So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年ウルトラマラソンチャレンジまとめ。 [ランニング]

まだ8時間耐久レースが残っていますが、出ても総走行量は規制する予定なのでもうまとめ。

チャレンジ結果は・・・・

4月:チャレンジ富士五湖4LAKES 完走 13時間・・・何分か忘れた(笑)去年より遅かった。
5月:野辺山ウルトラ 完走 13時間55分位
6月:オクム 完走 11時間をギリで切った位
   日光 DNS
7月:8耐 まだわからないけど、出ても走行量は規制する予定。

今回、より長い距離のウルトラへの参加や、昨年散った野辺山のリベンジ、12時間台でのフィニッシュを掲げ、自分なりにがんばったつもり・・・・だったのですが、例年とタイムが変わらない所か遅くなった・・・・だけなら良かったのですが、貧血であることがオクム後に発覚。

お医者さん曰く「これでよく走ってましたね・・・(あきれ顔)」な数値。
もうすぐサブ9なヘモグロビン値でした。

そんなで、僕が3月からずっと感じていた「走れない」「つらい」「疲れが抜けない」「大会に出ると決めたのは自分なのに、100kmの大会でまさかの3kmでつらくなる俺はダメ人間なのか?」とかの原因は貧血であったということがわかり、まとめるも何も「貧血!以上!」な感も否めないけど、そんな中でも楽しみ、苦しみ這いずり回ってきた中で思ったことがあるのでそれをまとめようと思います。

■この半年間で一番の学んだこと
・その1
「走った距離は裏切らない」・・・・確かあの野口みずきさんの名言。

僕もこの言葉好きだ。なんだけど、これに恐れ多くも言葉を加えてみたいと思う。

「走った距離は裏切らない・・・・けど、ケアとリカバリーをなめていると平気で裏切られるよ」

うん。こんな感じ。

・その2
思い込みや変な先入観は危険。

「男性は貧血になりにくいから僕は貧血ではない」
「そんな貧血になる程、僕は猛者じゃない」

・・・本当、「貧血 ウルトラランナー」で調べると大会で入賞している人とかすごい人ばっかり。

なので、僕みたいな、フルマラソンはなんとか4時間切って、ウルトラは「這いずるようにフィニッシュラインへ」の人は貧血にはならない・・・・と思いこんでました。

このブログを読んでくださっているランナーさん、「ランナーの貧血」で検索してこのブログを読んでくださった方には、本当に「気を付けて下さい!!」と言いたい(余計なお世話な件)。

■その他
レース中、マジで色々苦しかったが、その中で楽しめたことと、完走をあきらめなかったことは本当に良かった。
今回、思い通りに走れないことは原因はわからないもののチャレ富士の時点でわかっていたことだったのでとにかく「完走を諦めない」「時間内完走する」ことにすべてを注ぎ込んだ。

今回のウルトラのテーマでもあった「自分を客観視(岩本さんのウルトラ本に書いてあった)」・・・・は僕に合っている思考法な感じがしました。。

特訓の走り込みも良かったと思う(同じことをしていた奥さんの走力は爆上げだったので)・・・・とにかくリカバリーに尽きると思います。

■ギア
だいたい例年と同じ装備なので、違うものだけ。

・水携行用のボトル:「NATHAN」とかいうよくトレイルランで見かけるメーカーの物。
口漱ぎ用と水被り用に今シーズンより使用。
すごく良かった・・・・。。

・シューズ On クラウド(旧型)
去年は富士五湖と野辺山はクラウドレーサーで、日光はクラウドフラッシュで行きました。
今年はクラウドで行きましたが、野辺山の林道でえげつない位石が挟まった位で他は何も困ることなく走れました♪
ウルトラ走って爪が取れなかったメーカーはOnだけです。。合っているのでしょうね・・・・♪

