So-net無料ブログ作成
奥武蔵ウルトラマラソン ブログトップ
前の10件 | -

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「ありがとうオクム」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

まさかの丸山ASにしてきた去年の忘れ物を奥さんに取りに行かれるという珍事を経て、ついに下り道へ!!

エイドを出て、すぐにろっしさんとお会いしてエール交換・・・・ありがとうございました。

その後、チャレンジ富士五湖でうちの奥さんの失態をきっかけにお話しした女性ランナーさんとも再会!
「富士五湖もいたよね~?」って確か声掛けて頂いたような・・・ありがとうございます。

奥さん「なんか覚えていて頂けるなんてうれしいね!」
僕「そりゃお前さん、あんな失態すればな・・・・。つまようじ女ってあだ名ついてるぞ多分。」
※失態は奥さんの名誉の為に書かないでおきます(;^_^A

折り返してきたエイドステーションではエイドの方にも「おかえり~!!」って言って頂けるんですよね。。これがありがたいです。

木々の間から見える景色を見ながら下っていきます♪♪

下りは、野辺山の下り対策でとても準備をしていたのですが一番の見せ場である馬越峠の下りがリタイアで出来なかったのでここでしっかり走って準備の成果を確認します。。

そして少し登り勾配になって歩いていたら、コース横の茂みから何やらガサガサいっています。



明らかに風ではありません。



生き物!?

頭の中で今までのオクムの道中に立っていた「熊注意」の看板を思い出します。

く、く、く、熊!?

僕は北斗神拳も使えないし、MO手術も受けていないし、スーパーサイヤ人にもなれないし、
いやむしろ腕っぷし弱いし・・・・

FFで言えば、「すっぴん」。ドラクエで言えばレベル1で「ひのきのぼう」すら装備していない。

つーか、接近戦とか無理。
魔法だよ魔法。フレアいくか?メラゾーマでもいいぞ!

いややっぱり、倒すのも忍びないから、バシルーラとかでどっかに飛ばすか、いややっぱり飛ばすのも悪いから僕がルーラでゴールまで・・・

それじゃ完走にならないって!


つーか、戦わないよ。


「にげる」一択でしょ!

さらにガサガサ音はコースに近づいてきます。

明日の埼玉県の新聞の地域欄は、「神奈川県の35歳男性、マラソン大会の最中に熊に襲われ・・・・、尚、一緒にいた妻は、「あー、いつも犬に一緒にいる時吠えられるのは何故か主人なんで熊に主人が襲われるのを見た時は、やっぱそうか、と、合点がいきました」と言っていたとかなんとか・・・・

・・・嫌だ!そんな朝刊は嫌だ!

ついに、その生き物が首を出しました!!

角?

鹿?

・・・・鹿っすかぁ・・・・。

鹿は鹿で、人を見て驚いたらしく森へ帰っていきました・・・・(;^_^A

あーよかった。

すげぇドキドキしました。間違いなくこの日一番です。

「あーびびった。鹿だよ。ベナード。」

昔、「ブレアウィッチ・プロジェクト」とかいう映画を見た時にも感じた得体の知れない恐怖。
相手が何かわからない状態だけど、勝手に最悪のことを想像してビビる。
いやいや、マジ怖かった。

ちなみに奥さんは、僕がビビっている間も茂みでガサガサいっていることにもあまり気づいていないご様子でした(;^_^A

「え?何?鹿?私も見たかったな」とか言ってました(;^_^A


大物ですねえ・・・・・。


と、自分の小物っぷりをしっかり再確認して、オクムの道を下っていきます。。

どんどん進んでいき、気が付いたら乾杯エイド。

今年はノンアルコールビールで「カンパ~イ!!」しました♪
お酒は月に一回飲むか飲まないかの僕。
この日のノンアルコールビールは最高でした♪

このあたりで、「なんか10時間切れんじゃね?」と思いましたがさすがはオクム。

まだ登りがしっかり残っておりました。

そして残り2kmの鎌北湖エイド。16:50分。

キロ5切るペースで行けば10時間切れますが、そんな欲は当然ありません(;^_^A

最後までしっかり走ってゴールしよう!!
と、鎌北湖エイドを出発!

