So-net無料ブログ作成
検索選択

雨、、、セット練がぁ。。。 [ランニング]

今日は朝、鎌倉まで30kmラン。

今朝はやたら涼しくて、何も意識していないとどんどんペースが上がっていく感じでした。
今更ですが、気温てランに重要なファクターなんですねぇ。。

夕方に10km歩きをやって、歩きが遅い弱点を補強するのと、午前の30kmと合わせて、40kmの負荷を体にかけていこうと思っていましたが雨も激しく降っているので家で読書やら新聞やらネットやらやってのんびりすることにしました。。。

明日は、仕事お休みなのでまたガツンと坂道を走ってこようと思います。。

まだざっとしか読んでいないのですが、先日購入した「完全攻略ウルトラマラソン練習帳」。

この本の中で言及されている練習内容、すげぇスパルタです(;^_^A

自分のポテンシャルを最大限に引き出すという練習内容なので、スパルタなのは「そらそうよ」と言った感じですが、この本の中で言及されている「ウルトラの公式」に沿って計算すると、自分のポテンシャルが100kmウルトラで10時間台なのは驚きでした。

今夜、じっくり読んで過ごそうと思います。

通学路のおじさま、恐るべし・・・ [日々雑感。]

いつも通勤ランでは、いくつかの小中学校の学区を通過していくので、横断歩道とか危ない場所には旗を持ったおじさまが立っていて学生さん達を誘導しています。。

いつもあるおじさまには、どうみても学生には見えない僕にも「おはようございます!!」と言って下さるので毎朝こっちからも「おはようございます~。。」と挨拶をするような感じになっておりました。

そして、先日朝、そのおじさまのいる信号が赤になり、いつも通りあいさつした後に信号待ちをしていたら、、、そのおじさまから驚愕の一言が。

「あれ、ついにランニングシューズ買ったんだ~!!」

「いつもの草履みたいなのじゃないんだね~。」

そこまで見ていたとは、確かにその日はOnのクラウドを履いておりましたが(;^_^A

子供の安全を見守るおじさま。

まさかそこまで、道行く僕の足元にまで目を配っていたとは、、、、恐るべし。

ちなみになんで草履で走るのか聞かれ、しっかりこれは草履じゃなくてワラーチって言いまして、、、からの~タラウマラ族の話までしてきましたよ・・・・。

このサンダルランのおかげで、近所のトライアスリートとも知り合いになれたり、まさかあのおじさまとまでこんな話をするなんて、、、

面白い縁です。

==================================

ベイスターズ、いつも鬼門の交流戦ですが今年は好調です♪♪

職場のインターネットはJCOMにお世話になっているのですが、以前契約内容の交渉で
来社してくださった担当の方がベイファンで、「誰がキーマンと思うか?」という話を
していたのですが、僕は「宮崎!宮崎!!あの打撃!中村ノリさんとソフトバンクの松田選手を合わせたようなバッティング!!!」と、宮崎選手推しでしたが、あの話から二年後・・・・

今、セリーグ首位打者です(笑)

うーんこの彗眼(笑)

・・・・自画自賛、このへんにしときます。

忙しいのに、一球速報を気にしている僕は、いつでも心はハマスタです!!


日光に向けての日々。 [ランニング]

月間走行距離だいたい250km前後の僕が、今月はもう200kmを超えました。

月間走行距離が全てではないと考えておりますが、なんかこう、何事にも少しセーブしがちな自分を変えたいと思ったので多少無茶は承知で走りこんでおります(;^_^A

ええ、昨日なんてザック担いで5:00/kmくらいで通勤ラン15kmしましたよ。。。

仕事をしていても、勉強していても、ランを始めとする遊びをしていても、

自分で自分を見捨てたという事実は自分に刺さりますね。。。

みっともない程赤裸々に心象風景を描いた先日の野辺山のレポを読み返していたら、なんで僕こんなに女々しく(前回エントリ参照)考えるのか、ただ、一つの大会で完走出来なかっただけじゃん。
と、思いつつも、なんでか最近わかってきました。

それは、

「自分で自分を見捨てた」

からでしょう。

昨日も、予期せぬ残業が入り、なんだか15kmの帰宅ランを予定していましたがわざわざ遠回りしないで7kmで良しとしようか・・・と残業しながら100回は思いました。なんなら走り出してからもショートカットして帰ろうかと思いましたが、、、、