一応、レーサーとかフラッシュと比べて、クッション性あるので脚が後半も残ることを期待してのチョイスでしたが、レース後半は脚の痛みよりも呼吸の苦しさと蛇行を押さえるのに必死でクラウドの良さを体感出来ず。
来年も同じクラウドで新型の「クラウドX」で行こうと思っております。
でも「赤」のクラウドのその色は、目を落とすたびに僕に激を飛ばしてくれているような感じがしました。。もうボロボロだけどありがとうクラウド君。

■補給
グルテンフリーの物・・・・とするとエイドにあるものはあまり食べれないのである程度自分で携行することが必要。

ジェルはどうもやっぱりドロッとした感じのものは苦手。色々試した結果、現状メダリストに落ち着く。他でまだ試していないのはアスリチューン。これも気になる。。。オクムにブースが出ていたのでゴール後行きたかったのですが、フラフラで忘れてしまいました(;^_^A

ナッツ類とさつまいもチップスとか、日光で試したかったのだけれど、DNSで出れなかったのでこれは来年への宿題。

■まとめ
本当、あまりブログにネガティブなこと書いても仕方ないのであまり書きませんでしたが、今回のウルトラチャレンジはつらかったです。

ウルトラに出ることも、走ることも止めようかと思う瞬間すらありました。

「俺は走ることが好きなはずなんだけど、なんで俺の体はこんなに走ることを拒否しているんだ?」

この問いが、4月位からぐるぐるぐるぐる頭を駆け巡りました。

ま、このつらさは貧血だったということで後日ホッとするのですが。

でも不思議です。

オールスポーツで写真を先日のオクム、野辺山のを見ていたら、ガリガリで顔色も悪い(奥さんからブルックだブルック(ONE PIECEのルフィの仲間。まんま僕です(笑)。)!と言われます。)のですが、あんなにつらかったのに笑っているんですよね僕。

そして、辛かったけど、それに勝る位「やっぱり楽しかった」って思うんです。

今も、まだ走るのは自粛していますが、やっぱり「ウルトラ走りたい」と思っています。

なので、今回の貧血を教訓に、しっかりリカバリーをやって次回は挑みたいと思います。

望んだ結果には及ばなかったのですが、ある意味色々学べた今回のウルトラチャレンジでした♪


nice!(7)  コメント(2) 

Lグルタミン。 [ラングッズ]

ネットで色々調べていると時々以前から見ていた「Lグルタミン」。

僕はサプリメントの類は今まであまり摂っていませんでしたが、貧血が発覚してから、Lグルタミンを購入して貧血が完治するまでは一日二回飲もうと考えております・・・・。

このLグルタミン、我が家のランニング先生と勝手に思っている岩本さんのブログでも時々言及されているもので、「その人のその時一番ダメージを受けている所に効く」とか、他もネットで見ているとLグルタミンと鉄剤を服用すると貧血に対する治療効果が上がる、、、とか、傷口に使用することもある・・・とかなんだか色々。

僕の頭の中で「本当かよ」と「試してみたい」が混在していましたが、エイヤで試してみました。

僕はまだ、貧血治療開始一週間しか経っていないので、効果を体感出来ていないのでよくわかりませんが、先日日光ウルトラを走った奥さんにもウルトラ後から一日二回、試しに飲んでもらったのですが浮腫みとか、筋肉痛もマシだそうです。。。

うーん。すごいのかLグルタミン。

しばらくは継続していこうと思います。

ネットで色々貧血のことを調べていると、「足底への衝撃を弱めることで貧血を防止出来る??」というような情報も見つけました。。データを取った論文のようなものも見つけて読んだ感じでは有意差はないものの、足裏をより保護する厚底ランシューズのほうが貧血を防止するような傾向が出ていた・・・とか云々。

まぁ確かに、なんか本能的に、今はクラウドフライヤーを履きたい感じはしますが(;^_^A
実際日光でも一日クラウドフライヤーでした♪

こういった情報も調べていると色々たくさん出てくるので、色々トライアルしつつ、最後は自分の良いと思ったことで突っ走っていきたいと思います♪

========================================
鉄剤を飲み始めてようやく一週間が経過しました。

上記の通り、朝と晩にLグルタミン。夕食後に鉄剤。あ、あと爆食。

鉄剤飲んだ後のお腹の嫌な感じはだいぶなくなってきました(慣れた?)!