去年へばった市街地を今年はしっかり進んでいきます。

あーーーー、楽しかった。

正直、ちょっと野辺山でコテンパンにやられたのでウルトラに恐怖感を感じているオクム前でしたが、オクムが、その気持ちを払拭してくれました。

そうだよね。しんどいけど楽しいよねウルトラ。
アホなコースも、気候も、距離も、体の変調も、ぜーんぶ楽しんだもの勝ちだよね。

ありがとうオクム。本当にありがとう。

「残り1km」の表示が見えます。

「おっしゃ!ラストワン!!!」

通りを曲がり、運動公園に入っていくと、、、、

「おかえりなさい!!」
「ありがとうございます!!」


ゴール前の、このやり取りが最高に幸せです。。

あー、帰ってきた~!!

10時間とちょいのオクムの旅、終了しました!!

本当に楽しかったです♪♪

大会運営の皆様、ボランティアの方、応援の方、ランナーさん、そして鹿さん、ありがとうございました!!!

ゴール後、ノンアルコールビールとビールが配られており、迷わずビールを選択する奥さん。

僕「俺運転なのに!ずるい!!」

奥さん「いや私ビール飲みたいし」

まさかのジャイアニズム発動の奥さん。きっと何杯もノンアル飲んでたから本物飲みたかったんでしょうね(;^_^A


そんなで、「本当楽しかったね」と何度も振り返りながら家路につくのでありました。。。

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「ありがとうオクム」 完

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第三話「オクム、本領発揮」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

焼き鳥エイドを後にして、進んでいきます。
時々下りもあるものの、基本的に折り返しまでは登り坂。

登り坂を走るのは、僕の方が速いのですが、歩きに関しては奥さんのほうが速いです。
なので、歩いて登っていく中で奥さんについていくと僕の息は当然あがります(笑)

・・・・奥さんとの距離が出来ていきますが、先行してもらい走れる斜度になったら走って追いついて・・・と繰り返します。

「くそ・・・・なんであいつは足柄峠走の時は泣きそうな顔して遅れるのにオクムとか野辺山ではあんなにスイスイ登ってんだ・・・・」

って、奥さんに上記の心の声を夫婦関係にヒビが入らないように言葉をきれいにして聞いた所、大会だとテンションが上がるんだそうです。

逆に、「普段走れるのに、なんで大会でそうなの?大会ならもっといけるでしょ」と聞かれる始末(笑)

「こばすけの不安要素その3! 登り坂の歩きが遅い!!」

くく、、、この不安要素は野辺山以降も放置していました。
初ウルトラの時の準備では30km歩きもしていました。
日光までに、一度やっておこうと思います。

途中のエイドや、道のりでは、ビキニ、ナース、、、、とにかく色々なコスプレの方たちが!!
山の中でこの風景・・・・すげぇ。。
すごく元気頂けます♪♪

途中、顔振峠のエイドステーションから見える景色は最高でした。
ここからの景色、好きなんですよね・・・・♪

木々を抜けていく風も気持ちよく、体を冷やしてくれます♪
エイドの食べ物も色々あり、かなりたくさん頂きました!!
フルーツポンチが最高だったなぁ・・・。。。

折り返しに向けて登りも激しくなっていき、時々見える景色も最高にきれいです。

スライド区間では、先行するランナーさんから「ファイト!!」と声掛け頂き、、、
あれが前進する力になります。ありがとうございます。。

ハワイアンなエイドもあったり、応援の方とのやりとりとかで笑っているんだけど、スパルタなコース。
周りを見ると笑っている人も多い。

・・・・多分、これが僕がオクムを好きな所です。

まさに、オクム、本領発揮です。

そんなオクムパワーに押してもらって、ついに折り返しに到着!!!

もう到着すると、そこはなつ姫さんと、ランナーさんの撮影会になっていました。

とりあえずかき氷食べたいのでかき氷を頂いて、食べていたら奥さんからまさかの一言。

「私、撮ってもらってくる!!」

・・・・え?

この一言に驚いて、その後エイドで呆然としながら食べて過ごし、今年もなつ姫さんとの写真は撮れずに終わるのでした・・・・。


登り切った後は下るだけ!!
3つの不安要素も全て出し切った!!
なつ姫さんとの写真撮影はまさかの奥さんが!!
今まで書いた内容はとにかく薄いですが、とにかく楽しかったです(;^_^A

・・・・これ以上、オクムの道のりで何が起こるというのか?