「この自分の弱さを、この弱さこそを何とかしたいのだ!!!」

と、ペースを上げて突っ走り家へ帰りました♪♪

日光ウルトラマラソンまで、あと二週間とちょいです。

楽しみつつ、ちょっとだけ(自分比で)ストイックに準備していこうと思います。。。

=================================

最近仕事がバタバタしてきました。

忙しいですが、「忙」の文字の如く、心を亡くさないように淡々と取り組んでいこうと思います♪

【駄話】女々しくて [野辺山ウルトラマラソン]

女々しくて・女々しくて・女々しくて・つらいよ~♪

僕のことをからかったの?

あんなに走ると言ってたのに

あの日どこが、つらかったの?

本当にもう走れない?

・・・orz

歌詞はうろ覚えですが、多分合っているはず、、、、

これ以上やると、JASRACから請求が来るといけないので止めます(笑)

ええ、野辺山の確報記録を見て、「やっぱなんとかならなかったかな?」と思っていた昼下がり。

あぁ、女々しいなぁ俺。

と、思ったのでその気持ちを替え歌で書いてみました(;^_^A



・・・アホだ(笑)

日光ウルトラ会場の下見とか色々。 [ランニング]

昨日は、早起きして日光ウルトラの会場への道のりの確認の為日光へドライブしてきました。。

圏央道、マジすげぇ。。。

僕の住む茅ヶ崎から、日光ウルトラの会場まで3時間で行けてしまいました。

日光では、道の駅に寄りたいというリクエストが奥さんからありましたが、あまりの駐車場入り待ちの列に断念。
・・・・うちの奥さん、最近行列に弱くなったような・・・?
奥さん曰く、僕に似たんだそうです(笑)
ええ、僕、人ごみ苦手のスーパーインドア派ですからね・・・・。
運動してなければ、家から出ないかも!?って感じです(;^_^A

そんなインドア派な空気が蔓延しているこばすけ家。

日光の名所は見ていかないのか・・・・?

「来月自分の脚で回って見るから、今日は見ない!楽しみは取っておこう」

という、もっともらしい(?)ことを僕が言い放ち、日光に折角行ったのに、全国どこでも味わえるセブンイレブンのからあげ棒を山を眺めながらほうばり、家路につくのでありました、、、(;^_^A

日光、きれいな景色がたくさん見れそうで、楽しみです!
思い切り楽しめるように、残りの時間で良い準備をしていきたいと思います。

家に夕方頃戻り、夕飯前に14km走り、、、、
流しを何度か入れて、早い動きを体に叩き込みました♪♪
この日は自家製ワラーチで走りましたが、スピード上げても問題なく使えそうです♪♪

自家製ワラーチのソールの鼻緒の部分をシューグーで補修したりして眠りにつくのでありました。。

そして今日。

最近考案した、「激坂30k」コースをついに走ってきました。
「激坂」と呼ぶには、ちょっと・・・・という感じでしたが、普段海沿いのフラットなコースばかりなのでいい刺激になったように思います。
僕の住む町を一気に北上して、坂コースを走り、隣は寒川、平塚、と周り海に出て茅ヶ崎へ帰るコースです。。。

結構最近まとまった量を走れています♪
来週は湘南平のロードを使ってプチ峠走をしようと思います。。。

4月からのウルトラシリーズ、最後の戦いは「日光」!! [ランニング]

オクムから帰った次の日、「tomorrow is another day」を地で行く奥さんは早速日光ウルトラのコースをチェックしておりました。

今まで走った大会の高低図と比較しながら、今週~来週に脳みそを久しぶりに動かして分析してみようと思います。

まだオクムロスもありますが、問題の腰痛もかなり軽くなり、筋肉痛もしっかり取れました♪
水曜日からは通勤ウォーク・ランを再開しております。。

ここからは野辺山ウルトラの反省点を活かす期間でもあります。

それは、「富士五湖と野辺山の間の一か月、20km以上のロングをしていない」です。

別に故障個所もない状態でしたが、何となく故障が怖いのと、「富士五湖で100km走ったからもう疲労ぬいときゃいいでしょ」という「富士五湖で走った」ということを免罪符に鍛錬を怠った・・・という感じ。