この一週間は、完全ランオフです(当然か)。

そんな一週間ですが、体感的には普通に仕事したりする分には楽になりました♪

先日の日光で結構歩いたのと、日々の体幹トレ、通勤で往復7km自転車乗るのではなんだか物足りないですがまぁ仕方ないのでしっかり治してからゆっくり走りだしたいと思います。

7月1日は8耐なんですよね・・・・。出たいなぁ。
仮に出ても、少しだけ走って後はほぼウォーキングですがね・・・・(;^_^A

どこまで体が戻るのかにもよりますが(来週健康診断なのでそこのヘモグロビン値で判断する予定。)、まぁ基本DNSの方向で考えています。。
nice!(6)  コメント(2) 

第二回日光ウルトラマラソン 「奥さんの真の力ともう一つの日光ウルトラ」 [日光ウルトラマラソン]

・・・「そのゼッケン、私が今日連れて行くから一枚ちょうだい」

そんな奥さんの体育会系丸出しの発言からこの日は始まります。

受付で参加賞を頂いた僕はその場でDNSの手続きをして頂き、奥さんの準備を手伝いつつ過ごし、なんだかいつもとは全然違うウルトラの朝を過ごしました。

この日の朝は霧雨で寒く、「あぁ、これはタフなウルトラになるな・・・まぁでもタフじゃないウルトラなんてないか・・・」なんて、建物の中から外を見つつ思いました。

あっと言う間に、スタートの時間が来て、奥さんを見送りました~♪

今日の奥さん。

僕の心境としては、100kmのウルトラで12時間台、もしくは11時間台を出せるランニングの特訓を一月からずっと積んできたつもりでした。大きな特訓はすべて奥さんと一緒にやってきたのでそれは奥さんも同様です。

ですが、奥さんはあまりタイムに興味がないのと(曰く、ウルトラは家族旅行みたいなものだそうです)、僕が後に貧血と発覚する不調でお荷物化したせいで、今年出た、富士五湖、野辺山、オクムででは多分その力を発揮できていないな・・・・と思っていました。

なので、「いってらっしゃい!」と見送りつつも「あいつ、今日はきっとやるぞ・・・」と静かに期待しておりました。

100kmの部を見送った後は、62kmの部のスタート時間まで車の中で仮眠して、その後スタートお見送り♪

そしてそのまま、43kmの第三関門まで歩いて移動します♪

少し走れるかな・・・・と走ってみましたが、やっぱりまだ厳しそうな感じです。
でも、一番ひどい時と比べるとかなり良くなっていました♪

そんなで第三関門の東武バス営業所に到着!

62kmの部のランナーさんが鬼怒川方面へ行くのを見送り、その後は少し待ち時間が出来ます。

この間もエイドのボランティアの方は準備したり、トップの位置を確認したり・・・・と慌ただしく準備を進めておられ、こういう準備をしていただいている中で僕は走らせてもらっていたのだな・・・と改めて思いました。

そんなこんなでトップランナーが来て、「これ、ウルトラマラソンですよね?」っていうペースですっ飛んでいき、その後も多くのランナーさんをお迎えしつつ、ついに奥さん登場!!

いいペースで来ています。さすがです。
いろは坂の登りがハードでしょうが、この方は馬越峠も「ちょっと走ってみる」と走れていたし、オクムでも激坂を走れていました。
それを思えば、当然かなぁ・・・・と。

奥さんと話し、「じゃ、今市運動公園で!!」と別れます。

奥さんはコースへ戻り、僕は東武日光駅へ。

電車の中からもランナーさんが走っているのが見えます。
今更ですが、こうやって外側から見ているとウルトラって本当すごい距離だなぁと思いました。

そして今市運動公園の手前に到着!

