So-net無料ブログ作成

僕がお腹をどうにかしたい理由。 [日々雑感。]

僕がお腹をどうにかしたい理由は、だいたい100個位あって・・・

一つ目は、ランタイツの上に肉が乗っていること。

二つ目は、喘息の診察の時、聴診器を当てるとき、上着をめくると悲惨なこと。

三つ目は、昔は腹筋6つだったのにな・・・・


くるりのハイウェイのパクリはこの辺にしますが、とにかくなんとかしたいと最近思い立ちました。

もやしっ子体形の僕ですが、まさに「私、脱ぐとすごいんです」状態。

なんとかしなくては、なんとかしなくては、、、

髪はもういい。しかしお腹は、、、お腹は、、、、努力でなんとかできる(ちなみに髪も植毛とかリーブ21以外はだいたい試した・・・(いらぬカミングアウト))!!


よって、体幹トレに腹筋も加えました。。

気合で習慣化してこのお腹とサヨナラします。

そう、お腹の脂肪のミニマリズム。

くそう、モノは捨てればすぐなくなるが、脂肪は手ごわいぞ・・・・


振り返れば、全ていいんです。 [日々雑感。]

・・・病院で先日処方してもらったキプレスと、吸引ステロイド(製品名忘れた)。

僕が遠い昔にMRしてた頃、エアゾールタイプのステロイドを販売しているメーカーにいたので粉を吸うタイプの製品は目の敵にしていましたが、今では、粉タイプ様様ですねぇ。

そんな昔のサラリーマン時代を思い出しつつ、お薬のおかげで空咳地獄から抜け出しつつあります。。

そんな過去に思いを馳せつつ、空咳していたらもう12月です。

今日仕事納めで、明日から冬休みです。
年末は、VFFとクラウドレーサーで走り回ってやろうと思います♪♪

今年を振り返ると、まぁよく走ったなぁと。年間で3000kmを超えそうです(;^_^A

大会でも色々出会いがあり、本当に色々感謝です♪
仕事のほうも、色々感謝です。
家族にも感謝です。

=====

僕、ランニングの大会では、どんなタイムでも、どんなにしんどくても、ゴールでは笑ってしまいます。

人生も瞬間瞬間でしんどかったり、自分の望む方向に行かないことも多々あるとは思いますが、振り返った時には、「良かった。感謝やね」と笑って言えるようにありたいと思っています。

今後も、身軽に走り、モノは少なく、のんびり、少しだけ真面目に日々過ごしていきたいと思います。。

これが2016年のブログ納めです。

読んでくださったすべての皆様、ありがとうございました!!
来年も気の向くままに書いていこうと思います。
来年もよろしくお願い致します。。

暮らしの「足し」「引き」は続く [日々雑感。]

2月頃から「毎日更新」を掲げ、なるべく更新をしてきました。

当時の決意表明みたいな記事を読むと「文章力」を付けるため。。。

文章力がついたかどうかはわかりませんが、半年という期間継続出来たことに驚きを感じております。

最近更新がちょっとだけ減ったのは、「デジタルデトックス」という言葉をたまたま見かけ、少しだけ実践しているからです。

僕は時々この半年間の更新の中でも触れてきましたが、ここ何年も「減らす」ことに取り組んでおります。

ここ最近で「増やした」のはブログと走る距離くらいです。

ちょっと家でインターネットから離れて、何もしない時間や、ブログの更新の時間を何もしない時間にあててみることでどういう変化が自分にあるのかわかりませんが少しやってみようと思います。。。


僕の持ち物、日々の行動を見直していき、どういう方向性に行くのかは見えてきませんが「面白い」と思ったことはやってみてそこから「足し」「引き」をしていき、自分の最適量を見つけていく・・・・ということをここ何年もしております。