「体の声を聴いて、危ないラインに入れば休養する」のは重要ですが、守りに入りすぎる・・・というのも問題です。
石橋を叩きすぎて割ってしまう僕には「明日のことなんて知らねー。」ってくらいの勢いを持ってもいいのかもしれません。
そうすれば石橋は割れずとも、今の状況を叩き割り、走力アップ!!・・・なんてこともあるかも(;^_^A

なので、しっかりセット練や新たに開発した坂道コース30Kでしっかり自分を鍛えて日光へ挑みたいと思います。。。

湘南平を利用して、プチ峠走も実施していき、とにかく登りを強化していこうと思います。。

・・・・と、気合入りまくりですが、明日はドライブです(笑)

自宅~日光ウルトラの会場までの道のりを下見してこようと思います。

我が家の車はカーナビもなく、大会当日にバタバタするのも嫌なので、、、、

日光まで、もう一か月を切りました。

楽しみです。

=============================
明日も、飛騨高山、いわて銀河・・・・

いろんな大会があるようです。。
読んでくださっている方で出場される方がおられましたら、、、、
がんばってください~♪良い旅を!!


第24回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「ありがとうオクム」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

まさかの丸山ASにしてきた去年の忘れ物を奥さんに取りに行かれるという珍事を経て、ついに下り道へ!!

エイドを出て、すぐにろっしさんとお会いしてエール交換・・・・ありがとうございました。

その後、チャレンジ富士五湖でうちの奥さんの失態をきっかけにお話しした女性ランナーさんとも再会!
「富士五湖もいたよね~?」って確か声掛けて頂いたような・・・ありがとうございます。

奥さん「なんか覚えていて頂けるなんてうれしいね!」
僕「そりゃお前さん、あんな失態すればな・・・・。つまようじ女ってあだ名ついてるぞ多分。」
※失態は奥さんの名誉の為に書かないでおきます(;^_^A

折り返してきたエイドステーションではエイドの方にも「おかえり~!!」って言って頂けるんですよね。。これがありがたいです。

木々の間から見える景色を見ながら下っていきます♪♪

下りは、野辺山の下り対策でとても準備をしていたのですが一番の見せ場である馬越峠の下りがリタイアで出来なかったのでここでしっかり走って準備の成果を確認します。。

そして少し登り勾配になって歩いていたら、コース横の茂みから何やらガサガサいっています。



明らかに風ではありません。



生き物!?

頭の中で今までのオクムの道中に立っていた「熊注意」の看板を思い出します。

く、く、く、熊!?

僕は北斗神拳も使えないし、MO手術も受けていないし、スーパーサイヤ人にもなれないし、
いやむしろ腕っぷし弱いし・・・・

FFで言えば、「すっぴん」。ドラクエで言えばレベル1で「ひのきのぼう」すら装備していない。

つーか、接近戦とか無理。
魔法だよ魔法。フレアいくか?メラゾーマでもいいぞ!

いややっぱり、倒すのも忍びないから、バシルーラとかでどっかに飛ばすか、いややっぱり飛ばすのも悪いから僕がルーラでゴールまで・・・

それじゃ完走にならないって!


つーか、戦わないよ。


「にげる」一択でしょ!

さらにガサガサ音はコースに近づいてきます。

明日の埼玉県の新聞の地域欄は、「神奈川県の35歳男性、マラソン大会の最中に熊に襲われ・・・・、尚、一緒にいた妻は、「あー、いつも犬に一緒にいる時吠えられるのは何故か主人なんで熊に主人が襲われるのを見た時は、やっぱそうか、と、合点がいきました」と言っていたとかなんとか・・・・

・・・嫌だ!そんな朝刊は嫌だ!

ついに、その生き物が首を出しました!!

角?

鹿?