もう62kmの部のランナーさんと、100kmの部のランナーさんがバンバン来ています。
丁度、ここのポイントは、62kmの部はフルを超えた所、100kmの部は80kmを超えた所です。
やはりどのランナーさんもその距離を超えてきて疲労と戦っている感じが伝わり、それでも前へ進んでいく様子に本当に感動しました。

liangさんともお会いでき・・・見つけて頂きありがとうございました♪

そして奥さんもやってきます。もう想定のペースより遥かにいいペースです。
「いい感じで来ているけど、ここからだよね」
「だね。とにかく補給だよ!ゴールで待っているから!!」
と、奥さんは残りの戦いへ、僕はゴール地点へ再び移動します。

・・・・この日は、奥さんとメールでやり取りしていましたが、初めてネガティブなメールがきました。
「90km突破。キツい!」

・・・これは、檄を求めているな・・・と察した僕は、檄を込めたメールを送りました。

ゴールで帰ってくるランナーさんを迎えつつ過ごしていると・・・・、

「来た!!」

もう奥さんはヨレヨレで、初めてウルトラに挑戦したあの野辺山の時のような感じでしたがあの時と今で違うのは、あの時はゴール手前で「13時間57分」とかだったのが、今は「11時間5×分」であることです。

「すげーよ!よく走ったよ!ゴールしてこい!最高だ!!!」

並走しつつ、奥さんを見送り、ゴールを見届けました♪

ついに奥さん、真の力を発揮し、いきなり12時間を切ってのゴールでした・・・・♪

笑ったのが、ザックの中がエイドの方から頂いたお菓子だらけで・・・(笑)
帰りの道中では、100kmの道中であったことを色々聞き、目いっぱい楽しみ、目いっぱい走ったことを聞きつつ、家路につくのでありました・・・・!

=================================

「勝利を!」

これが奥さんへ、90kmの所で来たメールに対しての返信の内容の抜粋です。

自分に勝つ、コースに勝つ、、、、色々な意味を込めて送りました。

そしてこれは、今思うと自分へのメッセージでもあるような気がします。

僕も、しっかり今の状況を突破していこうと思います。

この日は色々なランナーさんの様々な強さを見ました。
運営の方の普段ランナーとして参加していたら見れないであろう様子も見れました。

色々学び、刺激を受けた一日でした。

やっぱりウルトラ、最高です。

この日日光ウルトラに関わったすべての方・・・ありがとうございました!!

第二回日光ウルトラマラソン 「奥さんの真の力ともう一つの日光ウルトラ」 完







nice!(7)  コメント(4) 

日光ウルトラマラソン、行ってきます!! [日光ウルトラマラソン]

なんだか、自分は出走しないので変な感じですが、明日は「応援の部」参加ということで♪

去年本当に楽しかったので、走りたかったですが、まぁその分奥さんにがんばって楽しんでもらいます(;^_^A

その奥さん。

走力は申し分ない(僕評)のですが、どうにも作戦面で不安を抱えている様子。
まぁ一応、僕「作戦総司令官」でしたからね・・・・(;^_^A

なので、「日光ウルトラ、俺ならこう走る」を伝授してきました・・・・(何様かと・・・)

今回、スタート地点が変わった関係で、ラストが登りなんですよね・・・。
そこがふんばりどころなのかなぁ。
今市運動公園を過ぎたあたりからゴールまでの確か17km位。
そのダラダラ登りを乗り越えた後に最高のゴールが待っている・・・のかな!

