So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
チャレンジ富士五湖 ブログトップ
前の10件 | -

チャレンジ富士五湖 まとめ [チャレンジ富士五湖]

毎度のことですが、心的描写ばかりのレポなので今後の自分の為にまとめます。。

■アクセス
・神奈川県の自宅から車で1時間半程度で富士急ハイランドの駐車場まで行けました。

■装備
・帽子:Raid lightのパタパタ付きの帽子
 ※ジプシーカバーは暑い時に濡らして帽子と頭の間に入れて頭冷やしました。。
・アウター:ユニクロのポケッタブルパーカ
 ※山中湖あたりで脱ぎました。その後は着ずにゴールまで。
・手袋:一応持っていきましたが今年の気候では不要でした。
 ※未使用
・上半身:アンダーアーマーのヒートギア半そで+野辺山T+RLアームカバー
 ※アームカバーも山中湖あたりで外しました。
  濡らせば冷感を感じれるかなと思いましたが、どうも熱がこもる感じがして、腕を濡らして気化熱を利用してクーリングしていきました。日焼け止めも朝腕と顔、首にぬりぬり。
・下半身:CW-Xのハーフタイツ+ノースのハーパン+C3fitのゲイター
・足:タビオのレーシングラン+On Cloud
 ※クッション性を重視してのシューズのチョイスでしたが、特に疲労感に変わりはないかも。
  それなら進みやすいクラウドフラッシュとかのがいいかなぁというのが今回の所感。
  後、水で濡れるとクラウドフラッシュとかと比べてアッパーが乾きにくいかも。。
  野辺山はクッション性より進みやすさ重視でクラウドフラッシュで行きます!
 ※爪は全て無事。やっぱりOnは足にあっているらしい。
・ザック:ドイターのいつもの。
・その他:チリーパッド
 ※暑さ対策の最終兵器。エイドの度にビショビショにして首に巻いて首や脇を冷やしました。
・その他その2:ワセリンぬりぬり。
 ※擦れ防止
・補給食:速攻元気のジェル、メダリストのジェル×4本、ソイジョイ×4本、自家製のナッツバー×3本、おせんべい、OS-1ジェル、メダリストの粉(BCAA)×5本、アミノバリュー粉末×5本、クエン酸を含んでいるとかいうマツキヨのドメスティックブランドのキャンディー×3個、塩熱サプリ×5錠、芍薬甘草湯×4個、バンドエイド×4
※ほぼ全て使用。
 エイドの食べ物が小麦関係が食えないのでかなり多めに持って行ったが、ジェルはもっとあってもいいかも。
 あと、前半戦でしんどくなるのは、もしかしたら補給が足りないのかも。
 朝3:30におにぎり2個→5時スタート→20km過ぎまでエイドのコーラとOS-1ジェルちびちびでは、糖質が足りないのか?
 野辺山では、10kmで早速エイドの食べ物と、ジェルを入れて試してみる。
・ドロップバックは使用せず。
 理由は時間をロスしそうなので・・・(;^_^A

・レース中、水を携行するのに、ソフトフラスクを買おうかと思いましたがザッと調べた感じ結構お値段するのでびっくり。ペットボトルにすることにしました(;^_^A

■大会後の体の感じ
・当日は体がカッカしてあまり眠れず。
 月・火・水とランオフ。筋肉痛もだるさもなかなかの状態。脚もむくんでる。
 木は1kmラン、4kmウォーク。
 金、ランオフ。
 土、通勤ラン(7km@8:00/km)
 日、10kmラン(7:30/km)
・現在、左足の踝の上あたりに張りはあるが、特に走って悪化もしてないので徐々に消えていくかなぁと言う感じ。
・不自然な眠気も、だいぶなくなり通常運転になりつつあります。
ある程度体を動かしたほうが疲労は抜けますが、さじ加減を間違えると故障しそうなので要注意かなぁ。。

■野辺山に向けて
・GW中は悲しきかな、日曜日以外は仕事なので6日までは10km以内で体を動かし、疲労を抜くことに徹していきます。
野辺山までに通勤ランでのつなぎを中心に、他で30km走一本と、20km走一本出来れば・・・・上出来かな!!
とりあえず、第一は富士五湖の戦いの疲れとかを野辺山に持ち越さずに行くこと!!これが一番です。。

■今後
・今回のタイムは確か13時間44分。
最近13時間40分台での完走が多くなってきました(2017富士五湖、日光、2018富士五湖)。
初めての完走が13時間57分だったことを思うと大幅な成長な気がします(;^_^A

もう少し、余裕を持って完走できるようになるには、走行距離を増やす・・・というよりはフルマラソンのタイムを向上させていく・・・ということでウルトラのレースペースに対する余裕度を持たせていくというのが良いような感じがしています。
もう、仕事やら家庭やら他のこととの両立とか考えると月間350kmあたりが上限で良い所かなと。と、いうか、僕の体がもたないかもしれません(;^_^A
なので、また秋のフルマラソンでは一つ何かテーマを掲げてがんばってみようと思います♪

そんなで、富士五湖振り返り・・・・おしまい!!

それにしても、もう大会が終わって一週間も経ちました。

今日も走りながら富士山を眺めて、「先週の今頃は悪態ついてたなぁ」と思いました。

なんだかんだ、やっぱり楽しかったなぁ・・・・。

これが、ウルトラの魔力。

「悪態のち、楽しかった♪」。
nice!(7)  コメント(4) 

第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第三話 「信じられない帰還」 [チャレンジ富士五湖]

第三話・・・というより、「最終話」でした(;^_^A

そんなで想像以上に早く着いた旧精進小学校72km地点の関門。

素早く、体を冷やして、補給をして関門をあとにします。

ここから走れれば、かなり関門に対しての余裕が出来ます。
しかもしばらくは登りもあるけど、そこからは下り。
下りは重力まかせで下って行ってもかなり速いスピードで行けます・・・・

と、いうことはここが勝負所!!

