?・?????

・・・・これ、未経験な種類なんだけど・・・・・

途中エイドで食べ物を頂くと、好きなものなのにえずいてしまう。
汚い話だけど、戻してしまった。。

????

何摂っても戻してしまう。味のついた食べ物、ジェル、、、、

ええええ?

ウルトラでもこんなことなかったんですが・・・・・

そんなこんなでおにぎりエイドでも食べることを試みるが、口に入れた瞬間、嘔吐。。

食べることで走りをつなぐ僕としては大パニック。

ボランティアの人に「大丈夫ですか?」と何度も声掛けして頂く。
食べ物を頂いた瞬間両手で口を押えてトイレにダッシュしてあんだけ涙目でトイレから出てきたらドン引きですよね。。

本当折角用意して頂いたものをすみません。心配して頂き、ありがとうございます。
何回道中で言ったかわからない。

補給がうまくいかないどころか、胃の中のものをすべて出してしまい、西湘バイパスに着くころには足の痙攣まで始まる。

よし、芍薬甘草湯を、、、、これもゲロゲーロ。

西湘バイパス上で、「アカーン!!これダメなやつじゃん!!!」と叫びたくなった。。。

この時久しぶりに時計を見る、ここまではなんとか自己ベスト達成のペースで来ているけど、ハーフからここまでのペース落ち具合は半端ない。

痙攣が起こり始めた足と、ゲロゲーロな僕のお腹、そして静かで穏やかな湘南の海。

思わず笑いながら、海を眺めてここからゴールまで自分をどう連れて行くか、立ち尽くしてしまった(笑)

後半へつづく・・・

第8回湘南国際マラソン完走記 [湘南国際マラソン]

湘南国際マラソン前夜、すべての荷物のチェックを終え、去年リタイアした「ちばアクアラインマラソン」のゼッケンやら大会要項を読んでいた。

思い出すあの無力感。
なぜこんなに足が出ないのか、つるのか、テニスの時と一緒で結局ケガで満足に出来ないのか。
いや、それ以前にフルマラソンを走る練習を「やった」と言えるほど練習したのか?
・・・・答えは「ノー」だった。

舐めていた自分。

自分を変える!!変えたい!
その一心でこの一年走ってきた。

2月の神奈川マラソン、ベストを更新を狙わず「突っ込まず、最後まで歩かないで二時間切り達成」を掲げ、達成。

その後、「ケガせず月間120km超え」「1km6分ペースで42.195km走れること」この二つに絞り毎月一人or奥さんとハーフマラソン走、そして仕上げの30km走もなんとか30kmを3時間で走れ、いわば万全の状態で挑む。

あとは気持ちが折れないこと。初完走、4時間15分切りを目標に、走るのみだ。

そして当日。
Fブロックからのスタート。

後ろからのスタートなので当然号砲も聞こえない。ゆるゆるスタートだ。
大磯から平塚は渋滞もありゆっくり進むので余裕ですぎていく。
さすがは大規模大会・・・・沿道の応援の方がすごい・・・・・・!!!!

そして茅ヶ崎へ。
職場の同僚が応援に来てくれてる!!
入社して一年。まさか応援に来てもらえるとは・・・・感謝。感謝。
なんとか無事完走の報告をしたい。と、完走への思いを強くする。

茅ヶ崎の実家付近では親父と妹と妹の子供達が!!
姪っ子はなぜか緊張した様子で水とチョコレートをくれる。
真面目な姪っ子。おっさんはがんばるよ。

「ありがとうね~!」と辻堂へ。

練習をほぼ一緒にしていた奥さんもこの辺までは一緒。
奥さんはレース前に「adizero boston4(だっけか?)」というソールの薄いシューズを購入。
月間走行距離やら今までのタイム、そして今までのアシックス「GT-NEWYORK2000」で問題なく、故障なく走れている点などを踏まえ、もうすこしスピードの出る靴を・・・・ということを店員さんと色々相談しアドバイスもらいながら購入。
今日もadizeroで走っている。
走り心地を聞くと「問題なし!」とのこと。快調ですなぁ。

僕はというと今までのGEL-KAYANO17のソールがだいぶすり減っていたのでミズノのWAVE RIDER17を購入。
故障がちな僕は薄いソールはまだ早いでしょう・・・。
でもWAVE RIDER、いいんです。。。。

辻堂あたりへ突入。

江の島付近では、数年振りの知人とコース上で再会し、あいさつして先に行かせてもらった。

なぜか沿道の応援ではベイスターズの夏イベント「STAR NIGHT」ユニホームを着て応援に来ている人が多くおり、「来年はCS行きましょう!!」などとこちらからも声を掛ける。
しみじみ地元のレースだ・・・・と思う。
千葉では当然ロッテとか巨人。柏レイソルもいたなぁ。レイソルはサッカーか。

・・・・などと思っていると江の島の折り返し地点へ。すげぇ人。
人見知りする僕もハイタッチで元気をもらう。
フラダンスの人たちにも元気をもらう。。。

そして辻堂海浜公園前、小学校の時よく遊びに行ったっけか・・・・
と思い出迷子になりかけたあたりから奥さんとの距離が開き始める。
ん?と思い手元の時計を見るもペースダウンは俺してない・・・・
「あいつがすごいのだ」と思い追いかけるのをやめる。