こんな感じでコース分析をしていると、ついつい血がたぎりますね!(今はそのたぎる血が足りていない件)

僕はコース分析もですが、応援ポイントを割り出していく作業を楽しんでいました。

東武バス営業所と今市運動公園、スタートとゴール地点を奥さんのペースに合わせて移動していこうと思います。。これなら電車&徒歩でどうにかなるかな・・・・♪
ちょっと下今市駅から今市運動公園までの距離が気になりますが、まぁなんとかなるでしょう!
無理せず、楽しんで過ごして行こうと思います!!

そんな、ランと応援、二手に分かれる初の大会参加!!

楽しみです♪

===================================
鉄剤を飲み始めて今日で4日目となります。

噂には聞いていましたが、なかなかお腹がキツいですね(;^_^A

Lグルタミンと鉄剤、そして爆食。

来週位から鉄分が体にしっかり蓄えられて造血が本格的に始まるかな・・・・と期待しております♪

体感的には普通に過ごすぶんにはだいぶ楽になりました♪
nice!(7)  コメント(2) 

今回の貧血。忘れないうちに。しっかり反省。 [貧血]

今回の貧血という結果。

結果があるということは理由があるということで、結果の中には「自分でコントロールできること」と「自分でコントロール出来ないこと」がある。

「自分でコントロールできること」をしっかり今後コントロールしていくために、しっかり振り返っていきたい。

ブログでは書いていないようなこともありますが、赤裸々にレポート調で。

■異変(適当に時系列で)
・3月の大山登山マラソン。走れない。
 この時はまだ心肺機能の劣化を疑っていた。しかし疑いリストの中に貧血も入っていた。
 まだ日常生活ではそこまで異変は感じていない。

・4月のチャレンジ富士五湖。息切れ。
 何もしていない時に脚がつったりする。
 普段もだるい。息切れがひどい。
 この辺から、疲労蓄積とか劣化とかもあるけど貧血の可能性もあるかなということで鉄サプリメントを使用開始。
 なんか爪がへこんできた気がする。
・5月の野辺山ウルトラ
 息切れひどい。後半は咳もすごかった。つらすぎてレース中にキレるサプライズ(笑)
 喘息のせいかなとかも思う。しかしステロイドを吸引しても改善しない。
オクムの前には、普段の生活でも息切れが出始める。
だるさや、いくら寝ても疲れが取れない。寝起きが異様に悪い。
いよいよ、爪のへこみが目立ってきた。

・6月のオクム。
 もうほとんど思うようには走れない。胸も痛い。これも誤食の影響もあるかもだけど貧血もあったのかも。今だから言えるが尋常じゃなくきつかった。
オクムの後の通勤ランではフラフラ。走ることが苦痛に感じるレベル。
仕事中も顔色が悪いと、心配される。
オクム完走と引き換えにに日常生活でも本格的にしんどくなる。

いい加減やばいだろと受診。ひどい結果。今に至る。

■何故貧血を疑いつつも受診をしなかったのか
・貧血は入賞とかする猛者がなるもので、自分のようなテンションでやるランナーはならないと思っていた。
・女性に多いもので自分は男性。だから貧血である可能性は低い。という思い込み。

この二つが大きい。
これと、やはり「自分のトレーニングの組み立ての問題」とか「ウルトラペースでばかり走っているから」とか「気合の問題」とか思っていたのが大きい。

まぁあと、貧血に限らず「まさか僕が」「僕は大丈夫」「僕に限って」とかはありとあらゆる想定外の事象に遭遇した場合に出てくるこの言葉が僕の心の中にありました。
もっと謙虚にならないとですね。
思い込みや、変な自信・先入観、そういう色メガネは気が付くと掛かっているもの。
常に色眼鏡は取り除かないとです。

■この事態を招いた要素(と、考えられるもの)
・去年からしていた食事改善の一環で、食事量を例年より減らしていた。
理由は、去年までのレース後や走り込み期の内臓疲労が気になり、食事を軽くすることで内臓がより休めて内臓疲労も軽減され、その分筋肉の回復とかに回るかも・・・という推論。