歓喜のゴール。

・・・・の前に、この日最大の恐怖が僕を襲う(笑)

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「ありがとうオクム」

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第二話「心は熱く、体は冷たく」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

「こばすけの不安要素その2! 熱中症のトラウマは大丈夫なのか?」

ジリジリ照り付けてくる太陽。

埼玉って暑いもんな・・・・

野辺山の反省を受けてラングッズと準備を見直しました。

まず一つが、バフ?ジプシーカバー?を「体を冷やす道具」として使用しました。
ここでは、野辺山ウルトラのアーリーエントリーの特典のやつを使用。

水かぶりの度に濡らして、頭に巻き付けて頭の熱を取って、冷感がなくなったら絞って残りの水を頭にかけて使用します。。

もう一つは、ハンドタオルに水を含ませて首に当てて走る!!

さらに一つは、先日ブログで触れたサハラキャップ。
首をガードします。。これも水かぶりの度に濡らしました。。

さらに(まだあるのか)!!
前日は、OS-1を飲んでウォーターローディング。
当日もOS-1ジェルとOS-1ペットボトルをザックに。。

これら、かなり良かったです♪ハンドタオルはスポンジでもいいかも・・・と思いました。

さらに(まだあるのか)!!
日焼け止めを塗りました。
野辺山の日は相当日焼けしてしまい、その熱感も相当堪えたのでは、、、と思ったので。

そして、メンタル。

僕は、スポーツの時は二種類の人格が登場します(ベイスターズにかつていたモーガンか・・・?)

一人は、有名な「ネガティブこばすけ」。

もう一人は、時々、初めて走った野辺山でも出た「熱血こばすけ」。

オクムの前に野辺山の振り返りをしつつ走っている時に、熱血のほうが問いかけてきました。

「なぁ、ランで燃やすといいものって何だか知っているか?」

「糖質?・・・・・違う!」

「脂質?・・・・・・違う!!」

「魂だよ!!!そんなこともわかんねーのか!!!」

「テクニカルな所ばかりに終始しやがって!心なき所に技はつかないってテニスやってる時に散々自分に、人に、言ってただろ!」

「魂に火が付き、心が躍り、心が躍れば楽しくなり、もうそうなれば走れてるよ!!」

「お前、野辺山の時、何回時計見てた?」

「時計見るだけなら、家で見てろバーロー!!」

「その土地を感じろ。山・海・空・・・すべて。」

「応援の方、エイドの方、すべてを感じろ。」

「自分に起こるあらゆる変化を拒否するな。対応し、受け入れろ。」

熱血こばすけ。かつてとんがっていた10代後半~20代中盤の頃のままの口調なので、汚い言葉になりましたが、あえてこのまま書かせて頂きます(;^_^A すみません。。

そんな感じでハード面も、ソフト面も、暑さ対策はしてきました。

寄ったエイドステーションでは、ボランティアの方が水をかけて下さるのですが、毎回、「二杯お願いします!!」「あ、この帽子とかにも・・・」とたくさんかけて頂きました。
ありがとうございます。。

水のがぶ飲みもしないように、飲みたい欲求がきたら口を漱ぎます。

スタスタ田んぼの横を進んでいきます。

グリーンラインに入れば、日陰になる。

そうすればきっと大丈夫。そうでなくても、今日は大丈夫。大丈夫。

そんなこんなでグリーンラインに入っていきます。

この日、奥さんは奥さんで、野辺山の登りが走れなかったことが悔しかったらしく結構登りも攻めています。
僕も続いていきます。

色々な所で応援の方やエイドでのやり取りで元気頂きながら進んでいきます。。

そしてついに、、、、焼き鳥エイド到着!!!

焼き鳥・・・美味しかったです。
スイカも食べましたし♪♪

この日は過剰に水分を取ることをしないようにしていたので、胃の調子も悪くなることもなく食べまくりでした♪

強烈な登りの先には、ビキニが待っている・・・・!
そして襲い来る第三の不安要素。
去年も奥さんに坂登りウォークで置いていかれましたが、今年は如何に!?