しかも、最後の激坂は走れるかどうかは微妙な所。
登り坂で今のふくらはぎの状況では歩きをチョイスしたい。
なので、やはり貯金は少し必要。

うーん。やっぱりここから80km地点の関門と、94km地点の関門は勝負所。
ここの二つの関門をうまく貯金を作りつつ突破したい!!

前半戦で反抗的だったふくらはぎは、芍薬甘草湯の再投入と、「今はクラウド履いているけど、脚さばきはまるでサンダルランの時のようなイメージのラン」により、時々反抗的な態度を見せるけど、まぁなんとかコントロール出来ている・・・。

そんな感じで登りは歩き、走れる所は走り・・・で進んで行きます。

しかし、どうにもこうにも脚の痛みが気になるレベルになってきています。

なんだか、左のふくらはぎさんを意識しすぎているのか、左の骨盤あたりがやたらにギシギシしとる!!

とにかく、痛いとかどうのという感情は頭の隅にやって進んで行きます。
どうしてもの時はとにかく補給します。。
食べると、少しだけ痛みが緩和する気がする・・・・♪

・・・僕は、イヤホンをしてのランはしませんが、よくウルトラ中は音楽を脳内再生します。

この日、最も脳内再生した曲は、ミスチルの「優しい歌」でした。
あと、ミスチルの「その向こうへ行こう(タイトル違うかも)」だったかな。

そんなで、ごまかし、ごまかし、80km地点の関門に到着!!!

「うぉぉぉぉ!!ここにきて、関門に対しての貯金が増えた!!!」

しかもここにきてさらに追い風なのが、風がだんだん冷たくなってきている!!

・・・・走れる!!もう体が暑さを感じていない!!

手早く、帽子のパタパタを取り、もう冷やす必要もなさそうなのでチリーパッドもザックの中にしまい、次の関門を目指して走り出します。。

・・・この辺の道は、延々と湖畔沿いを進んで行く地獄の道(笑)

残酷な位、景色がきれいなのと、湖が静か。

野辺山の馬越峠で上を見上げると、木々の間から先行するランナーが見えるのですが、ここではずーっとくねくね曲がった湖畔沿いの道の先にランナーが見えます。

チャレ富士は2.5km置きに距離表示があるのですが、ここではその表示が本当に長く感じました。。
帰りの車の中で奥さんとそのことを話していたら、奥さんもキレそうだったらしいです(;^_^A

先を見たら嫌になる。とにかく一歩。一歩。

きっと人生もそう。
僕は、〇年先を見据えて・・・とかよく聞くけど、どうもしっくりこない。
今ここに集中することこそが大切なのではないか・・・・。
自分が生きている時間は過去でも、未来でもなく、今だ。

今がんばるんだ。今出来ることをするんだ。

時々頂く横を走る車からの声援や、私設エイドの方の声援が本当にありがたい。
声援に「よっしゃーありがとう!!」と言うだけで元気になった気がします。
不思議なことに実際ペースが少しだけあがるんです。
ありがとうブーストの燃料をたくさん、本当にたくさんいただきました。

エイドステーションでは1分~3分限定の座り込みも解禁!

ここらへんで、奥さんから「しかし、よくそれでここまできたね~!!」と言われました(;^_^A

普段なら、「何だとコノヤロー!」とかいうのですが、この日はもう真面目に「泥仕合ならまかせろ!」とか言っていた気がします。

本当、時間はかかるだろうけど、僕ももう少し走力を上げたい。

多分、認めたくないけど僕には運動の資質はない。

逆上がりが出来ず、かけっこでは、もう一度ゴールテープを張りなおしてもらうレベルで遅かった。
そんな僕だがテニスは本当に練習した。資質はないと指導者にハッキリ言われたこともあります(完全な努力型だと)。
資質のない自分が嫌で仕方なかったです。それとの戦いでした。
望む結果は得られなかったけど、自分では想像もしていないようなレベルまで自分を引き上げることが気が付いたら出来ていました。

僕、資質はないないと言われますが、昔から運動は好きなんです。

好きならいいじゃないか!!
効率がちょっと悪くてもいいじゃないか!!

だから、ランもコツコツ楽しくやっていこうと思います。

その先で、もう少し速く、遠くへ走れるようになりたい。

でも、それを達成するには今やっていることの積み重ね。

途中、おかゆエイドでは去年会えなかったキューピーちゃんとハイタッチ!!
僕はおかゆ苦手なので、ソイジョイをバクバク。。
しかしまぁ、お腹が空きます。。

その後スタスタ進んで行きます・・・・。もうひたすら無です。

途方もない目的地でも、一歩を繰り返せば辿り着ける。途方もなさに絶望して止まったらたどり着けない・・・・この日はそんなことを何度も思いました。

ついに・・・・見えてきた!河口湖大橋!!ここから市街地に入ります。

去年はここから歩き倒しでした。

今年はここから94km地点の関門まで、ほぼ走る!!

少し登りなんだけれども、走る!走れる!
市街地に帰ってくると、信号があるので時間をロスするのですが、ある意味休憩とプラスに捉えていきます。

正面に富士山を見ながら進んで行きます。。
この日の富士山は本当にきれいでした。富士山見ると何故か元気になります♪

時計を見ると、かなりの関門に対しての貯金が出来ていました。

これで、、、あの坂に対しては安全運転で挑める・・・・!

