So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日光ウルトラマラソン ブログトップ

第二回日光ウルトラマラソン 「奥さんの真の力ともう一つの日光ウルトラ」 [日光ウルトラマラソン]

・・・「そのゼッケン、私が今日連れて行くから一枚ちょうだい」

そんな奥さんの体育会系丸出しの発言からこの日は始まります。

受付で参加賞を頂いた僕はその場でDNSの手続きをして頂き、奥さんの準備を手伝いつつ過ごし、なんだかいつもとは全然違うウルトラの朝を過ごしました。

この日の朝は霧雨で寒く、「あぁ、これはタフなウルトラになるな・・・まぁでもタフじゃないウルトラなんてないか・・・」なんて、建物の中から外を見つつ思いました。

あっと言う間に、スタートの時間が来て、奥さんを見送りました~♪

今日の奥さん。

僕の心境としては、100kmのウルトラで12時間台、もしくは11時間台を出せるランニングの特訓を一月からずっと積んできたつもりでした。大きな特訓はすべて奥さんと一緒にやってきたのでそれは奥さんも同様です。

ですが、奥さんはあまりタイムに興味がないのと(曰く、ウルトラは家族旅行みたいなものだそうです)、僕が後に貧血と発覚する不調でお荷物化したせいで、今年出た、富士五湖、野辺山、オクムででは多分その力を発揮できていないな・・・・と思っていました。

なので、「いってらっしゃい!」と見送りつつも「あいつ、今日はきっとやるぞ・・・」と静かに期待しておりました。

100kmの部を見送った後は、62kmの部のスタート時間まで車の中で仮眠して、その後スタートお見送り♪

そしてそのまま、43kmの第三関門まで歩いて移動します♪

少し走れるかな・・・・と走ってみましたが、やっぱりまだ厳しそうな感じです。
でも、一番ひどい時と比べるとかなり良くなっていました♪

そんなで第三関門の東武バス営業所に到着!

62kmの部のランナーさんが鬼怒川方面へ行くのを見送り、その後は少し待ち時間が出来ます。

この間もエイドのボランティアの方は準備したり、トップの位置を確認したり・・・・と慌ただしく準備を進めておられ、こういう準備をしていただいている中で僕は走らせてもらっていたのだな・・・と改めて思いました。

そんなこんなでトップランナーが来て、「これ、ウルトラマラソンですよね?」っていうペースですっ飛んでいき、その後も多くのランナーさんをお迎えしつつ、ついに奥さん登場!!

いいペースで来ています。さすがです。
いろは坂の登りがハードでしょうが、この方は馬越峠も「ちょっと走ってみる」と走れていたし、オクムでも激坂を走れていました。
それを思えば、当然かなぁ・・・・と。

奥さんと話し、「じゃ、今市運動公園で!!」と別れます。

奥さんはコースへ戻り、僕は東武日光駅へ。

電車の中からもランナーさんが走っているのが見えます。
今更ですが、こうやって外側から見ているとウルトラって本当すごい距離だなぁと思いました。

そして今市運動公園の手前に到着!

もう62kmの部のランナーさんと、100kmの部のランナーさんがバンバン来ています。
丁度、ここのポイントは、62kmの部はフルを超えた所、100kmの部は80kmを超えた所です。
やはりどのランナーさんもその距離を超えてきて疲労と戦っている感じが伝わり、それでも前へ進んでいく様子に本当に感動しました。

liangさんともお会いでき・・・見つけて頂きありがとうございました♪

そして奥さんもやってきます。もう想定のペースより遥かにいいペースです。
「いい感じで来ているけど、ここからだよね」
「だね。とにかく補給だよ!ゴールで待っているから!!」
と、奥さんは残りの戦いへ、僕はゴール地点へ再び移動します。

・・・・この日は、奥さんとメールでやり取りしていましたが、初めてネガティブなメールがきました。
「90km突破。キツい!」

・・・これは、檄を求めているな・・・と察した僕は、檄を込めたメールを送りました。

ゴールで帰ってくるランナーさんを迎えつつ過ごしていると・・・・、

「来た!!」

もう奥さんはヨレヨレで、初めてウルトラに挑戦したあの野辺山の時のような感じでしたがあの時と今で違うのは、あの時はゴール手前で「13時間57分」とかだったのが、今は「11時間5×分」であることです。

「すげーよ!よく走ったよ!ゴールしてこい!最高だ!!!」

並走しつつ、奥さんを見送り、ゴールを見届けました♪

ついに奥さん、真の力を発揮し、いきなり12時間を切ってのゴールでした・・・・♪

笑ったのが、ザックの中がエイドの方から頂いたお菓子だらけで・・・(笑)
帰りの道中では、100kmの道中であったことを色々聞き、目いっぱい楽しみ、目いっぱい走ったことを聞きつつ、家路につくのでありました・・・・!

