So-net無料ブログ作成

2019年野辺山ウルトラマラソン 第一話「楽にいこう」 [野辺山ウルトラマラソン]

スタート前、レース前に決めた自分との約束事を心の中で反芻してたらもうスタート一分前。

もう野辺山ウルトラのチャレンジも5回目。ここを走るのが大好きです。

先日の富士五湖はタイムなどなどに囚われ、何も覚えていない体たらく。

あんなことをする為に走っている訳ではない。

楽しいから走っているんだ。

「楽にいこう」

そんなことを胸に、八ヶ岳を眺めながらスタート。

前半戦は、とにかく抑えめのペースで6:30/km位のペースで進んでいく。

この日は初の試み、「手ぶらでウルトラマラソン」の為、上着もなしで身軽に出走。

スタート時は寒かったけど、5kmも走れば暖まってきた♪

景色を眺めながら、気持ちのいい空気を楽しみつつ進んでいきます。。。

このペースで行くと、とにかく驚くくらい抜かれまくりましたがとにかく50km過ぎに自分が維持できるであろうペースで今走ることが重要だと自分に言い聞かせて走っていきます。。

エイドでは、フルーツのある所ではたくさん頂きました。
この日はポケットに入れたジェルは一個も使わずに、エイドのフルーツとドロップバックのキレートレモンゼリーとソイジョイ一個で走り切れました♪

10km過ぎからは、新コース。

牧場みたいな所を走ったり、立派な開拓記念碑を見たり、前のトレイルコースも好きですがこの新コースもとてもきれいな景色がいっぱいで最高でした!

23kmの第一関門も無事通過。

下りもスピードを出し過ぎることのないように進んでいきます。。

いつもこの辺で汗かきまくり、暑いんだけど山の風が冷たいことで汗冷えして暑いのか寒いのかよくわからん!!・・・・となることが多いので、今回はファイントラックのパワーメッシュを購入!!
これ、すごかった・・・・。快適さが桁違いでした!体がベシャベシャにならないんです。。

とにかくがんばらないこと、がんばってるなと思ったらペースを落とす。
急がない、景色とエイドを楽しんで進んでいく・・・・。

35kmの稲子湯エイドの手前で、なんかこんな感じでウルトラ走るの久しぶりだなと思いました。

景色を楽しんで、食べることを楽しんで、大会を楽しんで。
奥さんと一緒に走っていても富士五湖の時は僕がテンパりすぎてろくに会話無し、去年も貧血で苦しすぎてろくに会話もせずに走っていましたが、この日はよくしゃべりました。

ウルトラにチャレンジを始めて、いつも制限時間ギリギリで、少し速くなりたいと思い始めてからどうも時計を気にすることが増えてました。

その結果、前半突っ込んで、後半ヨレヨレというパターンを何度も繰り返していました。
こないだの富士五湖はそのパターンの最強系。

僕にとって大切なのはタイムとかそういうのじゃなくて、ゴール出来るかどうか。
そしてその大会を楽しめたか、どうか。

そういう大切なことを見失っていたように思います。

やっぱりこれだよな。楽しむことだよなと思いつつ、稲子湯エイドに到着。
ここで我慢していた、ダムの放流を行い(小便と言えと)スッキリ!!

トイレに並び、バナナやら菜飯おにぎり、オレンジなどしこたま頂き、エイドを後にします。。

この辺から暑さを感じ始め、水を被ります。。。

稲子湯エイドの後は急登。走ったり歩いたりしつつ登るとそこからは下り。

時間を稼ぎたい気持ちを押さえて、楽に下っていきます。。

小海リエックスの前をテクテク通り過ぎて、あっという間に八峰の湯に到着!!

奥さんが一言。「ここでこんなに疲れてないの初めて!!」

・・・、僕もです。ウルトラ先生。

「いやいや、あなたは五湖を制した方だから!!」

と、軽口を叩きつつドロップバックを受け取りに。

手早くキレートレモンゼリーとレッドブル、OS-1ゼリーをお腹に入れて、大好きな八峰の湯エイドからの景色を眺めながら50kmのエイドに向けて出発!!

ここでアームカバーと手袋はドロップバックへ。

松原湖もきれいです。。

ここからの下りも抑えめのペースで下っていきます。

結構驚きなのが、かなり楽に走っているもののいつもの野辺山ウルトラの時とそんなに通過タイムが遅くない感じでした。

ウルトラ先生ことうちの奥さん曰く、ゆっくり走っているけどいつもより歩きが少ないのとエイドの時間を削減していることが良いみたい。

そうですかウルトラ先生。

このウルトラ先生は秋の富士五湖も問答無用で118kmだし(当然僕も。)、川の道ハーフに出る方法を調べているし(これは僕は出ません。まだ考えられません)、どんどん変態への道を歩んでいます(;^_^A

そんなウルトラ先生の教えを守りつつ進んでいくとあっと言う間に50km。

え、なんだこれ。富士五湖の時の50kmと全然疲れが違う。

ここまでが楽に入った前半戦。ここから残した脚を使って走っていく後半戦!

滝見の湯に向けて粘りに粘っている時に、勝手にこっちが知っているすごい方から声をかけてもらえる驚きの中盤戦(マジで驚いた。うれしかった。。)。

2019年野辺山ウルトラマラソン 第二話「テンション爆上げ」に続く。。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。