もう、この時の僕の脚の攣りの状況だと、あの坂を走るとかなりやばい感じがしたのでここまでが相当ながんばりどころでした。。。

来た!

94km地点のエイド!!!!

ついに最終関門です。

色々補給を済ませ、確か17:40頃には出発したと思います。。。

まだゴールしていないのですが、一つ、念じ続けていた「最低でも18時に最終関門出発」を大幅に達成できました!!!

ついにこの登り坂からは、あの長かった距離表示が「あと○km」に変わります。

無言で今日を振り返りながら登っていきます。

自分をダメにするのもメンタル、良いほうに持っていくのもメンタル。
今日はどちらの自分もいた・・・・けど、陽が出れば日陰が出来るようにそれは対のようなもの。
片方を否定していては、どっちも成り立たないものなのかも。

色々な方に声をかけて頂いた。。
本当にありがとうございます!

そして、悪態をつき、どうしようもない旦那と走ってくれた奥さんにも感謝。
まぁこのブログを奥さんは読んでませんが。
奥さんの分類によると「走力の奥さん」「作戦、完走プラン作成の僕」と役割が割れていて、役割が違うから良いそうです。

「制限時間まで絶対に戦う」と腹をくくって今日は挑んだけど、まさかここまで帰ってこれるなんて。

長い長い登りを終えて、ついにラストは緩やかな下り。

ギコギコする体にカツを入れて進んで行きます・・・・!

ゴール会場のアナウンスが聞こえてきます・・・!

無数の「おかえりなさい!!」に迎えられます。

本当、このおかえりなさい!!は、ジーンと来ます。

会場に入り、アナウンスで僕の名前がコールされている・・・・。

なんだか、自分でしていることなのですが信じられない帰還でした。

ゴールが見えた瞬間。思わず口にしました。

「信じられねぇ・・・・今日、自分の脚でここに帰ってこれるなんて・・・・」

「よっしゃーっ!!ありがとうございました!!!」

ついにこの日のゴールを迎えました。

こんなに自分の奥底に眠るコンプレックスと向き合った時間は久しぶりでした。
これも、1月から自分なりに追い込んで走ったからこそ向き合えたこと。

本当に良い一日でした!!

この大会に関わったすべての皆様、本当にありがとうございました!!

第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第三話(と、いうか最終話) 「信じられない帰還」完
nice!(6)  コメント(2) 

第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第二話 反撃開始 [チャレンジ富士五湖]

とりあえず、河口湖大橋を渡っている時に振り返ると見える富士山のきれいさはすごいです。。

沈むところまで沈んだ僕のメンタル。

考えても仕方のないことを考えるほど、メンタルの削られることはない・・・

と、わかっているものの、仕方のないことだからこそハマってしまうこともあるのだな・・・

と思いました。

とりあえず走りながら、自分を客観視。

暑い。脚攣ってる。想定外にしんどい。

俺は、この恐怖の三連星の繰り出すコンボで去年の野辺山の惨劇がもう一度起こる恐怖に怯えている。

この際奥さんとの走力差とか、適性とかはどうでもいい。

そして、この三連星の暗躍により、関門時間ギリギリの戦いを強いられている。

・・・・なるほど。わかったよ俺。

でも、俺は昔のケンシロウではない昔のこばすけではない。

酷暑対策に買った、首をガードするパタパタ付きの帽子に、水を含むと冷たくなるチリーパット、そして去年の野辺山でのアーリーエントリー特典のジプシーカバー。これらを総動員して体を冷やせば、暑いのはなんとかなる。

エイドの被り水でビチャビチャにしたジプシーカバーは冷たさがなくなるまで帽子と頭の間に挟み込んで頭を冷やし・・・チリーパッドは首に巻いて首を冷やす。
適時、顔や腕もそれらを使って濡らし、気化熱で冷やしていく。

脚攣りは、芍薬甘草湯を投入。塩熱サプリも。

想定外にしんどいのは、ちょっと多めに補給をしてみることにする。
エイドでフルーツを食べたら、さらにジェルを取るとかする。。

ほら、ちょっとだけ快適に進めるではないかっ!!!

恐怖の三連星どもも、少しだけたじろぐ!

・・・・むむ、、、昔のこばすけではないな・・・・。

・・・執念!俺を変えたのは、貴様(野辺山)が教えた執念だ!!

そんな北斗の拳チックな成長を見せつけつつ、第三関門、足和田出張所。

ここのエイドはカオス状態だった・・・・。

想定外の暑さにやられているのは、ランナーばかりでなく、エイドステーションまでも混乱に陥れている・・・。。
どこかのエイドでは被り水も、飲み水も底をつきそうになり、ボランティアの方がてんてこ舞いになっておられました。。
いやこれ、去年と全然気候違いますもんね。。
僕の脳内でも某ダチョウ倶楽部ばりに「聞いてないよ~」連発だもん。

僕が勝手に「第三ウェーブスタートの洗礼」と呼んでいるエイドステーションの食べ物売り切れ状態も食らいますが、それも仕方のないこと。
ザックの中のソイジョイを食べて、ここの関門を後にします。

この時、関門閉鎖の15分前。

焦るはずが、妙に落ち着いていました。

まず、富士五湖は前半の関門がシビア。
ここから、少し関門時間に余裕が出来、夕方には気温も下がるからもっと走れるようになるはず。
72kmの精進湖の関門も15分前とかに抜けれれば、なんとかなるはず。
多分そのプランなら、登り坂は歩いても下りとフラットな所で最低7:00/kmで走ればなんとかなるはず・・・・!