=================================

「勝利を!」

これが奥さんへ、90kmの所で来たメールに対しての返信の内容の抜粋です。

自分に勝つ、コースに勝つ、、、、色々な意味を込めて送りました。

そしてこれは、今思うと自分へのメッセージでもあるような気がします。

僕も、しっかり今の状況を突破していこうと思います。

この日は色々なランナーさんの様々な強さを見ました。
運営の方の普段ランナーとして参加していたら見れないであろう様子も見れました。

色々学び、刺激を受けた一日でした。

やっぱりウルトラ、最高です。

この日日光ウルトラに関わったすべての方・・・ありがとうございました!!

第二回日光ウルトラマラソン 「奥さんの真の力ともう一つの日光ウルトラ」 完







nice!(7)  コメント(4) 

日光ウルトラマラソン、行ってきます!! [日光ウルトラマラソン]

なんだか、自分は出走しないので変な感じですが、明日は「応援の部」参加ということで♪

去年本当に楽しかったので、走りたかったですが、まぁその分奥さんにがんばって楽しんでもらいます(;^_^A

その奥さん。

走力は申し分ない(僕評)のですが、どうにも作戦面で不安を抱えている様子。
まぁ一応、僕「作戦総司令官」でしたからね・・・・(;^_^A

なので、「日光ウルトラ、俺ならこう走る」を伝授してきました・・・・(何様かと・・・)

今回、スタート地点が変わった関係で、ラストが登りなんですよね・・・。
そこがふんばりどころなのかなぁ。
今市運動公園を過ぎたあたりからゴールまでの確か17km位。
そのダラダラ登りを乗り越えた後に最高のゴールが待っている・・・のかな!

こんな感じでコース分析をしていると、ついつい血がたぎりますね!(今はそのたぎる血が足りていない件)

僕はコース分析もですが、応援ポイントを割り出していく作業を楽しんでいました。

東武バス営業所と今市運動公園、スタートとゴール地点を奥さんのペースに合わせて移動していこうと思います。。これなら電車&徒歩でどうにかなるかな・・・・♪
ちょっと下今市駅から今市運動公園までの距離が気になりますが、まぁなんとかなるでしょう!
無理せず、楽しんで過ごして行こうと思います!!

そんな、ランと応援、二手に分かれる初の大会参加!!

楽しみです♪

===================================
鉄剤を飲み始めて今日で4日目となります。

噂には聞いていましたが、なかなかお腹がキツいですね(;^_^A

Lグルタミンと鉄剤、そして爆食。

来週位から鉄分が体にしっかり蓄えられて造血が本格的に始まるかな・・・・と期待しております♪

体感的には普通に過ごすぶんにはだいぶ楽になりました♪
nice!(7)  コメント(2) 

決断。そして転身。 [日光ウルトラマラソン]

昨日の血液検査の結果。

ヘモグロビン値9.3、フェリチン値4以下。
その他の数値も血液関係は軒並み「L」が検査値の横についている状態。

現在、日常生活でも息苦しい。
今朝もチャリ通がつらい。鉄剤の影響か腹も変。
野辺山を走った後あたりから、走っていない時もなんか体調が変でした。
お医者さんと話した感じだと、全て貧血の症状だったようです。

ネットで色々貧血のことを調べているとウルトラを走る前と走った後ではヘモグロビン値が1.5とか下がっているデータもある(貧血でないランナーのデータ)。

僕の現在の数値から1.5下がったら、もうあかん。

てゆーか、今でもあかん。

こんな状態の今では、100kmの旅なんてとても出来ないし、楽しめない。

しっかり貧血と向き合って治す時。

むしろ、この状態で、富士五湖、野辺山、オクム(今更カミングアウトですがどれも息切れ、ふらつきがすごかった。)と踏ん張ってくれた体に感謝しなくては。ウルトラの次の日も仕事となれば踏ん張ってくれていました。