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第三話「オクム、本領発揮」に続く、、、、


第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第一話「嵐の予感」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

「こばすけの不安要素その1! 3日前に起こった謎の腰痛は大丈夫なのか?」

・・・話は大会の3日前の深夜に遡ります。。。

この夜、僕の住む所では雷が鳴り、その音で目を覚ました僕は「うるさいなぁ・・・・」とうつぶせになってボーッとしていたらそのまま寝てしまい、そして朝起きると、「いてててて・・・・」。

あ!?腰やった?腰って寝違えるのか???

通勤ランしても、なんだか痛い。姿勢が崩れると痛い。
でも往復7kmの最短コースの通勤ランなら、姿勢さえ、崩れなければ大丈夫。
姿勢を、所作を、裸足で走っているような感じでやれば大丈夫。

ちょっと待って。

「オクムはその10倍以上の距離だから」

・・・・冷静でネガティブな僕が、ツッコミをいれてきました。

しかもオクムの前日は半休すら取れずしかも介助業務までのフルコース。
脚を、腰を温存したいのに、立ちっぱなし。歩きまくり。支えまくり(笑)

ふふふ、、、仕事あっての趣味。

ウルトラなんて、走ってればどこかしらおかしくなるわ・・・・

奥さんの、「EVE」を二錠ザックに入れてオクムへ向かうのでありました(結局使用せず)・・・・

これすら、明日の笑いの種なのさ・・・・

半ばヤケクソの境地で土曜日は眠りにつくのでありました・・・・


そして大会当日!!!

オクムのスタート前の雰囲気、大好きです。
ゲートをじーっと見て「ここへ帰ってくるぞ~」と静かに思います。

そしてついにスタート!!

先述の第一の不安要素。
大会がスタートしてすぐに僕に牙をむいてきます(笑)

のどかにスタートして、のどかな町中をスタスタ進んでいき、砂利道を駆け上がっていく。。
そして、登りで先行していた僕は後ろの奥さんはついてきているか走りながら体をねじって後方確認・・・・

「ピキッ」



いてててて・・・・

10km地点当たりで体ねじったら腰痛が襲ってきました(;^_^A

どうしようどうしよう。。

「俺、今日後ろ振り返るの出来ないから後ろにつかせて!!」

きっと体さえねじらなければ痛みなどでない。

今日は、奥さんの後ろをひたすら追う!

これぞ「今日の俺は前しか見ない!!」作戦。

これで、腰痛はやり過ごしたもののジリジリと暑くなってきます。。。

まだ60km以上あるのに、もう第2の不安要素が襲ってきます。

・・・・・嵐の予感しかしないんですけど・・・・・

ついに登りが本格化する奥武蔵グリーンラインへ。
すごいエイド。焼き鳥、ビキニギャル、きれいな景色。
そして襲い来る、第二、第三の不安要素。
笑いと不安が交錯する、登り道。
そして不安を打破するための秘策とは?

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第二話「心は熱く、体は冷たく」に続く。

奥武蔵ウルトラマラソン、行ってきました!! [奥武蔵ウルトラマラソン]

・・・奥武蔵ウルトラマラソン、無事完走しました!!

数々の不安要素を乗り越え・・・奥武蔵の道中楽しんできました!!

スラムダンクの陵南高校の田岡監督ばりに(IH予選、湘北高校戦のワンシーン)、

「こばすけの不安要素その1! 3日前に起こった謎の腰痛は大丈夫なのか?」

「こばすけの不安要素その2! 熱中症のトラウマは大丈夫なのか?」

「こばすけの不安要素その3! 登り坂の歩きが遅い!!」

脳内で田岡監督がニヤリとあの表情で言っていましたが、どうにかこうにかでゴールへ行けました。

まさかの10時間切りも視野に入りましたが、それはまた今度・・・。。

ろっしさんや富士五湖でお話しした方と再会できたり、エイドや応援の方にもたくさん笑わせて頂きました。

オクムの道のりは色々面白いことがありました。

今回の一番は、鹿を見たことです(笑)

茂みでガサガサいっていて、一瞬「熊か??」と思ったが鹿でした(良かった・・・)。

僕らも驚きましたが、鹿もかなり驚いた表情でした(;^_^A

あ、あと折り返しエイドにおられるなつ姫さん、うちの奥さんが記念撮影してきました!!

かき氷食べていたら、「私、写真撮ってもらってくる!!」といきなり行ってきて、、、相変わらずの行動力にびっくりでした(笑)

そんなこんなで楽しんできました!!