そんなことを思いつつ西湖への坂を歩いてきます。

途中、確か60km過ぎのエイドで朝日新聞の方から取材を受け・・・・(人生初)
後日、ネットで記事見たら名前出ているしビックリでした(;^_^A
この記事は、珍しく記念に取っておくことにしました(笑)

記者さん「こんなに暑くて、つらくないんですか?もう60km位走ってますよね?」
僕「いやマジ今日はここに着くまでに100回は止めたいと思ってます。暑いししんどいし。でもそれをしに来たんです。そことの折り合いをつけることこそが面白い所なんです。だから残りも自分との勝負です」

みたいなことを答えた記憶があります。

そのうち情熱大陸で取材でもこないかな(笑)

などと思いつつ進んで行くと、63km地点のうどんエイド!!
この先も文明堂カステラエイド!!

と、なんとも楽しい美味しいエイドがあるのですが、僕は小麦の遅延性アレルギーがあるので諦めて進んで行きます。
自家製の米粉で作ったナッツバーとソイジョイ、おせんべい、メダリストのジェル、エイドのフルーツ、これらが友達さ・・・・。

途中、スライド区間で、JUNさんに初めましてのご挨拶。ありがとうございました♪

この精進湖あたりが一番気温も高くつらかったように感じますがなんとか一定のペースでは進んできます。

このへんで奥さんが「辛くなってきたから、(ワンピースの)イワンコフにテンションホルモンを打ち込んでほしい」などと言い始め、僕は僕でしんどいので真面目に「俺ならエネルギーステロイドバカ食いするな。ホーディみたいに」などと答え、もう訳の分からない状態に。

・・・・「旧精進小学校の72km関門に15分前に到着、15分前に到着。」
もはやマントラの如く念じて進んで行きます。

体冷やして、補給して、足を前に、楽に、軽く、スムーズに、景色楽しんで・・・
途中途中の応援の方のお声掛けも本当にありがたかったです。
何故かこの日野辺山の参加賞着ていたのですが「去年の野辺山のほうが暑いよ!大丈夫!」とか、「今年も野辺山がんばろう!」とか声かけて頂き、本当に元気を頂きました。
朝から、ここまで、そしてゴールまでも、たくさんの「ありがとう」に背中を押してもらっているのだ・・・と思うと感極まりそうになりますが、まだゴールしてねぇし(;^_^A

そんなこんなで来た!!72km関門!旧精進小学校エイド!関門閉鎖20分前到着!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!   っていう気分でした(;^_^A

僕の書いたシナリオ以上の速さでたどり着けました。

精進湖を回ったら、後は帰るのみ!
あの恐怖の先の先まで見える湖畔沿いランを再び!
最後の坂は走れたのか?
そして何より、僕がゴールで感じたものとは??

第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第三話 「信じられない帰還」に続く・・・

===================================
今日は、富士五湖以来のランをしました♪

・・・つっても、1kmラン、4kmウォーキングですが(;^_^A

ゆっくりゆっくり疲労を抜いていこうと思います。。


nice!(8)  コメント(4) 

第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第一話 越えるべき相手 [チャレンジ富士五湖]

スタート前。

毎度のようにトイレへ通いつめ、膀胱を空にするする。。

トイレに並びながら、前日の夜に、昨年の野辺山でDNFした後の殴り書き反省メモを読んだことを思い出しておりました。

なんでこんなに後悔しているのか。

それが、やっとわかりました。

それは、やりきってのDNFでなかったから。

本当に脚が痛ければ、リタイアバスから降りれないはず。

本当に熱中症でやばかったならば、次の日も体調がもっと悪いはず。

せめて、制限時間までコース上で戦うべきだったのでは?

つまり、僕は限界のラインをもっともらしい理由を並べて早く引きすぎだったのでは?

だからこんなに悔しいのだと。

この気持ちこそが、この日、これから起こることに立ち向かう力となることをこの時の僕は知らない・・・・。

スタート前、整列すると去年と比べて随分暖かい。

いつもの「完走するぞ~!!」で叫んでスタート!

去年は前半突っ込みすぎて、後半えらいことになったので抑えめに入ります。

大きな下り坂を下って、スタスタ進んで山中湖の第一関門につく間際に、、、

ビキッ。

ふくらはぎが「マジで脚攣る5秒前」サインを出してきました。。

ハイ来た。反抗的なふくらはぎ。

この時に、心の中でこの一か月渦巻いていたくらーい感情が噴出してきます。

なんでだ。

なんで。

今回、1月~3月まで過去最高の走り込みをしました。

3月に入ってから、走っていない時にいきなりふくらはぎが攣って、その後歩くのも難儀することが何度もあり、走る計画を修正することが続いておりました。

ブログには書いてないですが、大会の2日前にも激しく攣り、アイシングしまくって当日を迎えていました。

僕と同じメニューの特訓をしている奥さんはこんなことは起こっていないし、貧血みたいな症状も出ていない。

・・・なんでだ。

・・・資質の違い?