そんな上記の判断材料から、決断しました。

今年の日光ウルトラマラソンはDNSとします。

ただ、奥さんは出走するので僕は敏腕マネージャー兼応援マンに転身して日光ウルトラマラソン当日は一日日光で過ごそうと思います♪参加賞くらいはもらえますかね・・・・(;^_^A

レンタサイクルとか借りて色々な所を回ることも考えたのですが今自転車漕いでも正直息が苦しいので徒歩と電車で最小限の移動で応援ポイントを・・・と考えていたら、東武バス営業所(43km地点)と今市運動公園(83km地点)とスタート&ゴール地点なら、最小限の移動と電車で回れそうなのでそのあたりで過ごそうと思います。

なんか、これはこれで楽しそうなのでアリかなと。

当日はベイスターズの応援グッズとか持って、野辺山Tシャツ着て、ルナサンダルかOnのシューズで、Onのキャップ被って、やたらガリガリ(顔色も悪いそうです)のアラフォーがいたらそれは私かもしれません・・・・(笑)

読んでくださっている方で日光ウルトラマラソンに出場される方、良い旅を!!

==================================
昨日までは、「DNSはしないで行けるところまで」「スタートラインには立ちたい」とかグチャグチャ悩みましたが、もうこれでスッキリです。

受付で参加賞だけ頂いて、後は応援ツアーです。

いつも応援してもらってばかりなので・・・・

楽しみです♪♪





nice!(7)  コメント(0) 

第一回日光ウルトラマラソン 最終話「最高のゴール」 [日光ウルトラマラソン]

最終関門を出発し、ゴールへ向けて進んでいきます。。

「走れないのか、走りたくないのか、走る気持ちがないのか??」

暗黒期のTBSベイスターズの那須野投手の投球を酷評した椎野アナの実況が脳内にこだまする状況に。

あかん、、、体が、、、、、結構、、、、、走りとおしはきついかも・・・・・。。。

なんとか、なんとか、8:00/kmはキープしなくては・・・・

チャレンジ富士五湖のようなベタ歩きは避けなければ・・・・

ついに最後の作戦「電柱走り」を発動します。

※電柱走りとは?
〇本先の電柱まで歩き、〇本先の電柱まで走る・・・・この繰り返し。
ランの時の電柱の本数を歩く時より一本多くすると結構いいリズムで進んでいける、潰れたあとに1kmずつ進んでいく最後の技。

・・・・いつか、最終関門からラストスパートかけれるようなランナーになりたい。。。

そんな願望は未来の自分に託します。

なんでも、一つずつ。出来ることを積み上げてく。それだけ。・・・と、自分に言い聞かせ進んでいきます。。

今の自分は電柱走りですらしんどい。はぁはぁ言ってる。

コース横には「がんばれ!」「ゴールまであと〇km」「限界突破」と書かれたボードがある。

ありがたいなぁ・・・としみじみ思います。。

今日も色々な人に元気を頂いた。

霧吹きをかけてくれた方。
鬼怒川温泉で氷をくれた方。
私設エイドでゼリーをくれた方。
私設エイドでコーラをくれた方。
「ここ足元悪いから気をつけて」と声をかけてくれた方。
東照宮で頂いた大勢の方からの声援。
エイドの方から頂いた「よくここまできたわね~!これ食べてがんばって!!」のお言葉。
行く先々にいて、気合の入った声で応援して下さる方。
「がんばって~無理しないでね~」とのどかな応援をくれた日光のおばあちゃん。

アホな僕の脳みそでは記憶しきれていないけれど、もっともっと多くの方からたくさんの元気を頂いた。。。

何回「ありがとう」と言っただろう。

もう、この日光の旅ももうすぐ終わり。

そしてついに。ラスト1km。

IMG_0593.jpg

ここで、一日僕らに衝撃を与え続けた坊っちゃんの格好をして下駄で走っていたランナーさんと少しお話ししました♪
この方とは一日ほぼ同じペースだったように感じます。
すごい明るい方で「坊っちゃん、すごいねぇ」と何回奥さんと話していたか。

日も傾いてきて、ついに明け方出発した今市運動公園が見えてきます。

「なんとか、帰ってこれたな」

「今日も、楽しかったな!!」

公園が近くなってくると「おかえり~!!」の嵐。

大勢の方とハイタッチしながら公園内を進み、ついにゴール!!!