・・・・鹿っすかぁ・・・・。

鹿は鹿で、人を見て驚いたらしく森へ帰っていきました・・・・(;^_^A

あーよかった。

すげぇドキドキしました。間違いなくこの日一番です。

「あーびびった。鹿だよ。ベナード。」

昔、「ブレアウィッチ・プロジェクト」とかいう映画を見た時にも感じた得体の知れない恐怖。
相手が何かわからない状態だけど、勝手に最悪のことを想像してビビる。
いやいや、マジ怖かった。

ちなみに奥さんは、僕がビビっている間も茂みでガサガサいっていることにもあまり気づいていないご様子でした(;^_^A

「え?何?鹿?私も見たかったな」とか言ってました(;^_^A


大物ですねえ・・・・・。


と、自分の小物っぷりをしっかり再確認して、オクムの道を下っていきます。。

どんどん進んでいき、気が付いたら乾杯エイド。

今年はノンアルコールビールで「カンパ~イ!!」しました♪
お酒は月に一回飲むか飲まないかの僕。
この日のノンアルコールビールは最高でした♪

このあたりで、「なんか10時間切れんじゃね?」と思いましたがさすがはオクム。

まだ登りがしっかり残っておりました。

そして残り2kmの鎌北湖エイド。16:50分。

キロ5切るペースで行けば10時間切れますが、そんな欲は当然ありません(;^_^A

最後までしっかり走ってゴールしよう!!
と、鎌北湖エイドを出発!

去年へばった市街地を今年はしっかり進んでいきます。

あーーーー、楽しかった。

正直、ちょっと野辺山でコテンパンにやられたのでウルトラに恐怖感を感じているオクム前でしたが、オクムが、その気持ちを払拭してくれました。

そうだよね。しんどいけど楽しいよねウルトラ。
アホなコースも、気候も、距離も、体の変調も、ぜーんぶ楽しんだもの勝ちだよね。

ありがとうオクム。本当にありがとう。

「残り1km」の表示が見えます。

「おっしゃ!ラストワン!!!」

通りを曲がり、運動公園に入っていくと、、、、

「おかえりなさい!!」
「ありがとうございます!!」


ゴール前の、このやり取りが最高に幸せです。。

あー、帰ってきた~!!

10時間とちょいのオクムの旅、終了しました!!

本当に楽しかったです♪♪

大会運営の皆様、ボランティアの方、応援の方、ランナーさん、そして鹿さん、ありがとうございました!!!

ゴール後、ノンアルコールビールとビールが配られており、迷わずビールを選択する奥さん。

僕「俺運転なのに!ずるい!!」

奥さん「いや私ビール飲みたいし」

まさかのジャイアニズム発動の奥さん。きっと何杯もノンアル飲んでたから本物飲みたかったんでしょうね(;^_^A


そんなで、「本当楽しかったね」と何度も振り返りながら家路につくのでありました。。。

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「ありがとうオクム」 完

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第三話「オクム、本領発揮」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

焼き鳥エイドを後にして、進んでいきます。
時々下りもあるものの、基本的に折り返しまでは登り坂。

登り坂を走るのは、僕の方が速いのですが、歩きに関しては奥さんのほうが速いです。
なので、歩いて登っていく中で奥さんについていくと僕の息は当然あがります(笑)

・・・・奥さんとの距離が出来ていきますが、先行してもらい走れる斜度になったら走って追いついて・・・と繰り返します。

「くそ・・・・なんであいつは足柄峠走の時は泣きそうな顔して遅れるのにオクムとか野辺山ではあんなにスイスイ登ってんだ・・・・」

って、奥さんに上記の心の声を夫婦関係にヒビが入らないように言葉をきれいにして聞いた所、大会だとテンションが上がるんだそうです。

逆に、「普段走れるのに、なんで大会でそうなの?大会ならもっといけるでしょ」と聞かれる始末(笑)