こんな「なんで?」や「資質」とか、他人との違いなんて考えてもどうしようもないことなので今まで心の中に封印していましたが、この第一関門でピキッときたことで抑えていたいたそういう感情が噴出してきます。最高にドロドロした、ひがみと劣等感の感情です。

それでもなんとか景色を楽しみつつ山中湖を周回し、北麓公園へ戻る所の坂で、徐々に上がってきた気温と坂を走ったらふくらはぎがマジで攣ると思い、「すまん。歩いていい?」と歩きを入れました。

完全に被害妄想なのですがその時の奥さんの顔が「はぁ?」って顔に見えて、ついつい、「ごめんね~。俺のペースに合わせなければ12時間とかで完走できるはずなのに。お前は俺と同じことしてて走力が伸びてるのに俺は逆に体調悪くなって脚も攣ってるんじゃ世話ねーわな!」などと言ってしまいました。

・・・出ました。サイテー男。
本当にそんな僕に付き合ってくれていて本当感謝です。言いませんが。いや、ゴールした時に言ったかな(遠い目)。

そんなで、本当にみっともなく、せっかく富士五湖まで来ているんだから楽しめよ!
という突っ込みを百回は入れたくなるような状況。

そこに加えて、どんどん暑くなってきます。

河口湖大橋の所の温度計は「28℃」を表示。

頭もボーっとしてきます。熱が体にこもり始めます。
それに加えて反抗的なふくらはぎ。

あぁ・・・・ダメかも。

どんどん関門に対しての余裕がなくなってきている。

いやもうそもそもダメなんだよ。二日前に脚攣るとかないし。
平地の通勤ランで一か月前は息上がってたし。

そんなで河口湖大橋を渡っている時に、気づきます。

・・・・これは・・・・野辺山と一緒だ。

今も楽しいけど、戦えていない。

結局自分と戦えていない。

他人と比べて落ち込んで、自分の劣る所をあげつらって、自分の可能性を見限っている。

・・・・それをしにきたんじゃないだろう?

そうだ。この感情こそが僕の戦うべき相手だ。

ゴールするんだ。自分の今出来ることに、今ここに集中するんだ。

「俺は、何があっても制限時間アウトまで戦う。もし関門時間がやばい時は置いて行ってくれ。」
「でも、絶対にゴールするシナリオはある。ゴールする。やれることをする!」

奥さんに何故か宣言しました。

僕のチャレンジ富士五湖を真に楽しみ倒し、苦しみ倒すスタートは河口湖大橋を渡る所から始まりました・・・・・!!

第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第二話 反撃開始!!に、続く。
nice!(7)  コメント(2) 

チャレンジ富士五湖、行ってきました!! [チャレンジ富士五湖]

昨日、チャレンジ富士五湖行ってきました!!

なんともネタとトラブル満載の13時間40分位の旅でした(;^_^A
楽しかったです♪

大きくトピックスは、、、、

・まさかの夏日。去年の野辺山のトラウマ再来!?
・大会2日前にふくらはぎ激攣りで大会当日までアイシング
 反抗的なふくらはぎは最初の湖の山中湖で牙をむき始める!!
・性格最悪、いじけ虫こばすけ登場!?
・こばすけ家、レース中に新聞記者さんからの取材を受ける!
・去年会えなかったキューピーちゃんとの邂逅。
・久しぶりの咆哮!最高のゴール。

関門閉鎖15分前に滑り込みが多かった今回の大会。特に72kmまではヒヤヒヤものでした。
涼しくなれば、そして下りと平坦な所で7:00/kmで走れば他は歩いてもなんとかなると言い聞かせながら進んでいきました・・・・!

本当に富士山がどこから見てもきれいで、またエイドの方、応援の方、ランナーさんとのやりとりで元気を頂きつつ進んでいくことが出来ました♪

ありがとうございました!!

================================
僕のウルトラ後あるあるなのですが、とても早く目が覚めてしまいました(;^_^A
体がカッカするのと、筋肉痛がエグイのでそれで目が覚めるのでしょうか・・・??
仕事は午後からなのに・・・・(;^_^A

なので、シューズやらザックやら昨日着ていたものやら早朝から全部洗いました~♪
無事に家に帰り、汚れたものをきれいにするまでが大会なので、これで気分もスッキリです♪

しばらくはランオフしてしっかり富士五湖の疲労を抜いていこうと思います!

次は・・・・野辺山!!

nice!(8)  コメント(4) 

いざ。チャレンジ富士五湖へ。 [チャレンジ富士五湖]

ついに1月~今日まで取り組んできたウルトラ特訓も今日の通勤ランで終えました。

自分でやると決めたことだったので、かなりしんどい時もありましたがやりきりました。

途中、プランを下方修正しつつ大きな故障だけはしないで今日まで過ごせたのは良かったです。

サブいくつとか、そういう目標は今回も立てません。

今までのウルトラの感じだと、僕は「完走するのでいっぱいいっぱい」で、道中起こる数々の事の一つでも裏目に出たら完走が危ないという状況でした。

・・・なので、今回はそういういっぱいいっぱいの状況を脱して、ゴールへ到達することを目標にしていきたいと思います。

きっと、今まで取り組んできた、「休憩で座り込みしない」「ペースの保持」「気象への対応」や今までの体験してきたことや座学で得た知識をフル稼働させれば・・・・

きっと、最高のゴールが出来るはずなんです。

いやいや、楽しみです。

明日は午後から仕事お休みで深夜に出発します。
準備もしていかなければ・・・・
エイドのものは小麦モノは全て食べれないので自分でも結構色々用意しました。

富士山眺めながら湖畔を走る・・・・最高です♪

楽しんでこようと思います♪♪
nice!(9)  コメント(10) 

第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 最終話「声援がありがたくて、しみるんです。」 [チャレンジ富士五湖]

最終関門も出て、もう完走は間違いなく手の中にある感じ。

ただ、もう体がかつてない潰れっぷり。

幸運にも(!?)ここからは激坂。

野辺山ウルトラの馬越峠の練習だぁ!!とばかりにパワーウォーク。

「ここまできたねぇ」
「よく走ったねぇ」
「今日見たワラーチランナーさんのワラーチを見て、さらにワラーチ制作意欲をくすぐられたわ」
「あっ、ベイ、負けてる!!」
「クラインで一失点とか、すごくね!?」
「サード誰がいいのかなぁ・・・・」
「こんな一日の使い方、おかしいけど超ぜいたくだよねぇ」
「13時間切れるとか、マジなかったわ。ちょっと調子乗った考えだったね」
「こりゃ18時30分くらいにゴールかなぁ」
「下りは走りたいなぁ」
「いやしかし、面白いけど、100kmきつい!」
「湘南ゴールドエナジーがあるエイド、結局どこだった?」

こんな話をしながら進んでいき、ラストの2kmは下り!!