ああ~!!!よかった~!!!

見上げた日光の空は、なんだかとてもきれいに見えました。

日光ウルトラマラソン、楽しかったです!

大会に関わった皆様、ありがとうございました!!!

第一回日光ウルトラマラソン 最終話「最高のゴール」 完

第一回日光ウルトラマラソン 第四話「人生で初めて階段を見て爆笑した日」 [日光ウルトラマラソン]

そんなで東照宮を後にして、のどかな田園地帯を進んでいく。。。

この辺りから、体に熱がこもり始めます。。。

エイドに入れば、水をザバザバかぶり、チリーパッドで首から頭、脚まで冷やしながら進んでいきます。。

この辺から「体冷却システムその2」を作動!

・・・・と、いってもそんな大層なものではなく、空のペットボトルに水を入れて熱籠りからくる水がぶ飲みしたい欲を抑えるためにその水で口を漱いだり、僕、エイドとエイドの間でオーバーヒート起こす→エイドで水被り休む→以下無限ループ・・・
を繰り返し、エイドでぐったりお休みする時間の多かった野辺山での反省も踏まえて、オーバーヒートする前にペットボトルの水をちょろちょろ頭にかけながら進んでいくようにしました。

これ、かなり良かったです♪

エイドに寄るたびに、このペットボトルの水も補給して進んでいきました。

この江戸村までの区間と、東武ワールドスクウェアからゴールまでの区間はしっかり走らないと厳しいだろうな・・・と思い、がんばって進んでいきます。。

途中、左のハムが攣って緊急停止しましたが芍薬甘草湯を飲んでなんとかやり過ごし進んでいきます(この日はここから左足の痙攣が大暴れでした(;^_^A)。。

暑いと脳が「やめろ~。こんなことはやめろ~。」「ねぇ。走るのやめようよ~」とあの手この手で走ることをやめさせようとしてきます。この辺りの脳からの攻撃はすごいものがありました。
氷砂糖を食べながら走り、ブドウ糖を常に供給して脳を黙らせていきます。。

そしてついに日光江戸村到着!!
IMG_0584.jpg
江戸村の中。

殿(僕は悪代官かと思った(笑))?とニャンまげ?と写真も撮り・・・
何故か、ニャンまげに「俺ゴールしてくるよ~」とモフモフする暴挙に出る僕(笑)

みんな和装で面白いエイドでした♪

ここで元気をチャージして鬼怒川温泉へ!!

この辺りでの細かいアップダウンがある意味いろは坂より堪えます。。

でも素敵な温泉街でした。。

そして、この日一番笑ったのがこれ。

IMG_0588.jpg
ニヤニヤしながら階段へ向かう、筆者の後ろ姿。

本当面白いコース設計です。
見た瞬間「すげー!!ドSだよ!ドS!!」とゲラゲラ笑いました(;^_^A

さぁ、次は東武ワールドスクウェア。

・・・・写真なし(笑)

園内にも入れて、ピラミッドとか見れて楽しかったのですが、何故か余裕がなくテクテク進んでいきました(;^_^A

ここから最終関門までの道のりは、完走できるか否かの分かれ道。
・・・と思い、痙攣する左足にがんばってもらい、進んでいきます。
ここでも芍薬甘草湯を投入します。。

80kmを超えてきて、なかなかいっぱいいっぱい。

信号でストップがかかると心から喜ぶ僕(;^_^A

信号以外の所はなんとか刻んでいきます。。。
「多分ふんばり所だよ!!」と奥さんと確認して進んでいきます。。。

偉そうに言ってましたが、本心では、野辺山でお荷物になってしまったのでそれだけは避けたい。
その一心でした。

立ち寄るエイドではひたすら食べて行きます。。

野辺山で脳内エンドレスでかかっていた「できっこないをやらなくちゃ」がまたかかっていました(;^_^A

そんなで最終関門到着!!!
時間は、、、、大丈夫!!ブレーキしなければなんとかなる!!

距離は・・・・あと10kmとちょい!!!

野辺山でたどり着けなかった100kmのゴールまであと少し!

一日を振り返りながら進んでいくラスト10kmの道のり!