後で折り返しまで待って茅ヶ崎の菱沼海岸付近で応援してくれてた妹たちの話だと俺と奥さんは2分差程度、開いてたらしい。
妹たちの所で手を振って「ありがとう」と答える。
・・・・まだ、30kmにも行っていない。
しかしまだ余裕がある。
なぜかここで「北斗の拳」の「昔のケンシロウではないな・・・・」というフレーズを思い出す。

そしてサザンビーチ交差点のあたりではまさかの職場の同僚が折り返しも待っていてくれるというサプライズ!!
・・・・元気頂きました。。。

湘南大橋も渡り、ついに30km地点。
時計を見ると3時間4分と信じられない数字が!!
練習で走れていたとはいえ、正直ここまでできるとは。

しかし30km過ぎるとだんだん体がしんどくなってくる。
エイドでは水やらバナナやら補給食を頂きまくって、何かのグルメツアーかというくらい食いまくってここまで来たけどまだ腹が減る。
アミノバリューの粉末でむせてブッホーとなり、エイドの方に爆笑される。
エイドの方には本当感謝です。ありがとうございます。

35kmあたりで右ふとももあたりに攣る前兆が。

あわてて芍薬甘草蕩(?)の粉末を摂る。
「あと一つあるからラストは攣った時に・・・・」と思いスパイベルトの中を見ると「・・・・ない」。
落としたらしい(笑)
いいさいいさ、攣っても死なないよ。
攣っても俺、学生の時試合続行したし!・・・・と訳のわからないことを思う。
ちなみにその試合は泥試合の末、負けた。
ボールを追いかけで攣って転んで、泥まみれ。
泥試合をして泥まみれ。
スクールウォーズの撮影ですか?というくらい泥まみれ。

急にあの先生の「お前たち・・・・悔しくないのか?」を思い出す。

そんなことを思っていたら、ついに他の方のブログでもよく「心が折れる」と言われている大磯ロングビーチのゴール地点の前を素通りする地点に来る。

ブログ村の方のブログやら見ているとみんなすごすぎ・・・・としか思わない。
そのような方たちをして「心が折れる」というこの素通り地点。

子供の頃やったスーパーマリオ見たく、隠し通路はないのか?とかくだらないことを思っていたらその時だった。

・・・・攣った。

おおおお・・・・・いてえ。

ストレッチをするも簡単には収まらない感じ。
少し収まったので歩いて見る。
なぜか時計を見る。
4時間15分切りはダメか・・・・。

「悔しいです!!!」

スクールウォーズのあの音楽で脳内でかかったのか、なぜかゆっくり走り出した。
きっとあんまり覚えてないけど、悔しかったのと、4時間15分切りとかタイムを意識している自分に対して何故かうれしかったのを覚えている。
そこまで成長したのか自分。一年前はタイムどころじゃなかった。

そんなものは次すりゃいいんだ。
別に記録がほしくて走っているんじゃない。この瞬間を楽しんで・・・・そして・・・・・

俺はフィニッシュゲートをくぐるんだっ!!!

反対側の二宮インターを折り返したランナーの中に奥さんを発見。
はええなぁ。
4時間15分切りは託したよ。
「がんばれ!!」とエール交換。

二宮インターが見えてきた。

ふふふ・・・・奥さんとドライブした時はあんなに近い二宮がここまで遠いとは・・・・
もうわけがわからない。

足攣った以外に痛む箇所もない。しんどいけどとりあえず前へ前へだ。

足さえ前へ進んでいればなんとかなる。遠くへいける。
・・・・もはや俺の人生訓として心に刻まれているフレーズ。

色々な過去の失敗やらを思い出していた。
本当自分は意志の弱い人間だと思う。
弱いくせに虚勢を張り、できないことをやり、失敗する。

そのたびに「もうダメだ」と思ったが何とかなっている。

それは自分どうこうよりも、周囲だったり、運だったり、の要素が強いと思う。
ええかっこしいだった自分はそれをやめたくらいしか変化はないかも。
もっというと何も変わっていないかもしれない。

それでも泥臭く、前へ前へだ。

そう思っていたら、ついに大磯へ帰ってきた!
最後のでかい坂を駆け上がり、ついにフィニッシュ!!!

・・・泣くかもしれないと思っていたフル完走は思ったよりあっけなく終わり、そして走る楽しさを山ほど味あわせてくれた。
泣くことはなかったけど、たくさん笑いました。

もっと走りたい。遠くへ、速く。・・・・・となぜか思ったけどそれはとりあえずこの大会の疲れが取れてから。

奥さんとその後会場で会い、4時間15分切りを達成。
最後は足裏が痛んだとのことだったが最後まで歩かず完走したらしい。
うちの奥さんは強い。

自分はというと・・・・

第8回湘南国際マラソン:4時間32分12秒(手元の時計)

そして僕の母親も初フルを見事に完走。
これがある意味一番すごいかも・・・・・。

そんなこんなで一年前のリベンジをかまし、完走してきました!!!
失速の原因とか、いろいろ反省点もあるけど、今日はとりあえず喜びたい。
・・・そんな一日でした。

大会運営の方、応援に来てくれた方々、大会にかかわったすべての方、ありがとうございました。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
湘南国際マラソン ブログトップ