運営の皆様、ボランティアの皆様、応援の皆様、ランナーさん・・・・
ありがとうございました!!!

そもそもの僕の走る理由とは。 [奥武蔵ウルトラマラソン]

・・・・オクムまであと3日。

野辺山の敗退から、色々自分の取り組み方を再検討しました。

大まかな結論としては、

「楽しむにももっと速さと強さが必要」

でした。

他のスポーツをやっている時も、結果が出ている時は楽しめている時でした。

ただ、、、、どうしても過剰に前のめりになりがちな最近です(;^_^A
これは、、、これはいかんぞ。


・・・・そうだ、原点に帰ろう!


僕が走り出したのは、2011年。

肩の怪我でテニスを辞めて、運動不足になるのが嫌で始めました。


自分の好きなペースで、好きなだけ走れる。
相手を打ち負かす、打ち負かされるのではなく、ただ、大会ではゴール目指して走る。
一緒に出ているランナーさんは対戦相手ではなく、一緒にゴールを目指している人。
走り終わった後、なんだか気持ちいい。
走った後の、食べ物、超おいしい。

・・・・なんだか、楽しいなぁ。

こんな羅列したことが好きで始めました。

そこから大会にエントリーしてみて(松戸七草マラソン)、始めは10kmの大会だったのに、なんということでしょう(笑)、気が付いたらエントリーする大会の距離が0が一個増えて100kmになっています(;^_^A

大会に出る中で、大きな達成感もあれば、大きな悔しさを味わうこともありました。
悔しいと、ついつい「うぉぉぉぉぉおおおお!!!」と眉間にシワ寄せてがんばりたくなってしまいます。

ですが、楽しむ心を忘れずにゴールを目指して走れる体作りと、大会そのものを楽しもう!

などと、今朝の通勤ランで思ったのでありました。。

オクムまで、あと3日。。

ペース表も作りました♪
新アイテムのサハラキャップも届きました♪

後は、目いっぱい楽しめるようにワクワクしつつ過ごすのみです。。。


来年も奥武蔵へ!! [奥武蔵ウルトラマラソン]

奥武蔵ウルトラマラソン、エントリーしました♪

今年マジ楽しかった奥武蔵ウルトラ。
来年も楽しめるようにしっかり準備をしていこうと思います。。

・・・っていう気持ちなのですが、現在疲労MAXで火曜日から走るのをお休みしています。

なんというか、一年分のランの疲労がドンときた感じで眠いしだるいし、、、、なんだか体調良くなっていたのに日曜日の60km走でまた体調が元通りになっちゃうし(;^_^A

三日も休むとさすがに足はとっても元気なのですが、体のほうはまだ70~80%くらいです。

このパフォーマンスがあがってこない感じ、結構やっかいなんですよね。

学生時代にこの状態になって、半年スランプに苦しみました(この時は足も故障しました)。
この時も一週間休んで復活しましたが、どこも痛いところはないのに結果が出ないしだるい。

あの状態が続く中でやるのは本当辛かった記憶があります。

あの時は競技は今と違ってテニスでしたが、やっぱりレギュラー争いや、ライバルに勝ちたいという気持ちもあってなかなか「休む」という選択が出来ず負のスパイラルにドはまりしてました。

しかも、当時はあまり科学的にスポーツする、というよりかは「気合だ、根性だ」の時代でその中でも特に前時代的だった僕の所属していた部は一年生の時まで水飲み禁止でしたからね(;^_^A

そんな大学時代を思い出しつつ、走力向上には「休み」も重要だよね・・・と再確認した夜なのでした。。。

第23回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「乾杯~オクムに来てよかった」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

折り返しを経て、ここからは下り基調。

下りの所ではガンガン走っていく。。
頭のネジは相変わらずの抜けっぷりで、ハイテンションで進んでいく。

エイドでは相変わらず大食いし、応援の方に励まされ、進んでいく。

何キロ地点だったか、ふと時計を見ると、10時間を切れそうな感じ。
気がついたら、相当まくってました♪

奥さんに「10時間がんばれば切れそうだよ~急ぐとエイドとか景色楽しめないから急ぐ気ないけど」と言ってみる。

奥さんもタイム狙いはいいから、楽しんでゴール出来ればよし!との返答。

・・・・ですよね~♪

そんなこんなで下りをかっとばし、
あるエイドでは、「こばすけさん夫婦で来ました~!!」と名前をよんでくださるエイドがあったりして感激したり、70km地点当たりのエイドでは、何故かエイドが見える前から「乾杯~!!」と声が聞こえてくる。