これがなかなか楽しいです。

ここ数年で大きな手放したものは、スマホでした。
スマホ、ベッド、クッションの効いたランニングシューズ、その他「いつか」と取っておいたモノたち・・・・。

手放したモノ・コトも、何かをきっかけに「増やす」かもしれません。
まだ自分の最適量を模索中なのでどういう結論が出るかは、それこそ風に吹かれている感じです。

そんな中でブログを減らしてみようと思いました。

なので、ちょっとブログの更新は以前のような感じになっていくかと思います。。

「更新を増やします」と宣言して、今に至るので、しっかり線を引いて、、、

「ブログの更新頻度を減らします」

・・・と宣言致します(誰にだ?・・・というツッコミはなしでお願いします)


僕の暮らしの「足し」「引き」はこれからも続いていきます。

方向性としては、小さく、少なく、、、、、です。

ツイッターやってないのでここでつぶやく話。 [日々雑感。]

別に好きとか嫌いとかじゃなくて、ただただつぶやきたくなったこと。



「蓮舫さんが会社にいたら、俺、間違いなく心を病むか退職するわ・・・・」



あんな青筋たてて、けたたましく追及する人が上司にいたらと思うと本当恐ろしい。

もっと言えば、上司じゃなくても、他の人が追及されてても無理かも。

その証拠に、ニュースで蓮舫さんが出ると、僕テレビ消します(笑)

どうも昔からあの手の人は苦手です。

あんな感じの人いたら、「BORN TO RUN」のタラウマラ族じゃないですが走って逃げますね(;^_^A

そんな呟きでした。

静かな夜。 [日々雑感。]

最近はプロ野球もひと段落ついて(まだCSありますが・・・東京ドーム行きます!!)、あまりやっていないのでテレビがついていることが少なくなりました。

ベイスターズが試合していれば、必ずテレビついていますので我が家のリビングはプロ野球が終わるとテレビは消えていることが多いです。

それなので、途端にこの時期から我が家は静かになります。

テレビはつけていれば楽しいことも多いのですが、ダラダラつけているのもどうか・・・と思うので見たい番組がある時以外はなるべく消すようにしております。

この静かな夜の感じ。

いいんです。

普段テレビつけていたら聞こえない、くるみ嬢の乾燥牧草を咀嚼する音、風の音、対面のお宅のおじさまの素敵な歌声、隣の家のウクレレの音、この時期だと虫の鳴き声・・・。

新聞やら、本を読みながらこの贅沢な静かさを満喫する。

これ、最高にいいんですよね・・・・。

雨に降られた通勤ランとここ数年の思考の変化 [日々雑感。]

・・・・筋肉痛はだいぶ取れました♪
今日の通勤ランは8:00/kmで走り、ペースの割には汗だくで、帰りは雨に降られてびしょ濡れになりました(;^_^A

今日は、ちょっと日々思っていることをば。

時々、「モノをもたないようにしている」とか過去の記事で「ファイトクラブのタイラー・ダーデンがうんたらかんたら・・・」とか書いていたことがありますが、本当ここ数年、2010年当たりからでしょうか、持っているモノをとにかく減らすようになりました。

元々所有物は多くないほうですが、今思えばブランドに振り回された変な買い物をしていたり(かつてはブランドもの好きです。。。今もか?)、不要なモノを溜めていたり、余計なストックがあったり・・・

それらを何年もかけて「これいるか?」「これ必要か?」と自分に問い手放してきました。
気が付いたら、だいぶ持ち物が少なくなりました。

なるべく最小限に、小さく、コンパクトに・・・

働く量にしても、買う量にしても、遊びにしても、食べるにしても、やりだすとキリがない。
広告とか、世の中の「普通、こうするよね」に合わせて消費していると、もう消費の奴隷状態。

どこかで「僕、これくらいでいいです。」という線を引かないと本当にキリがなく、
いつまでたっても満たされない感じになります。
欲の奴隷状態。

そんな消費と欲の奴隷になるのは御免だ!!