・・・・なんですが、もう走れない(泣)
太ももの筋肉が、下り坂に対応しきれない程バッキバッキです。

競技場へ向かい、懸命に進んでいきます。

この辺から「おかえり!」とか、「ナイスラン!!」とかいっぱい声掛けて頂けます。

あぁ・・・・今日何回こうやって声掛けて頂いたんだろう。。。

こんな這いずり回っている状態なのに、、、ナイスランなんて、、、、

「ありがとう!!完全にウォークです~ごめんなさい~でも本当ありがとう!!」
「ただいま~!!帰ってきました~!!」

なんか、そうやって言っていたら、、、、あれぇ?

前が、、、見えねぇ。。。嗚咽が止まらん・・・・!!!!

僕、スポーツで泣いたのは中学校の引退試合、高校の引退試合、大学の怪我で大会リタイアの時、引退の時、、、、と「負けた時」しか泣いてないんです。

この日の涙は不思議な涙でした。なんだったんだろうアレ。。。
でもきっと、これもウルトラが好きな理由の一つなのかな。。

大勢の方からの「おかえりなさい!!」が本当にありがたい。。

どんなペースかは分かりませんが競技場の手前からヨチヨチ走り始めました!

アナウンスで「○○(僕の名前)さん、夫婦でゴールです!!」とコールしてもらい、帰ってきたことをさらに実感。

最後にカーブを曲がると、ゴールが見えてきました!!!

今日の色々なシーンを思い出しながらゴール!!!!

ありがとう綺麗な景色、ありがとう運営の皆様、ありがとうボランティアの皆様、ありがとう応援の皆様、ありがとうランナーさん。。。

チップを取ってもらい、顔を上げるとありえないくらい綺麗な富士山が!!

奥さんから「さっき(全俺が泣いたシーン)、どうしたの?」と聞かれ、
僕「いや~声援がありがたくて、しみちゃったんよ。あはは」

ま、あなたも感極まってたけどなっ!!

本当に楽しい、素敵な景色満載の大会でした。。。ありがとうございました!!

そんなこんなで、

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 最終話 「声援がありがたくて、しみるんです。」 完



第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第3話「目指せ、ステラシアター。」 [チャレンジ富士五湖]

いよいよ4LAKESの部でゴールから一番遠い湖、精進湖へ。

ってもひたすら淡々と歩かず進んでいく。

このあたりはエイド以外はろくに話もせずに進んでいきました。

そんな中、唯一「歩きたい」以外に言おうと思ったことは・・・・

精進湖→しょうじこ→しょうじ→「じょうじ」

「じょうじ」

・・・・ここ最近読み始めた漫画のテラフォーマーズに出てくるゴキブリは、何故か「じょうじ」と話してゴキブリ同士でコミュニケーションを取っているのですが、ここで、先を指さして奥さんに「じょうじ」と言いたい衝動に駆られましたが、言ったらドン引き&ケツ蹴られ不可避なので自粛しました。

本当に勝負所だし、ふんばって進んでいるのに、頭の中ではテラフォーマーズ。

これ如何に。

そんなで、第6関門に到着!!!

あと、28km。

座って補給しつつペース表を確認すると、だいぶ制限時間に対して余裕が出てきました。

ここでも、ペース表を指さしてテラフォーマーズやりたかったのですが、、、

「じょう(ペース表を指さす)・・・・じょう(現在時刻を確認する)・・・・じょう(残り時間を確認する)・・・・じょうじ(ニヤリ・・・)・・・!!」

・・・・もうやめます。ごめんなさい。

そんな精進湖を後にして、残りは西湖・河口湖です。

「よっしゃ!ステラシアター目指すぞ!!!」

進んでいきます。

再びうどんエイドでうどんを頂き、湖畔沿いを淡々と進んでいく。

ここらへんは、クネクネ湖畔沿いの道が曲がっていてずーっと先までランナーが見えて折れやすい僕の心に折り目をつけてくる感じでしたが、ひたすら進んでいきます。

この辺から車の中からも「がんばれー!!」と声援を頂き、「ありがとう!!」と叫ぶことでなんだか元気が出てきます♪

なんかこの車からの声援、100km初めて走った二年前の野辺山ウルトラを思い出しました。
あの時は95kmからゴールまで、車からの声援が本当にありがたかったんです。
制限時間、3分前のギリギリゴール。

「速くなくていい。動き続けるんだ」
「エイドでは1分だけ座る」
「しっかり食べる」

道中、野辺山Tシャツを着ていたので「野辺山出ているんですか?」と声をランナーさんにかけて頂き、しばらくお話ししながら進んでいきます。
この会話のおかげでかなり元気でました♪
ただ僕、やや蛇行気味だったのか、その方と三回位腕がぶつかり・・・・すみません&ありがとうございました。。。