なんだろう?と進んでいくと、「乾杯エイド」でした。
奥さんは迷わず、ノンアルコールビールで乾杯してました(笑)
僕は、酔うといけないので(笑)、コーラにしておきました。。

奥さんが乾杯している間、エイドの方とお話。本当にこのやりとりが楽しい。

その後はひたすら下り、時々登り、コース誘導をしてくださるスタッフさんの声かけが素敵すぎて感激したりしていたら、鎌北湖エイドに。
最後のエイドまで、しっかり水かぶりとたっぷり食べ物を頂きました(笑)

座りつつ、コーラを飲んでいるとエイドのスタッフさんから「あと2kmだよ~」と言われ、お、もう後2kmか!と気合いが入ります。

「俺、野辺山の時最後へばったから、この2kmしっかり走りきる!」
・・・と、訳のわからない宣言を奥さんにしてエイドを後に。

・・・・あぁ、もう終わりか・・・・。旅の終わりを感じます。

奥さんの後ろについて進んでいく・・・・・


進んでいく・・・・・。。。


進んでいく・・・・・・・。


・・・・ちょ!速い!まさかのキロ5でした(笑)
以前のネタですが、「ちょちょちょ、ちょっと待ってちょっと待って!おねーさん!」と余裕があれば言いたいくらいでした。

奥さんに走りきるけど、これは速すぎ!!と、泣きを入れ(情けな・・・・)少しだけ減速。。

「あと1km」の表示。

・・・・今日は(も?)いっぱい食べた。たくさん色んな方とお話した。エイドのスタッフの方、応援の方、色んな方に元気を頂いた・・・・・景色もすげーきれいだった。楽しかったなぁ。。。

「本当今日楽しかったな!」と話していたら、ついにゴールが!!!

「おかえりなさい!!!」が本当にありがたい。。

・・・・・ゴール!!!

10時間4分(だったと思う)の奥武蔵めぐりツアー、満喫しました!!!!

ゴール後は、奥さんはまたノンアルコールビール、僕はマウンテンデューで乾杯。

スケジュール的に、ウルトラ連戦でどうかと思いましたが、本当に奥武蔵ウルトラ、出て良かったです♪
楽しかった~♪

大会運営の皆様、エイドの皆様、応援の皆様、ランナーの皆様、その他関わったすべての皆様、ありがとうございました(&ごちそうさまでした!!食べ物最高でした♪)!!!!

第23回奥武蔵ウルトラマラソン 完

第23回奥武蔵ウルトラマラソン 第2話「折り返し点にはビキニギャルが!!」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

焼き鳥エイドを後にし、進んでいく。

エイドでも、応援の方でも、本当に元気付けて下さる声掛けに感謝♪♪

しかし、左足の痛みはそれほどではないものの、修正を迫られながらソロソロと走る。

途中、時計を見るとペース表に記載した30km地点の通過時間が去年の野辺山の30km通過タイムより遅れている(通過時刻の目安がよくわからないので10km毎に去年の野辺山の通過時刻を記入しておきました。コースが違えば、通過時刻が変わるという後になればすぐにわかることなのですが、この時は少し焦りました)!!!

・・・去年の制限時間3分前のギリギリゴールのペースより遅いってどういうことやねん。。
間に合うのか?この辺で少し不安になります。

つーか、この奥武蔵のコース、体感的には野辺山と変わらんぞ・・・。

奥さんに試しに聞いてみる。

「この坂、馬越峠っぽくない?」

同感という返事がすぐに帰ってくる。。ですよねぇ。。

ここで、ペース表を見つつ、奥武蔵のコースを考えてスペック低めの頭で色々ソロバン勘定をする。



そうだ・・・折り返しまでは登り基調だから、そこまではそりゃ野辺山より遅れるわ・・・。
野辺山は35kmから50kmまで下り基調だったはず。
奥武蔵は49kmの折り返しまでは登り基調なんだから、そこからの下り基調で多分まくれる。

だから、ここで変に慌てるのは、完走確率を下げることになる。
勇気をもって、喧嘩を売ってはいけない相手(急坂)は歩き、それ以外でしっかり走る。
たぶんそれでどうにかなるはず!