これをした結果、激やせ・貧血に。

上記の推論もさじ加減の問題で良いほうにも悪いほうにも転がるかもだけど、今回の場合もっと食べるべきだったと思う。
あと、菜食メインで行くならば、やはり豆を食べないと厳しいと感じた(たんぱく質摂取の
の点で)。
僕は豆がどうしても克服出来なかった。だから今後は肉と魚を食う量を増やします。
もちろん野菜も食いまくります。


実際貧血の診断が出てから食べる量を増やしたが、まさかの走っていない今、ウルトラ走った直後のブラックホール現象が起こり、いくら食べてもお腹が空く状態に。
体も食うことを求めていたのね・・・・(;^_^A

・走る量を増やした
負荷を増やしたのに、リカバリー(食事)が追いついていないので、一概に走る量を増やしたから
貧血になったと短絡的には考えられない。。。
リカバリーが大切。かなぁ。と思う。

■今回の僕なりの結論
・負荷を与えたら、それなりのリカバリー(食事)を!!
 リカバリーというと、ストレッチとかにフォーカスしすぎていた。食うこともリカバリー。
・食べる量にも限界はあるからサプリメント等の使用も検討する。
・おかしいなと思ったらすぐに、ためらわずに受診!

■その他
・意外とランニング手帳に書いていた、僕の主観コメントは後の思考の分析に役立った(笑)
 「息切れひどい。原因はトレーニングか、貧血か、喘息か」
 「走れない。苦痛に感じるレベル」
 「何もしてないのに足が攣る。ミネラル不足?筋疲労の蓄積?」
 「疲れた。いくら寝ても疲れがとれない」
 「疲れとかは大会に対してナーバスになりすぎか?」
 「走れないことにイライラしすぎ。楽しまないと」
等の、苦悶のコメントのオンパレードなんですが(;^_^A

今後も継続して続けて行こうと思います♪

■今後の対策
・サプリメントの導入
※Lグルタミン:もう導入してみた。
※プロテイン(今日ポチった):ザバスのタイプ3エンデュランス(鉄分も入っているのでこれにしてみようと思う)
※ヘムライズ:鉄を補給するサプリメント。今は鉄剤による治療中。
       治療が終わったら、購入を考えたい。

・食事量の増量(もう実施済み)。
・体重測定の毎月実施。ラン手帳に書き込む。


そんな感じで、今後はやっていこうと思います!

こういう、トライ&エラーやる感じ、本当楽しいです。

楽しいですが、、、早く体調よ、戻ってくれ(;^_^A 
nice!(5)  コメント(4) 

決断。そして転身。 [日光ウルトラマラソン]

昨日の血液検査の結果。

ヘモグロビン値9.3、フェリチン値4以下。
その他の数値も血液関係は軒並み「L」が検査値の横についている状態。

現在、日常生活でも息苦しい。
今朝もチャリ通がつらい。鉄剤の影響か腹も変。
野辺山を走った後あたりから、走っていない時もなんか体調が変でした。
お医者さんと話した感じだと、全て貧血の症状だったようです。

ネットで色々貧血のことを調べているとウルトラを走る前と走った後ではヘモグロビン値が1.5とか下がっているデータもある(貧血でないランナーのデータ)。

僕の現在の数値から1.5下がったら、もうあかん。

てゆーか、今でもあかん。

こんな状態の今では、100kmの旅なんてとても出来ないし、楽しめない。

しっかり貧血と向き合って治す時。

むしろ、この状態で、富士五湖、野辺山、オクム(今更カミングアウトですがどれも息切れ、ふらつきがすごかった。)と踏ん張ってくれた体に感謝しなくては。ウルトラの次の日も仕事となれば踏ん張ってくれていました。

そんな上記の判断材料から、決断しました。

今年の日光ウルトラマラソンはDNSとします。

ただ、奥さんは出走するので僕は敏腕マネージャー兼応援マンに転身して日光ウルトラマラソン当日は一日日光で過ごそうと思います♪参加賞くらいはもらえますかね・・・・(;^_^A