ついにゴールします。

第一回日光ウルトラマラソン 最終話「最高のゴール」へ続く・・・・。


第一回日光ウルトラマラソン 第三話「いろは坂の決戦」 [日光ウルトラマラソン]

第一関門で、今日初めての水かぶり。

と言っても、コップで何杯かパシャッと頭と違和感の出始めた左足にかけて、チリーパッドに水を含ませて行きます♪♪

今までがんばったので、「さぁ!歩くぞ!!」と訳のわからない気合を入れていきますが当面は走れそうな坂なので走って登っていきます。。。

ここで頭の中で考えていたことは「猿」でした(;^_^A

開会式でも、大会のフェイスブックにも、猿についての記載がありました。

・・・僕、幼少期に嵐山でサルに囲まれおやつを強奪された記憶があり、どうもサルは苦手なんです。

出てきたらどうしよう。

とりあえず、目を合わせたらやられるとどこかで聞いたので目を合わせないようにしよう・・・

などど、思いつつ登っていきます。

・・・・まぁ、猿にも熊にも出会うことなく大丈夫でした♪

IMG_0574.jpg
↑こんな坂だらけのいろは坂。

歩いて・・・走って・・・・を繰り返して登っていきます。。。

途中途中で横を見ると本当に景色がきれいで良かったです。
また、風が冷たくて気持ちいい!!
しかも、新導入のチリーパッドがなかなかいい働きをしてくれて首回りを冷たく冷やしてくれているので早歩きしても、登りを走っても、体温はそこまで上昇しませんでした♪

途中のエイドではたっぷり食べ物を頂きます。。

今回日光ウルトラのエイドでは確か各関門にある「うんまい給食」を楽しみにしていましたが、生憎僕の苦手な和菓子が多かったです。
和菓子好きの奥さんは喜んで食べてました。
和菓子が好きな方にはきっと最高のエイドだと思います♪♪

ちなみに僕はその横でザックに仕込んだバランスパワーを食べてました・・・(;^_^A

そうめんとうどん、揚げ湯葉、ドーナツ、バナナ、、、いっぱい道中では頂きました♪

途中、パンの置いてあるエイドで「これあんぱんじゃないですよね?」ってエイドの方に聞いたら「あら?アンパン嫌いなの?だめよ~好き嫌いしたら~」と言われ、なんだか楽しかったです♪
毎回、どの大会でも一度は言われる気がします。。
あんこ苦手、克服しないと・・・・。。
好き嫌いの多い、残念な三十路こばすけはその為ザックの中には毎回カロリーメイトとバランスパワーが1箱ずつ仕込んであります。。。
やっぱり補給をしっかりしないとと、今回改めて思いました。
サプリメント類(メダリスト粉末)も10km置き、塩熱サプリも20km置きにはとりました。。
毎回抜けが出るので、今回はペース表に「○○km地点、○○を取る」とか、「〇〇エイド、そうめん食べる」とか書き込んでおきました。

他に書き込んだワードは・・・・
「つぶれてからがウルトラ」
「どっか痛い・苦しい時は氷砂糖食え」
「がぶ飲み厳禁」
「時間切れまであきらめない男になる」
「つらい時こそ客観視」
「後悔しない旅を」

この前日に、ペース表に書き込んでいったのですが今回は数字だけでなくなんだか「念」の感じるペース表が我ながら出来たな・・・と思いました(;^_^A

そんなこんなで、思っていたよりあっさり最高点に到着!!

進んでいくと、これまたきれいな中禅寺湖!!
IMG_0581.jpg
湖畔は風が結構強く、サハラキャップのパタパタ(後ろについているやつ)がすごいパタパタしてました。。。

ここの公衆トイレに一回入り、下りのいろは坂へ入ります。。

下りは僕の大好物です。

登り・・・・ひたすら耐えて歩く・走る
下り・・・・爽快にぶっ飛ばす♪
同じランナーとは思えない心境で下っていきます。。

結構斜度はきついですが、脚をクルクル回して下っていきます。
登りと打って変わって、どんどんスピードが上がっていきます。。。

途中眼下に見える景色も最高です♪♪



いてて・・・今度は右膝!?

スピードを脚の回転を速めて落としながら、原因を探ります。



仮説1:左をかばっての右膝痛い?
仮説2:左が痛むのが怖いのでやや姿勢が後傾してた??