その後、私設エイドに僕がお世話になっている間にその方は先行し、また僕は僕で進んでいきます。

本当、私設エイドの方との会話や応援の方のおかげでここまでこれているなぁ・・・・

と、しみじみしていると、ついに河口湖に別れを告げ、市街地へ。

やや登り気味の市街地。

・・・実は、「じょうじじょうじ」と脳内で遊んでいた精進湖あたりから、ふともも前の筋肉疲労がかなりのモノとなっていました。

もうこのあたりでは、変な立ち方するとふとももがワナワナする感じになっていました。

何故か、精進湖の当たりまでは13時間を切れるかもしれないくらいのハイペースで来ていました。
そのツケが一気にドンとここまできた感じです。
僕の100kmのベストタイムは13時間50分。
フルマラソンだって、去年の12月の湘南国際でギリの4時間切り。
スピードを上げることより、「動き続けられること」を目指した特訓中心でここまできてます。

だから、そんなペースで来ていたら、まぁつぶれるでしょうねぇ(;^_^A

奥さんもあちこち痛くなってきたとのこと。。

あー、やべぇ。。

自動販売機でドデカミンを買い、カロリーメイトをボリボリ食べながら歩きでステラシアターを目指します。
少し寒くなってきたので、この辺でポケッタブルパーカと手袋を装着。

ずっと歩いていても仕方ないので、電柱走りをば・・・・
ギシギシ体がきしむ感じがします。。
情けない話でしたが、かつてない潰れっぷりでした(;^_^A

電柱走りでどうにかこうにか進んでいき、、、

「来た!!ステラシアター!!!」

ついに最後の最後の戦いへ、そして初めてランニングのゴールで全俺が泣いた!!

最終話へ続く・・・・

第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 最終話「声援がありがたくて、しみるんです。」

第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第2話「河口湖と西湖の戦い~ただひたすら、前へ」 [チャレンジ富士五湖]

河口湖大橋を渡り、少し進んでいくと「猿回し劇場」が。
こっちを見てにやにやしている奥さん。

ええ、猿ですよ。猿顔ですが何か?!

そんな沈黙の攻防やらをしつつ進んでいくと、この日は桜祭りをやっているようで賑やか♪
しかも、ちょうど桜も満開で最高のロケーションでした♪

晴天に、富士山に、湖に、満開の桜。

究極の贅沢な環境でランできることに幸せを感じつつ、、、、ちょ、幸せなんだけど暑くない!?

と、なってきた頃に第三関門に到着。

僕の中でやばいと思っていた第三関門も無事通過。
ここのエイドでついに水をかぶります。
ここは、着替えも出来るエイドでしたが、利用せずそそくさと出発します。。

ここから西湖へ向かう道は登り坂。ペタペタ歩いていきます。

この登り坂を超えると、西湖、精進湖と行きます。
ここは割とフラットな感じ。そして暑くなってくる時間帯。
そう、「勝負所」です。
フラットなあたりではスピードはないけど、とにかく歩かず刻んでいく。
そのため、この登り坂を歩いている時はザックの中のサプリメントやカロリーメイトを食べて腹ごしらえします。

もうこの辺で先行するランナーさんとスライドするのですが、速い!!!

しかも、超笑顔で「ファイト~!!」って。かっこよすぎ。
「ナイスラン!かっけ~!!」と、応えるのみの、亀さんランナーなのでした(;^_^A

この辺だったか定かではないのですが、ワイナイナさんともスライドしました♪
「ファイト~!!」と言われ、テンション爆上げでした(;^_^A
ワイナイナさん、軽やかにめっちゃ速い!!しかも笑顔が素敵すぎ。

そんなかっこいいランナーさんとすれ違う、登りパワーウォーク中の僕は食べ物片手(笑)

食べものも終わる頃、登り坂も終わり一つ目の勝負所、西湖へ向かいます!!

あまり普段旅行にいかない僕。
今回、「おお、これが河口湖か」、「おお、これが西湖」・・・
みたいな感じで湖畔めぐりがとても新鮮で楽しかったです♪

勝負所と思っていた割には、力まず走れました♪
思い出すことは「歩きたい、歩きたい・・・・」と思ったら、西湖を眺めたり、山を眺めたりして景色に元気をもらいつつ、ただひたすら前へ。そして西湖を超えれば「うどんエイド」。

そんなことを思いつつ進んでいき、ついにうどんエイド!!!
うどんを食べて、確かこのエイドは応援もすごい賑やかで元気頂きました。
本当に応援、大きな力になります。感謝です。。。
そうそう、うどんも最高でした♪当然つゆも一気飲みです。。

このあたり、今振り返ってもかなり辛い所でした。
辛いですが、振り返ると楽しいし、楽しんでもいるのですが(;^_^A

思い出していたのは、完走出来なかった2012年の初フルのちばアクアラインマラソン。

足がつったとか、暑かったとか、色々理由はあれど、エイドで寝たり、戦意喪失していたのが一番の完走出来なかった理由だと思っています。

ああいう弱さがある僕は、とにかく「決める」ことが重要だと思っています。

「やる」と決める。腹をくくる。

思えば何でもそうでした。

腹をくくらずにやったことは全て中途半端でした。

仕事にせよ、勉強にせよ、資格取得にせよ、遊びにせよ、趣味にせよ、なんでもそうです。

弱い自分に対して、「いやいや、決めたからもう少しがんばろうよ」「いやいや、もうすぐエイドだし、そこまではさ、」とか、そんな感じで少しずつ距離を積み上げていきます。

そんなことを脳裏に、美しい湖畔を進んできた河口湖と西湖。

景色も旅しますが、思考も旅します。
これがウルトラの不思議な所であり、多分好きな所。
弱っちい自分と、少しだけがんばる健気な自分(自分で言うか)とのせめぎ合い。
多分こういう人間臭いのを味わえるのも好きなんでしょう。。

そんな、脳内の振り返りもこの辺にして、、、ランに戻ります。

次の湖は、、、、精進湖!!!