レンタサイクルとか借りて色々な所を回ることも考えたのですが今自転車漕いでも正直息が苦しいので徒歩と電車で最小限の移動で応援ポイントを・・・と考えていたら、東武バス営業所(43km地点)と今市運動公園(83km地点)とスタート&ゴール地点なら、最小限の移動と電車で回れそうなのでそのあたりで過ごそうと思います。

なんか、これはこれで楽しそうなのでアリかなと。

当日はベイスターズの応援グッズとか持って、野辺山Tシャツ着て、ルナサンダルかOnのシューズで、Onのキャップ被って、やたらガリガリ(顔色も悪いそうです)のアラフォーがいたらそれは私かもしれません・・・・(笑)

読んでくださっている方で日光ウルトラマラソンに出場される方、良い旅を!!

==================================
昨日までは、「DNSはしないで行けるところまで」「スタートラインには立ちたい」とかグチャグチャ悩みましたが、もうこれでスッキリです。

受付で参加賞だけ頂いて、後は応援ツアーです。

いつも応援してもらってばかりなので・・・・

楽しみです♪♪





nice!(7)  コメント(0) 

謎の不調 通院 その2 「あぁ、やっぱり貧血か」 [貧血]

今日、先日の血液検査の結果を聞きに行ってきました~!

結果は、「鉄欠乏性貧血」。

貯蔵鉄もスッカラカン、ヘモグロビンも9.3とすげー状態(ちなみに普段(一年前)は14~15ありました。)。

まぁでも、ここ何か月か「なんでこんなに走れないんだろう」「苦しいんだろう」と思ってた原因がはっきりしたのである意味スッキリしました!

一か月鉄剤飲んで、改善が見られなければ「がん」や「消化器系の不具合」も疑われるのでその際は検査。今月末に会社の健康診断あるので、消化器系の不具合があればそこで発覚するでしょう・・・とのことでした。
いずれにせよ、健康診断で消化器系の不具合疑いで引っかかった、鉄剤服用してもどんどん苦しさが増す・・・・等あったらすぐに病院来てくださいとのことでした・・・・。

とりあえず、回復系アミノ酸と言われるグルタミンを奮発して購入しました!
これと処方された鉄剤でガンガン血を作ってもらいましょう!
並行して、食事の量も増やして、減りすぎた体重も戻します(先日ついに57kgになっていた)!

こうなってしまった原因は推論の域を出ませんが色々とある気がしています。

一番は大幅に減ってしまった体重(現在57kg、ちなみに身長は177cm。ええ、アンガールズみたいな感じに現在仕上がっております)と関係があるように思えてなりません。

僕、元々すごい痩せる体質です。食っても食っても運動していると痩せます。
多分、運動で消費している分と体に入れる栄養素の収支が大幅に悪くなり、体を食っている状態が続いてこんな状況なのかなと。

この辺の要因と思われることは、また落ち着いたら今後の為に残しておこうと思います。

========================================
結果にはちょっと驚きましたが、原因がわかってよかったです。

ずっと3月あたりから「おかしいな、おかしいな」と思って過ごしていて、ブログには書いていませんがあまりにもおかしすぎて、走るのが嫌になりそうな時もありました。

もうこれで「おかしいな」と思いながら走ることはなくなります。
走れなくても、それが今の自分なのだと心の底から思えるのは、なんだか僕にとっては表現が変ですがうれしいことです。

これで、今の自分と向き合いながら走る時は無理せず走ればいいし(ラン禁止は出ませんでした)、それと並行して治療していくのみです♪

※今後の戒めの為「貧血」カテゴリー作りました。
nice!(5)  コメント(4) 

謎の不調 通院 その1 [貧血]

今朝、謎の不調(僕は貧血ではないかと思っている)の受診に行ってきました!

・・・・あらこばすけさん喘息はどうですか?