この二つの仮説でほぼ間違いない!・・・はず。
ということで骨盤前傾姿勢を修正して進んでいきます。

しばらく痛みはありましたが、下り終わる頃には消えていきました・・・・♪良かった(;^_^A

結構長い下りでした。。。

いろは坂程ではないものの、その後も下り勾配が続き・・・・

日光東照宮へ戻ってきます。。

おお、、、東照宮二度も・・・・お得だなぁ・・・・

と進んでいくと、先には、、、

ランナーズウェルネスの坂本さんが!!!

野辺山で過去三回ともハイタッチを逃している(いつも坂本さんがいる所の反対側を走ってしまっているのです。。毎回それを繰り返す学習能力の低さ・・・・)のでここは是非・・・・!!

ついに、坂本さんとハイタッチできました!!!

東照宮を後にして、進んでいくとなんだかのどかな田園地帯に入ります。
こういう田園地帯、大好きです♪

とりあえず、サハラキャップのパタパタはこの日日差しはあまりないので不要と判断しこの辺りで取り外し、首に巻いていたチリーパッドも外して一旦ザックへ。
首に巻くことでなんだかいろは坂の後から「籠る」感じがしたんですよね・・・・。

「籠る」・・・・ってことは高温・多湿ですかねこの後は・・・・
なんだか中禅寺湖で吹いていた風もこのあたりではピタリと止んでいる気がする。。。

いろは坂が勝負所と思っていた僕。

いろは坂の後も試練と面白がたくさん待ち受けておりました(;^_^A
野辺山の負けから学んだ「体冷却システムその2」とは?

この後待ち受ける高温・多湿地獄。

でも・・・ここからが楽しかった。。。

第一回日光ウルトラマラソン 第四話「人生で初めて階段を見て爆笑した日」に続く・・・。

第一回日光ウルトラマラソン 第二話「勝負の第一関門」 [日光ウルトラマラソン]

さぁ、スタート!!

「いってらっしゃい!!」の声が本当にありがたい。。
まだ朝4:30過ぎだというのに、応援の方が来てくださっていたり、、、感謝です。

朝の静かな市街地を進んでいき、ちょっと行くとマイナスイオン満載の日光杉並木ゾーン。
ちょっと幻想的な感じで良かったです。

IMG_0564.jpg

地面も、不整地ランみたいな感じで楽しいです。
きれいな杉並木に見とれていると、足元を取られるので、上下に目を配りつつ楽しく進んでいきます♪


すごいぞ。すごいぞ日光ウルトラ。
全く旅行に興味のない僕に日光観光と、ランニングをセットで楽しませてくれてる♪
しかもウルトラで通るのは一瞬ですが、その景色って結構記憶に強く残るんですよね・・・。
旅行を兼ねて、日本や世界の色々な所のウルトラにチャレンジするのも面白そうだな・・・などと、思いました(;^_^A

・・・・そうだそうだ。ちゃんとレースプランも考えたんです。

ここは「勝負所」でした。

・・・・と、いうのも、、、スタートから30kmあたりまではずっと登りっぱなしです。

で、第一関門の約19km地点から先はいろは坂で斜度はさらにアップ。

いろは坂は走らないで歩きに徹する可能性もあるな・・・ということで、第一関門は2時間15分以内の通過!!をノルマにしました。

とばせば、余裕で行ける目標タイムですがそこで足が終わればジ・エンド。
脚が終わらない程度にがんばる。それが大事。

「急げ!!だけど慎重に!!!」
「冷静と情熱のあいだ」

ドラクエで言えば「いのちだいじに」。

そんな作戦で行く(意味がわからない件)第一関門までの道のり。

7km当たりで早速先日痛めた左足のあたりが疼きますが、ストライドを狭める・骨盤を立てる・肩甲骨を狭めるの3点セットでなんとか誤魔化しながら進んでいきます。。

「まだ焦る時でも力む時でもない。楽に、楽に・・・・」

「痛みとか、つらいのは波があるって・・・・野辺山でもそうだった」

・・・・だから、大丈夫。

そんなで進んでいきます。。

この日までに色々な方のブログや、岩本さんの「限界突破ウルトラマラソン練習帳」に書いてあった、ウルトラ中の「痛みや、苦しみには波がある」ということや苦しい時に「自らを客観視すること」で補給が足りていないのでは?とか、気づきが得られる・・・云々・・・
ということを頭に叩き込んでいきました。