・・・と、思い、暮らしております。

最近のお楽しみ。TVKのウルトラマン。 [日々雑感。]

最近新聞のテレビ欄を見ていて気付いたのですが地元TVKテレビで日曜夜にウルトラマンをやっていることを発見し、録画して見ています。

今週はジャミラがでる「故郷は地球」の話でした。

この話は僕が小さい頃に見たウルトラマンの話の中で一番印象に残っていた話でした。

街を破壊するジャミラにイデ隊員が「おいジャミラ!お前にはもう人間の心は残ってないのかよ!」と叫ぶシーン。

一瞬その叫びを聞いたジャミラにも間ができます。

劇中に特にその間について語られることもなく、受け手の解釈に委ねられている感じなのですがなんとも言えないシーンです。

最終話まで、コンプリートしたいと思います。。


========================================

今日も、せっかくの休みなのですが生憎の天気です。

掃除して新聞読んで、静かに過ごしています。
テレビも消して、静かな所で過ごすのもいい休養です。。

それにしても、「ウルトラマン」と打ち込むのを今回の記事で何回かしましたがほぼ毎回「ウルトラマラソン」とタタタッと打ち込んでしまうことがあり、自分はウルトラマラソンというワードを何回打ち込んできているのか、そしてハマり具合にドン引きするのでありました(;^_^A

無駄な自意識など捨ててしまえばいいのだと思った夕方 [日々雑感。]

どうしても、日々仕事をする中で、その他人間関係の中で、人から嫌われたくない、どう思われるか気になる、、、、そういった無駄な自意識が僕の中では強くあり、気が付くと自分の為の行動のはずが周りからどう思われるかを最重点に置いた行動や思考パターンとなることが多々あり、改めて、無駄な自意識のミニマリズムを行う必要があると思いました。

日々、為すべきことを為す。

ただ、それだけです。

今日は、通勤ランもお休みしました。
なんだか、朝だるーい感じだったので(;^_^A

走り込みももちろんですが、ちょっと静かに一人で過ごす時間や、自然の中に身を置いて、色々リフレッシュしていこうと思います。。

言葉で自らをコントロールする [日々雑感。]

去年のウルトラマラソン挑戦前に藁にもすがる思いで購入した岩本さんの本。

色々書いてあって、もうかれこれ4~5回読み返していますがこれって実生活にも当てはまるなと思った話。

その本で書かれていることは、もちろんウルトラ完走に向けてのハウツーが中心なのですが、レース中の精神的なマネージメントについても書かれていて、「ネガティブ発言禁止」と言うものがあります。

「実は足のここが痛くて・・・」
「実は寝不足で・・・」

とかの類です。

確かにウルトラマラソンの道中は、出来るだけ頭をポジティブクルクルパーの状態に近づけて(これを戦略的クルクルパーと呼ぶ)走るようにしてます。理知的にするのは、補給とマナーを守ること、そしてペース管理のみ。
まともに100kmとかの距離を考えるとか体の状態を考えると、ネガティブ発言しか出ないからです。

確かに、テニスでサーブを打つ前は、「俺は出来る、俺は出来る」「一番得意なことをする」「今までやってきたことをするだけ」などと、ブツブツ言ってから打っていた。

そんなネガティブで弱気な僕は、戦略的クルクルパーによりなんとか物事をこなしてきてます。

昨日、ちょっと仕事で許しがたいトラブルが起こり、100%相手に落ち度があるものの何故か頭を下げるのも、大損するのも、こっちという状況となり、そのトラブルの相手とは何度もこの手のことが続いており、ついに堪忍袋の緒が切れてしまい、相手には淡々と対応したもののその後戻った会社で「あれ、本当クソですよ!人のことなんだと思ってんすか!マジむかつきますわ!!」と悪態をつきまくってしまいました。

その後も怒りは収まらず、帰宅はまさかのキロ3:50/kmを叩き出すペースで帰りました。

・・・・でも思いました。

別に悪態ついても、クソだのなんだの言っても、何も変わらないんですよね。
相手を論破しても、事実が変わるわけでもなし。
むしろ、悪態ついて気分が悪くなったのは僕のほうでした(そして僕の悪態を聞いた同僚)。