「こばすけの不安要素その3! 登り坂の歩きが遅い!!」

くく、、、この不安要素は野辺山以降も放置していました。
初ウルトラの時の準備では30km歩きもしていました。
日光までに、一度やっておこうと思います。

途中のエイドや、道のりでは、ビキニ、ナース、、、、とにかく色々なコスプレの方たちが!!
山の中でこの風景・・・・すげぇ。。
すごく元気頂けます♪♪

途中、顔振峠のエイドステーションから見える景色は最高でした。
ここからの景色、好きなんですよね・・・・♪

木々を抜けていく風も気持ちよく、体を冷やしてくれます♪
エイドの食べ物も色々あり、かなりたくさん頂きました!!
フルーツポンチが最高だったなぁ・・・。。。

折り返しに向けて登りも激しくなっていき、時々見える景色も最高にきれいです。

スライド区間では、先行するランナーさんから「ファイト!!」と声掛け頂き、、、
あれが前進する力になります。ありがとうございます。。

ハワイアンなエイドもあったり、応援の方とのやりとりとかで笑っているんだけど、スパルタなコース。
周りを見ると笑っている人も多い。

・・・・多分、これが僕がオクムを好きな所です。

まさに、オクム、本領発揮です。

そんなオクムパワーに押してもらって、ついに折り返しに到着!!!

もう到着すると、そこはなつ姫さんと、ランナーさんの撮影会になっていました。

とりあえずかき氷食べたいのでかき氷を頂いて、食べていたら奥さんからまさかの一言。

「私、撮ってもらってくる!!」

・・・・え?

この一言に驚いて、その後エイドで呆然としながら食べて過ごし、今年もなつ姫さんとの写真は撮れずに終わるのでした・・・・。


登り切った後は下るだけ!!
3つの不安要素も全て出し切った!!
なつ姫さんとの写真撮影はまさかの奥さんが!!
今まで書いた内容はとにかく薄いですが、とにかく楽しかったです(;^_^A

・・・・これ以上、オクムの道のりで何が起こるというのか?

歓喜のゴール。

・・・・の前に、この日最大の恐怖が僕を襲う(笑)

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「ありがとうオクム」

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第二話「心は熱く、体は冷たく」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

「こばすけの不安要素その2! 熱中症のトラウマは大丈夫なのか?」

ジリジリ照り付けてくる太陽。

埼玉って暑いもんな・・・・

野辺山の反省を受けてラングッズと準備を見直しました。

まず一つが、バフ?ジプシーカバー?を「体を冷やす道具」として使用しました。
ここでは、野辺山ウルトラのアーリーエントリーの特典のやつを使用。

水かぶりの度に濡らして、頭に巻き付けて頭の熱を取って、冷感がなくなったら絞って残りの水を頭にかけて使用します。。

もう一つは、ハンドタオルに水を含ませて首に当てて走る!!

さらに一つは、先日ブログで触れたサハラキャップ。
首をガードします。。これも水かぶりの度に濡らしました。。

さらに(まだあるのか)!!
前日は、OS-1を飲んでウォーターローディング。
当日もOS-1ジェルとOS-1ペットボトルをザックに。。

これら、かなり良かったです♪ハンドタオルはスポンジでもいいかも・・・と思いました。

さらに(まだあるのか)!!
日焼け止めを塗りました。
野辺山の日は相当日焼けしてしまい、その熱感も相当堪えたのでは、、、と思ったので。

そして、メンタル。

僕は、スポーツの時は二種類の人格が登場します(ベイスターズにかつていたモーガンか・・・?)

一人は、有名な「ネガティブこばすけ」。

もう一人は、時々、初めて走った野辺山でも出た「熱血こばすけ」。

オクムの前に野辺山の振り返りをしつつ走っている時に、熱血のほうが問いかけてきました。

「なぁ、ランで燃やすといいものって何だか知っているか?」

「糖質?・・・・・違う!」

「脂質?・・・・・・違う!!」

「魂だよ!!!そんなこともわかんねーのか!!!」

「テクニカルな所ばかりに終始しやがって!心なき所に技はつかないってテニスやってる時に散々自分に、人に、言ってただろ!」

「魂に火が付き、心が躍り、心が躍れば楽しくなり、もうそうなれば走れてるよ!!」

「お前、野辺山の時、何回時計見てた?」

「時計見るだけなら、家で見てろバーロー!!」

「その土地を感じろ。山・海・空・・・すべて。」

「応援の方、エイドの方、すべてを感じろ。」

「自分に起こるあらゆる変化を拒否するな。対応し、受け入れろ。」

熱血こばすけ。かつてとんがっていた10代後半~20代中盤の頃のままの口調なので、汚い言葉になりましたが、あえてこのまま書かせて頂きます(;^_^A すみません。。