・・・・だから、大丈夫。

実際、気が付いたらその疼きは気にならないレベルにまで下がっていきました・・・♪

割と、テンパると視野が桜木花道ばりに狭くなってしまうので、「自らを客観視する」のはとても僕に取って重要かもしれません。

実際、大学の時、ダブルスで組んでいた後輩に「こばすけさん、試合中テンパると視野が5cm位になりますからね(笑)」と実際言われてましたわ・・・・(;^_^A

そんな懐かしいことを思い出しつつ、進んでいきます。。

ついに日光東照宮到着。おお、、、なんだかすごい。。

こんな所を走れるってなんだかすごい!!と、感激でした。
階段を登ったり、楽しいコースです♪

東照宮を抜けていくと、まだ一つ登り勾配が強くなってきます。。
ここはグッと踏ん張り進んでいきます。。。

そんなにきつい斜度ではないですが、ずっと登りっぱなしはなかなか疲れます。。
でも、ここでの踏ん張りがいろは坂で無理せず登っていく貯金に繋がると進んでいきます。。

そしてついに予定通りの第一関門突破!!よかった~!!
ささっと補給を済ませて、新導入の体冷却システムその1のチリーパッドに水を含ませて、首に巻き付けて、、、

「さあ!いろは坂だ!!」

猿との邂逅はあるのか?
登りと下りのランはまるで別人格のランナー、こばすけ。
中禅寺湖の涼しさが永遠に続けばいいのに・・・と永遠を思わず願ったあの瞬間。
そして今までハイタッチニアミス続きだったあの方とついにハイタッチ!

第一回日光ウルトラマラソン 第三話「いろは坂の決戦」に続く・・・・。


第一回日光ウルトラマラソン 第一話「静かなる決意」 [日光ウルトラマラソン]

もう二日前の話になる日光ウルトラマラソン。

マジ楽しかった。
楽しかったけど、自分との戦い、コースとの戦い、自然との戦い、、、ハードでした。。

IMG_0602.jpg

このエヴァの使徒に似ている形のメダルをゲットするまでの13時間40分くらいの珍道中。
振り返っていきたいと思います。。

この日、正確に言うと前日の夜からこばすけ家は熱かったです。

仕事を終え、二時間の仮眠を終え21:00に起床してテレビをつけると、、、

ベイスターズ、桑原選手逆転満塁ホームラン!!!!

まさかの大逆転勝利を出かける準備をしながら見て、テンションは爆上げ。

そのテンションのまま、22:00に出発。

途中、B`zのFIREBALLの入ったCDが車にないことに憤慨するハプニングもありましたが順調に1:00過ぎには日光の駐車場へ到着(笑)

その後シャトルバスで、決戦の地、今市運動公園へ。

あっという間にいつものトイレなどをこなしていると、整列の時間に。。。

IMG_0562 (2).jpg
このウルトラの夜明け前感。大好きです。

今回、ガチガチに気合入りまくった感じは何もありませんでした。
なんというか、今までの3戦で、自分の弱さ、強さ、ダメさ、、、、
色々見てきました。

今まで、自分の弱さを否定していくことに躍起になっておりました。
あのウルトラの時に100を超える辞める理由を提示してくる饒舌なる男、ネガティブこばすけ。
あいつを成敗しなくては、、、、というのが僕のテーマでした。

ですが、自分の弱さも否定するんじゃなくて理解して受け入れて、ゴールへ向かうことが良いのではないかと思いました。

と、いうのも脚を痛めて走るのが減った期間、今まで別世界の出来事だと思っていたスパルタスロンとかを走る人のブログを貪るように読んでいました。

なんかこう、そういう200kmとかを超えるウルトラを走る人って別世界の人間で、僕なんかとは全然別の人間・・・・と思っていたのですが、みんな途中で色々葛藤もし、足のトラブルもあり、胃腸のトラブルもあり、熱中症、低体温症、高温地獄、体の不調、痛み、、、、それらを乗り越えて完走しているということを知りました。