そんなで42km地点を通過。42km通過時点でのサブ5は全然無理でした。

何故かこの辺でガクッときて、一度奥さんから5m程後ろに後退。

前を行く奥さんがランナーさんと会話している。
内容が聞こえてくる。

ランナーさん「あれ?一緒に走っていた相方さんは?」
奥さん「今、後ろにいるんですよ~あはは」

・・・ちょ、ちょっと待てコノヤロー!とは言えないですが、本当ウルトラ強いな・・・と思いつつなんとか追いつく。


途中から折り返してくるランナーさんとエール交換が出来、これでかなりテンションアップでした。
途中、どのエイドだかは記憶していないのですが、茶屋の前のエイド付近では絶景で、歌もあったような、ハワイアンエイドも面白かった。
すべてのエイドが何かしらネタを仕込んでいるような感じで笑いながら道中進めました。
そば、冷や麦、スイカ、バナナ、オレンジ、クリームパン・・・・相変わらず食べまくりながら進んでいきます♪
フルーツポンチを発見出来ず、食べれなかったのが、オクムにしてきた忘れ物です(笑)
どのエイドでも、エイドのスタッフさんと少しお話し出来、それも大きな力に♪
道中、トイレで並んでいる時や走っている時にするランナーさんとの会話も楽しい♪

応援の方も格好からテンションまですごく、「おお!すげー!ありがとうございます!!」を何回言ったかわかりません(笑)

どんどんコースの最高点に近づくにつれて、景色がすごくきれいで、それにも癒されつつ進んでいきます。。

このへんでは、頭のネジが数本ではないレベルで抜けてしまい、相当ハイテンションに進んでいきました。

そんなこんなで折り返しの丸山ASに到着。

ASに入るとまずキョロキョロビキニギャルを探す。

・・・・おお・・・・あれが噂の・・・・。
ついにここまできたよ、、、感激や、、、、。

楽しみにしていたかき氷を頂き、座り込みつつ食べる。。。
ビキニギャルの周りは撮影会と化している。楽しそう・・・。。

奥さんから「写真いいの~?(笑)」と聞かれる。

とりあえず、「独身だったら余裕で行く!!」と訳の分からない回答を奥さんにはしておきました。

さあ、なんだかハイテンションで苦しみつつ楽しんできたけどこの旅もあと30kmを切った。
そしてここからは下り基調。

先日の野辺山ウルトラでは最後、結構歩いてしまったので最後まで走り切りたいと思っていました(激坂以外ですよ・・・)。
そんな野望もありつつ、まだまだ楽しさ満載の奥武蔵の旅。

最終話「乾杯~オクムに来てよかった」へ続く・・・・。

第23回奥武蔵ウルトラマラソン 第1話「遅れてやってきたsurpass your limit」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

日曜日のAM2時、スタートの5時間前。

奥武蔵ウルトラマラソンに出場する為、起床。

・・・・起床。ん?雨か・・・・

雨音が静かな夜には良く似合う・・・・ってオイ!

雨降っているじゃん・・・・・!!!

オクムで雨は雷雨だけかと思ったのに、そして勝手に「オクム=暑い・熱い」と思っていたのに。。

かくなるうえは・・・・雨だぁ!雨ランの用意だぁ!

慌ててビニール袋を切り、即席雨合羽を作り、かばんに入れ、靴下もタビオのレーシングランから、RLソックスのメリノウールに変更。

バタバタとマイカーで会場入り。

参加賞を頂き、代表の挨拶を聴いて、体操などしていると、もうスタート10分前。

それにしても、、、周囲の会話がおかしい。
挨拶していた方は「先日川の道フットレースを走って・・・・」とか言っていたし、周囲の人の会話も「いやあ、まだ野辺山の疲労が抜けてないんだけど、来週は飛騨高山・・・」とか、、、、、すごすぎ。

エイリアン対プレデターに巻き込まれた人々の気持ちが少しわかったスタート前。

そういえば、奥武蔵ウルトラマラソンを色々ネットで調べていたら、「ビキニ」とか「エイドがすげぇ」とかに紛れて、「変態祭り」というワードもあった。

「変態祭り」

・・・・僕は変態じゃない。

でも、ヤバイ会話をしているランナーさんの目がキラキラしてるんですよね。。。
大人で目がキラキラしている人は無条件でカッコいいと思う僕。

・・・・あれ、変態に憧れてる?