いつも思うことですが、こういう時は淡々と対応して淡々とこなしていくことが肝要で、別に怒った所で何も変わらないんですよね。

そう思うと、この場でも「ネガティブ発言禁止」の戦略的クルクルパーが必要と思いました。

その戦略的クルクルパーにて、感謝の言葉を・・・・言ってやろうと思います。

「理不尽な状況で頭を下げるという機会を与えてくださり、ありがとうございます!!!」
「この機会のおかげで、少しはマシな大人に近づけたと思います!!」
「悪態をついても、自分が気分悪くなるということを気づかせて頂き、ありがとうございます!」
「ネガティブ発言禁止、等と言葉で自分をコントロールするということを再確認させて頂き、ありがとうございます!!!」

・・・・なんか、強引な感じもしますがこれくらいで良いと思いました。

なんか、何言ってるんだかわからない記事になってしまいましたが言葉で自らをコントロールすることの重要性を感じたので書いてみました。

あぁ、日々こんなことで感情を乱されずに淡々と暮らしていける人になりたいです。



「ワイルドライフ」に見た子育て論 [日々雑感。]

先日BSプレミアムで「ワイルドライフ」という番組を見ました。
内容は、ニホンカモシカが日本の四季の移り変わりの中でどう暮らしているのか?
みたいな内容を一組のニホンカモシカの親子を美しい四季を移り変わる山の景色とともに追っていくドキュメント番組みたいな感じ。

詳細は省きますが、この子育てはスパルタ。

ニホンカモシカは断崖絶壁で暮らす種なので断崖絶壁で暮らすスキルを身につけなきゃ生きていけないのですが、親が先に絶壁を登り子が来るのをひたすら待つ。
番組内での解説では、失敗して死ぬ子もいるらしい。
これ、人間がやったら絶対親が手取り足取りやって、ヘルメットから防具一式を親がつけて、何かあった時の責任は誰が取るのか、、、、とかなりそうですよね(;^_^A

その他親が教える、飯の食べ方、暮らし方も、そういったスパルタな感じで子に叩き込んでいく。

そして最後、子が一人前に育ったら親が子を追いかけまわして親の縄張りから追い出す。
究極の子離れ・親離れ、みたいな感じ。

僕の拙い文章ではこんな感じですが、前述の親が子を縄張りから追い出すために追いかけまわすシーンは子のいない僕ですらジーンとくる内容でした。

いつかに閉口した出来事で、風邪で職場の後輩が休む際に親から電話があったことがありドン引きしたことがあります。
聞いた話だと今は職場に親が怒鳴り込むとかもあるらしいですね。

ニホンカモシカとまったく同じ子育ては環境や、種の違い、等色々あるので無理ですが少しは考え方を取り入れてもいいのかなと思いました。

とは言いつつ、まあ確かに僕にもし子供がいて、

部活ばっかりしていたら、「勉強しろ」と言うでしょうし、
文系に行きたいと言えば、「理系にしろ。いやその前に自分の人生の方向性、自分の性格・思考を真に分析しろ。行き当たりばったりの人生はダメ」とか言うでしょうし、
公園に行けば、「逆上がりは死んでも出来るようになれ(僕は未だに出来ません)」とか言うでしょうし、
就活すれば「会社の知名度とかだけで決めるなよ」とか・・・・
とにかく勉強しろ、体を鍛えろ、知的好奇心は広範囲に、本を読め、頭を柔らかく、コミュニケーション能力を高く、髪は染めるなパーマをするな毛根を守れ・・・・

・・・って今気づいたけど、これ全部今までの僕の後悔とかコンプレックスやんけ!

ろくな親にならない予備軍であることが発覚した僕ですが、本当ついつい子供が失敗しないように、痛い目に合わないように、自分のようにならないように、先回りして先回りして余計なことをやってしまいそうですが、そうでなくて、多分大切なのは、転んだ時(失敗した時)の立ち上がり方を教えることな気がしました。もちろん、幼少期にベースになる部分は叩き込みますが・・・。

色々、ニホンカモシカに学びました。

て、子のいない僕がふと思った子育て論でした。