So-net無料ブログ作成
検索選択
つくばマラソン ブログトップ

決戦!つくばマラソン エピソード2 [つくばマラソン]

昨日アップした記事の誤字脱字の多さに、自分の低スペックぶりを再確認。。。。

まぁいいか!

~前回のあらすじ~
ハーフまで過去のフルマラソンでは見ることのない二時間切りで通過した自分。
ネガティブなことも頭の中を去来するがいかに!?

・・・・なんでだろう。
楽だ。・・・・・罠だ。これは罠だ。
残念な自分は楽なことをプラスにすぐにはとらえられない心の持ち主。

・・・・でも楽だ。

流れるようになどと思って走ってるけど、本当に楽だ。

でも罠でしょ。

要因を考えてこの時思ったのは、夏からのルナサンダルランニング。
距離にして最長30km。
速度にして6分/kmまで上げられるようになっていた。

最近はランニング足袋・無敵でひたすら通勤ラン。
そして「ミッドフット着地」しやすいと売り出されていて試着して気に入ったRC1300。

この靴、無敵とか、ルナで走る走り方でそのまま走ると僕の今まででは考えられないペースと楽さで走れるのは感じていたけど・・・・まさかここまでとは・・・・・。

・・・・ついにクルマの中で散々聞いたaikoの新曲が頭で流れ始めた。「私の向こう」だったかな。
完全に私のなかで、タイトルは「つくばの向こう」でしたが。
走ってる時にいいですね。。

途中、エイドでバナナを頂く。うますぎる・・・・。。
25km当たりで少し足に痙攣の兆候が出たので芍薬甘草湯を投入。

この日、タイムを何狙うとかは別で、決めていたことがあった。
それはどんな違和感があっても、しんどくても「気のせい」と思うことにすること。
どっかおかしければ食べて気を紛らわす。
声を出す、笑う、ハイタッチをして頂く、なんでもいいので何かをして自分を叱咤し、すべて「気のせい」とする。

だからこの痙攣もいちおう芍薬甘草湯投入するけど、「気のせい」で処理。

そんなこんなで30km地点も通過。

5km毎に28分はオーバーしないように・・・・という大ざっぱなプランだけど、今のところできてる。
本当考えられないタイムで通過してる。
自分でしていることなのに、ドッキリではないかと思ってしまう。

途中であまりにも腹が減って、エイドでバナナを三本頂き、アミノバリュー粉末と飲み物を頂く。
これは大きなタイムロスだったけど、後々考えるとこれはいい選択だった。

そんなこんなで、30~35kmのラップは29分台。
この辺でコーラを出してくださっている私設エイドがあって、二杯ほど頂いた。。。
うますぎる。いつも夏のロング走では途中で炭酸とアイスはお楽しみだったが、今日飲むコーラは格別だ。

復活して36kmのラップは5分台後半。

よし。こっからは時計はなしだ。あとゴールまで通勤ラン一回分だ。
そう決めて、ここからはペースを上げてみることにした。

・・・・・ここからは本当につらかった。何回も歩きたくなった。
・・・・でも歩きたいのも「気のせい」。

やるんだやるんだ。立ち向かうんだ。・・・そんなことばかり頭の中で念じていた。

個人的にこのレースの結果よりもうれしかったのが35~40kmのラップが26分台だったことだった。
この日最高の速度で走った5kmだった。

しかししんどい。息がすげー上がる。これも「気のせい」。

このあたりで頂いた応援は本当に熱い、ありがたい応援だった。
「サブフォーのペースメーカーにも追いつけるぞ!」
「(聞き間違いでなければ)湘南のTシャツの子、ナイスラン!」・・・・などなど。
※この日は昨年の湘南国際マラソンの参加賞Tシャツで出場していました。

名指しで頂いた応援には、頷くだけしかできませんでしたが・・・・ありがとうございました。

筑波大学に入り、ついにゴールゲートが。すげー声援。
「走れー!」とかいろいろ聞こえてくる。
「あー!!」「まだ間に合う!」とか悲鳴が色々聞こえる。
とにかく前にいるランナーさんがすげぇダッシュ。そしてすごい声援。

なんでこんなすげーテンションなんだ?と不思議に思い、ゴールの横にある時計を見ると「03:59:55」とかだった。

そういえば、必死で忘れてたけど、「ペースメーカーにも追いつけるぞ」って応援で言ってる人が多くいたような・・・・・。。あわわわわw・・・・!!

とりあえずさらにダッシュ!

・・・・したけど、無情にもグロスでは4時間08秒。

しかし!!手元の時計では、3時間55分でした♪

念願のサブフォー達成!!!