・・・・いやいや。

でも、変態ではない・・・はず。今も。そしてこれからも。

横の奥さんに「なぁ、周りの会話やばくない?やばい所にきてもうたよ!」と言ったけど、奥さんは屈強そうなランナーさんの筋肉に夢中。

そんなこんなで、あっと言う間にスタート!!!

よーし、19時までにはここに帰ってくるぞ~!!!!と奥さんとグータッチしてスタート。

のどかな田園地帯を走っていく。

コースマップによると、まずは「ふたこぶラクダ」。
登って~降りて~登って~降りて~みたいな。

道中、周囲のランナーさん同士は知り合いが多いのかお話をしながら走っているランナーさんが多い。
そして会話の内容は日本語のはずなんだけど、開会式の前に聞いたような完全に異国の言語だった。

何回奥さんと「ここにいる人達はヤバイ。すごすぎる」と目を合わせたか(笑)

砂利道の坂に来ると、何だか奥さんが上がってこない。
それどころか、なんかネガティブなオーラ出してる!!!

「まだ30kmまではアップだぞ~がんばれ~!走らなくていいからパワーウォーク!!」と偉そうに檄を飛ばす(たまにはいいですよね・・・・笑)。

・・・・でも僕もなんだかキツイ。

野辺山の後のランでも10kmまでしかしてないけど、9km位から野辺山で痙攣起こしたふくらはぎに違和感が少し出ていました。

でも、「疲労は抜けた」とこのブログでも書いたし、周囲にもそう言っていました。
言葉って大事だと思うので、とにかくネガティブなことは言わないようにしておりました。

しかし残念ながらその違和感は、奥武蔵の旅でもきっちり10km過ぎにやってきました。

下りで膝が痛む。走れないほどではないけど痛む。

・・・・あと、68kmあるんですけど。。。

・・・・マジか・・・・・。

「surpass your limit」と書いた今年の野辺山Tシャツを着たランナーさんが前を行く。

「surpass your limit」ってか・・・・・。

surpass your limitする上で、「気合を入れる」以外に痛みの出た自分の走りを修正するために氷砂糖を食べつつチェック。

骨盤起きてる?肩甲骨と連動してる?ストライドでかすぎない?地面蹴ってない?接地は重心の下に来てる?

・・・通勤ランでなんちゃって裸足デビューを途中500m限定で時々してますが、上記が厳守できないと速攻で走れなくなります。

今は、シューズを履いているけど、そのチェック項目をすべてクリアしないとこの旅は楽しめない感じです。

このチェック項目をクリアしないと、どうやらこの日の僕の左足の機嫌はとたんに悪くなることがわかりました。

それがわかれば、そこを修正しつつ道中を進むのみ!

そんな僕のじゃじゃ馬左足先生と進んでいく道中はまさに絶景付き大食いグルメツアー。
きれいな景色と、ごはん!ありがたや~♪

だいたい3kmおきにあるエイドの飲み物もすごい豊富で果物もいっぱい。
この日はバナナとオレンジが美味しかった・・・♪おにぎりも何個食べたか♪
野辺山で100kmザックの中で揺られていた「一本満足」も前述の「ふたこぶラクダ」ゾーンの歩きの時にバクバク。

そんなこんなで進んできて、お腹も満たされた状態なのに、なぜか食欲をそそる焼き鳥のにおいが・・・・

なんで、こんな峠道に焼き鳥の匂いが?

・・・と思ったら「焼き鳥エイド」でした(笑)すげぇ・・・・。

この焼き鳥エイドの焼き鳥、美味しかったです♪幸せだぁ・・・♪
奥さんはノンアルコールビールまで片手に持ってるし。

僕は、アルコール弱いので念のため遠慮しておきましたが・・・(以前にノンアルコールのはずなのに気持ちよくなってしまったことがありました(笑))

焼き鳥に大満足で、次は絶景ポイント満載であろうコース最高点の折り返しを目指して焼き鳥エイドを後にするのでした・・・・。

第2話につづく・・・・
前の10件 | - 奥武蔵ウルトラマラソン ブログトップ