「あぁ・・・みんなこれを乗り越えてるんだ」
「みんな内なる弱さと戦ってるんだ」

どのウルトラランナーさんも、「完走する」という一つの目標に対してレース中に出てくる100を超える辞める理由や弱い自分と戦いながらゴールへ辿り着いている。

よくわからない心境だったのですが、なんだかそれを読んですごい勇気を頂いたのを覚えています。

そして、「行こう!!」と思いました。

そしてその気持ちのまま、スタートラインに立っています。

「やれること、準備してきたことをやる。」

そんな不思議な心境と静かな決意で奥さんと「よし!行くべ!!」とスタートしていくのでありました。。。


第一回日光ウルトラマラソン 第二話「勝負の第一関門」へ続く・・・。

日光ウルトラマラソン、行ってきました!! [日光ウルトラマラソン]

昨日、日光ウルトラマラソン行ってきました!!

無事、ゴールしてきました!!
ゴールして素敵な完走メダルを頂いた時に、とってもホッとしたのを覚えています。

出走までは、奥さんにも言わず、ブログでもあまり悪いとは言及していませんでしたが先月末にやった足の状態があまり良くなく、「100km持つのか・・・?」という不安で押しつぶされそう・・・と、いうか押しつぶされておりました(;^_^A

そんな戦前の予想通り、足のトラブルが絶えず襲ってきて、しかも蒸し暑い中での旅でした。
今まで覚えてきた技(と、呼んでいいのか?)総動員の旅でした(;^_^A

笑いあり、観光地巡りあり、阿鼻叫喚あり、の一日。最高でした♪

毎度毎度のことですが、エイドでのやり取りや、応援の方、日光のきれいな景色、そんな日光ウルトラマラソンの雰囲気に背中を押してもらってのゴールでした♪

大会運営の方、ボランティアの方、応援の方、ランナーさん、大会に関わったすべての皆様・・・・ありがとうございました!!

日光ウルトラマラソンまであと一週間! [日光ウルトラマラソン]

今週はまるっと火曜日からランオフしています。
もう今週の月曜日発生の太ももの痛みはすっかり取れて、違和感とかもないのですが、今日の通勤ランも念の為お休みしました。
もし、行きで違和感でたら、帰りはただの痛みに耐えながら歩く破壊行為でしかないので・・・(;^_^A

今日は夜に2km位ウォーキングして、どんな感じが確かめようと思います。。

もう今更慌てて走ってもどうしようもないので、違和感がなくなってもそんなに走らずのんびり過ごして日光に備えようと思います。。
「痛み」が出たってことはそれだけ何かが起こっているサインでもあると思うので・・・・。
走っても、10km未満で行こうと思います。。


さてさて、日光ウルトラマラソンまであと一週間。

ようやくコースの分析をしてみました。

分析、といってもそんな大層なモノではなく、ただ、今まで参加したウルトラの坂と比べるとどれくらいか、、、といった感じです。

チャレ富士の最後の坂、、、野辺山のコース最高点、馬越峠、、オクムの坂道、、、、

高低図を日光、オクム、野辺山、チャレ富士と四つ並べて比較してみましたが、、、

結論!「とりあえず結構登るようだ・・・」。

ストリートビューで見た感じも「結構登るようだ・・・・」。

ま、30kmあたりまで登って、そこから下って、、、、がんばって、ゴール。

みたいな感じと分析しました(;^_^A

うーん、、、、登るなぁ。。。

まぁ、ウルトラなんてどこ走ったってしんどくなればしんどいし、しんどい所からどうするかが醍醐味な訳で、、、というまさかの根性論でコース分析の作業は終わるのでした・・・・。

そしてもう一つ。悩んでいたのがシューズです。

オクムはクラウドで行きましたが、どうも普段サンダルとか、VFFとかで走っているのでなんだかソールのフワフワした感じが坂の下りのフェーズで特に気になります。

デザインも色も気に入っているのですが先日痛めた太もものこともあり、どうもこの「フワッ」とした感じが気になるので、日光は少しソール薄くてクラウドと比べると「カチっ」とした接地の「クラウドフラッシュ」で行ってみようと思います。。。

クラウドを試してみて、よくわかったのがソールが薄いシューズのほうが僕は好きなようです♪

他にも「チリーパッド」を暑さ対策で購入してみたり、、、走ってはいないものの色々対策を練っているのがとても楽しい日光一週間前の僕なのでした・・・・。。。
日光ウルトラマラソン ブログトップ