奥さんも3分後にはゴールし、二人でしばらくは動けない感じでした。

夫婦でサブフォー達成できて、本当によかった♪

そんなこんなで家路につき、初めて奥さんにフルで勝った僕は、奥さんから「師匠」とからかわれるのでありました・・・・。

とてもきれいな景色で楽しい大会でした!運営の皆様、応援の皆様、一緒に大会を走った皆様、ありがとうございました。

~決戦!つくばマラソン編 完

~後日談~
そんな奥さん、冬のトレーニング用にと今日ビブラムファイブフィンガーズ購入しました。
・・・・リベンジする気、満々じゃないっすか。。。

決戦!つくばマラソン エピソード1 [つくばマラソン]

朝は鉄板の3時起き。

地元から南流山の駅まで車で一時間半。

クルマの中では奥さんごひいきのaikoの新曲。耳に残る。
自分も学生時代の大会朝に必ず聴いていたB`zの「さまよえる蒼い弾丸」をかけてもらう。

この時はこの音楽の力をまだ僕は知らない。
まさに今日レース中に頭の中に流れまくる曲になるとは。

そんなこんなでつくばエクスプレスに乗り、シャトルバスに乗り、会場へ。

今回のプランは喘息もどきもあるし、無理しない。サブフォーは体調がベストになってから。

・・・・・・だった。

でも心の中で反芻していることがあった。

それは、アクアラインマラソンの後、川の道フットレースや神宮24時間、UTMF、また様々やブロガーさんのフルマラソンへの思いやらレポートを読んでいて、「俺はこんなに燃えて、熱くなって走っているか?」ということだった。
・・・いやいや、道楽だから!って言う自分と燃えるような思いをもって走ってみたい気持ちの自分と半々のまま、レース当日、Eブロックの所でスタート3分前になっていた。

そしてついにスタート。
奥さんと健闘を誓うハイタッチ。

1km通過。時計を見る。6:00/km位。
と、思ったと同時に、「さまよえる蒼い弾丸」状態に僕の心はなった。

「飛びだしゃいい、泣き出しそうな心を蹴って」

気が付いたら奥さんの前に出て、その後ゴールまで後ろを見ることもなく突っ走っていった。

30kmの壁?オーバーペース?・・・・まずやってみる。その精神で!

もうリタイアも含めれば5回目のフルマラソンだ。つぶれてもなんとかなる!

「前へ」!

・・・・ということで、走りだして時計を見ると僕にしては驚愕のラップ「5:20/km」あわわ・・・・

なんどか調節して5:30/km位まで落ち着け、巡航モードへ。
とにかく力まない、スムーズに。脱力脱力。

えらい長い直線の所では、ロッキーのテーマを流してくださっている方が!
ロッキーの曲はマラソン中、心を揺さぶられますね。

この時サブスリーランナーさん達とすれちがうが、みんな苦しそう。
みんな苦しみを超えてサブスリー取ってるんだ・・・・
そんな当たり前のなんですが、とても勇気を頂いた。

そんなこんなでハーフ通過。この時2時間を切るペースで通過。

「俺フルマラソンでハーフを二時間切りで通過するの多分初めてだ・・・・・」

ここでかなり、「オーバーペース」とかそういうネガティブな単語が一瞬出た弱気な自分。

細かい記憶はないが、自分と激闘を繰り広げた、後半戦へ続く・・・・。

決戦!つくばマラソン エピソード0 [つくばマラソン]

最近、うぬぼれ刑事の再放送を録画するのが日課&見るのが楽しみで仕事がんばってます。。

それはさておき、何気なくニューバランスのサイトをふらふらしていたら、先日自分の買ったシューズが。

「決戦用シューズ」などと書いてある。。。

やばい・・・オラそんなテンションじゃないよ!ごめんなさいニューバランスさん。

そんなこんなでもうあさってになるつくばマラソン。


得意先の人(ランナーさん)から、電話切り際に「つくばでサブフォーとってくださいね!」と言われ「がんばりま~す(遠い目)」としか返事できない(笑)

距離だけは走り始めてから最高の数字を走ってるけど、いかんせんペース走とか、速くとかまったくしていないのでサブフォーペースで走ると20kmとかで終わってしまう気がする。

しかしまぁ楽しんで走って・・・・いや、いける所まで狙うのが男だろ!とも思う。

と、いうわけで遠慮なく決戦用シューズを履いて決戦してきます。

縁起をかついで、去年の湘南国際参加賞Tシャツと花柄ハーパンの自己ベストを出した、「2013板橋スタイル」で決戦します。

そんなつくば、二日前。
つくばマラソン ブログトップ