「おっしゃ、西湖終わり!!いざ、精進湖!!!」

第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第3話「目指せ、ステラシアター。」



第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第1話「山中湖はテニスの思い出でいっぱい」 [チャレンジ富士五湖]

「必ず、ここへ帰ってくる」

・・・いつもスタートする時に強く思うようにしています。

そんなで「いってらっしゃい」の声に送られ、山中湖へ。

北麓公園を出て少し進んでいくと、大好物の下り坂。

ごきげんで下っていきます。。。

しかし、いくら前半の関門がシビアだとはいえ、時計を見るといきなりのキロ5。
ええい。どうせ走れない坂とかもあるんだから今は走っとけ!!

そんなノリで進んでいきます。

山中湖に着くと、湖からくる風が冷たいです。
また、山中湖と言えばテニスです。

大学生、社会人の時と来て、社会人は楽しみましたが大学では地獄を嫌というほど見ました。

大学一年の夏に山中湖での試合で肉離れして、そこから色々怪我をして大学時代はテーピングと痛み止めにまみれつつテニスをしていました。。

それこそ、BORN TO RUN ではないですが、「何故私の脚は痛むのか?」という問いがぐるぐる頭を回っておりました。
そんな僕がウルトラマラソンに挑戦出来ている・・・・その事実がうれしいです。
余談ですが、現在の僕の脚はテニスをしていた学生時代より太くてゴツイ足になりました。。
年齢だけで言えば、学生時代のほうが当然若いですが、足だけで言えば今の方が学生時代を上回っていると思います。
ちなみに、学生時代より明らかに劣っているのはかみのk・・・・(以下略)

ま、年齢なんて記号ですわ!!ってことで。

そして奥さんもテニスをしていたので、「懐かしい!!!」と連呼しておりました。

山中湖は涼しいのでいい環境なのですが、高地なのでボールが飛ぶんですよね。。
ボール一個とかのバックアウトが多くなって、僕は高地が苦手でした。。。

あ、テニスって言ってますけど、二人とも「軟式テニス」です(笑)

そんな軟式・・・いや、ソフトテニスの思い出話をしつつ進んでいき、ふと時計を見た奥さんが一言「はやっ!!!」。

確かに時計を見ると、キロ6位で来ている。

僕らの走力だと、最高にうまくいって13時間を切れるかどうか、普通にいけば13時間40~50分くらいが多分ゴール予定タイムなのでかなりハイペース。

ハイペースなんだけど、ここまでは走れるコース(歩きを選択するような上り坂がない)。

・・・ということで少しペースをセーブしながら進んでいく。。

第一関門は無事通過。

ひたすらスタスタ進んでいく。汗はかいているけど空気が冷たいので上着も手袋も取らないほうがよさそうな感じ。。

天気も快晴なら、富士山が見えた気がしますが富士山には雲が被っておりくもり空です。。

30kmを超えたあたりで、お腹がすいてきます。
そして走れるから走る!と、ハイペースで来た疲れがもうすでにやってきました。。

一旦、エイドで休憩しつつプロテインバーを食べて、ペース表を確認。

とりあえずかなり突っ込んだおかげで、関門に対しての余裕は想像よりかなり出来ていました。

しかし、このハイペースなまま行ったら確実につぶれる感じです。

そこで、「ちょっとの上り坂でも歩きをいれよう作戦」。を実行。

歩きを混ぜていくことでフルの通過を4時間30~50分位にまとめていくイメージでいくことにしました(今回この判断が完走できた大きな要因だったように感じてます)。

そんなで少しスピードを落とし、第二関門も突破。

河口湖大橋に向かう頃には晴れてきて、少しづつ富士山も姿を見せ始め、、、チャレンジ富士五湖の真の恐ろしさも姿を見せ始め、、、、

このあたりでうちの奥さんは最近買ったiphoneで景色を取ったり、ペース表を見て唸りながら走っている僕の写真を撮って遊んでいる。

僕の頭の中では、オーバーペースを適正ペースに落として、それでも56km地点の関門にある程度の時間の余裕を持って到着できるペースはどれくらいなのかを必死に考えていました。

しかし、、、ペース表見ながら走っている写真はマジでやばい険しい顔してました(;^_^A

まぁ、役割分担が、

作戦総司令官:僕
気合(主にへばった僕のケツを蹴る (笑))・お気楽部門:奥さん

だから、仕方ないんですけどね・・・・

そんなこんなで信号にひっかかると僕はこれ幸い・・・・と座る(笑)
もう今の時点で、信号が赤になると喜んでいる精神状態はどうかと思いますが、、、

まぁいいか!!

ついに河口湖大橋に到着!!!
河口湖、でっけー!!とか、いいながら橋を渡っていきます。。

曇っていた空も、より晴れてきて、富士山がもっと見えてきました。

晴れてきたということは・・・・

あ、、暑くなってきた。。。。

ついにポケッタブルパーカと手袋を取り、河口湖湖畔へと向かっていくのでありました。。


第27回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン 第2話「河口湖と西湖の戦い~ただひたすら、前へ」に続く。。
前の10件 | - チャレンジ富士五湖 ブログトップ