そんな感じでハード面も、ソフト面も、暑さ対策はしてきました。

寄ったエイドステーションでは、ボランティアの方が水をかけて下さるのですが、毎回、「二杯お願いします!!」「あ、この帽子とかにも・・・」とたくさんかけて頂きました。
ありがとうございます。。

水のがぶ飲みもしないように、飲みたい欲求がきたら口を漱ぎます。

スタスタ田んぼの横を進んでいきます。

グリーンラインに入れば、日陰になる。

そうすればきっと大丈夫。そうでなくても、今日は大丈夫。大丈夫。

そんなこんなでグリーンラインに入っていきます。

この日、奥さんは奥さんで、野辺山の登りが走れなかったことが悔しかったらしく結構登りも攻めています。
僕も続いていきます。

色々な所で応援の方やエイドでのやり取りで元気頂きながら進んでいきます。。

そしてついに、、、、焼き鳥エイド到着!!!

焼き鳥・・・美味しかったです。
スイカも食べましたし♪♪

この日は過剰に水分を取ることをしないようにしていたので、胃の調子も悪くなることもなく食べまくりでした♪

強烈な登りの先には、ビキニが待っている・・・・!
そして襲い来る第三の不安要素。
去年も奥さんに坂登りウォークで置いていかれましたが、今年は如何に!?

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第三話「オクム、本領発揮」に続く、、、、


第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第一話「嵐の予感」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

「こばすけの不安要素その1! 3日前に起こった謎の腰痛は大丈夫なのか?」

・・・話は大会の3日前の深夜に遡ります。。。

この夜、僕の住む所では雷が鳴り、その音で目を覚ました僕は「うるさいなぁ・・・・」とうつぶせになってボーッとしていたらそのまま寝てしまい、そして朝起きると、「いてててて・・・・」。

あ!?腰やった?腰って寝違えるのか???

通勤ランしても、なんだか痛い。姿勢が崩れると痛い。
でも往復7kmの最短コースの通勤ランなら、姿勢さえ、崩れなければ大丈夫。
姿勢を、所作を、裸足で走っているような感じでやれば大丈夫。

ちょっと待って。

「オクムはその10倍以上の距離だから」

・・・・冷静でネガティブな僕が、ツッコミをいれてきました。

しかもオクムの前日は半休すら取れずしかも介助業務までのフルコース。
脚を、腰を温存したいのに、立ちっぱなし。歩きまくり。支えまくり(笑)

ふふふ、、、仕事あっての趣味。

ウルトラなんて、走ってればどこかしらおかしくなるわ・・・・

奥さんの、「EVE」を二錠ザックに入れてオクムへ向かうのでありました(結局使用せず)・・・・

これすら、明日の笑いの種なのさ・・・・

半ばヤケクソの境地で土曜日は眠りにつくのでありました・・・・


そして大会当日!!!

オクムのスタート前の雰囲気、大好きです。
ゲートをじーっと見て「ここへ帰ってくるぞ~」と静かに思います。

そしてついにスタート!!

先述の第一の不安要素。
大会がスタートしてすぐに僕に牙をむいてきます(笑)

のどかにスタートして、のどかな町中をスタスタ進んでいき、砂利道を駆け上がっていく。。
そして、登りで先行していた僕は後ろの奥さんはついてきているか走りながら体をねじって後方確認・・・・

「ピキッ」



いてててて・・・・

10km地点当たりで体ねじったら腰痛が襲ってきました(;^_^A

どうしようどうしよう。。

「俺、今日後ろ振り返るの出来ないから後ろにつかせて!!」

きっと体さえねじらなければ痛みなどでない。

今日は、奥さんの後ろをひたすら追う!

これぞ「今日の俺は前しか見ない!!」作戦。

これで、腰痛はやり過ごしたもののジリジリと暑くなってきます。。。

まだ60km以上あるのに、もう第2の不安要素が襲ってきます。

・・・・・嵐の予感しかしないんですけど・・・・・

ついに登りが本格化する奥武蔵グリーンラインへ。
すごいエイド。焼き鳥、ビキニギャル、きれいな景色。
そして襲い来る、第二、第三の不安要素。
笑いと不安が交錯する、登り道。
そして不安を打破するための秘策とは?

第24回奥武蔵ウルトラマラソン 第二話「心は熱く、体は冷たく」に続く。