それはもう収まりました・・・とその節はありがとうございました・・・と始まった診察。

僕はかつてMRという営業職をしていたので、どうも診察室に入ると患者・・・というよりMRのような感じで入ってしまいます(;^_^A

そんなで、最近の近況と、ランのこと、不調の事、等今日受診に来た経緯を説明。


しかし、僕がこんな連戦のさなかに受診しようと判断を後らした原因の一つに「思い込み」がありました。

・・・それは、

「ランニング 貧血」とか「ウルトラマラソン 貧血」とかでネットで調べると出てくる猛者たちの数々の貧血の体験談。

「100km日本代表」「24時間走入賞・日本代表」「富士五湖 優勝」「野辺山 優勝」「ハセツネ 優勝」「UTMF 入賞」とかのすごい方々で、普段も月間600kmとかそれより多くを走っている方で、フルだって当然3時間切りとかの方々。

だから、そこまで競技としてやっている人が貧血はなるもので、趣味でやっている僕ごときはならない。

という、思い込みがありました。

走るのを増やしたと言ってもせいぜい、ピーク時で月間450km程度。
富士五湖が終わってからは、体の回復を重視して過ごしているので4月・5月は各270km程度。
今月もまだ100km程度(オクム込みで)。

上記の僕が貧血で調べた時に出てきた猛者たちとはやっているレベルが違う感じ。

だから、僕がやたら息があがるのもゆっくり走ってばかりのせいで心肺機能が衰えたとかで、もっと言えば、大会前にナーバスになりすぎているとか、そういう問題だと思っていました。。

しかし、なにかおかしい。

こんなにチャリ通で息上がっていたか?こんなに通勤ラン辛かったか?
こんなに朝だるいか?こんなに俺の爪へこんでたか?
そもそも海辺の町に住んでいるのになんかまるで高地にいるみたいに息苦しいし。空気薄くね?って感じです。
こんなにレース中辛かったか(今までと段違いにきつく感じることが多い)?

貧血ならばその対応。別の疾患ならその対応。
何でもないなら、「ほら、俺、ナーバスになりすぎなんだよ」で済ませば良いこと。

上記の「何かがおかしい」をこのまま原因がわからないまま放置するのは怖く感じ、今朝の受診に至りました。

で、今日やったことはレントゲンと、心電図、血液検査等・・・・

レントゲンと心電図は異常なし!

血液検査は水曜日に結果が出るので、また水曜日に行って来ようと思います。。。

先生から言われたのは、考えられるのは貧血か、甲状腺の異常とか、、、、ま、結果を見てからですね~。と言われ、今日の受診は終わりました(;^_^A

最後に、「次の大会予定は??」と聞かれました。

僕「今週末です!」

先生「距離は?」

僕「100kmです!」

先生「検査の結果次第ですが、無理はしないでくださいね~!」

と、言われました(笑)

まぁやべー病気が発覚するとか、そういうのじゃない限りは行こうと思っております♪

いやしかし、病院て疲れますねぇ・・(;^_^A

この話がどういう結末になるかは、わかりませんが今回のことの教訓は「おかしいなと思ったら早めの対応を」ってことですね~。
「思い込みとかは判断を鈍らせる」とかですかね。。

しかしまぁ走ることは色々学べますねぇ・・・(;^_^A
======================================
あさってにはわかることなのですが、どうにもソワソワしちゃいますね(;^_^A

まぁゆったりと構えとこうと思います♪


nice!(4)  コメント(2) 

オクム後の体調と「爪が!爪がぁぁ!!(ムスカ風に)」 [ランニング]

楽しかったオクムももう一週間前の話。
そして一週間後は日光。

オクムを終えて、脚は痛い所はありません。
まぁ、登りは走れない、下りも安全運転・・・・だったので、筋肉痛も水曜日には引いて、木曜日には5kmのウォーキング、昨日から通勤ランを再開しました。

・・・やっぱり息上がります(笑)

もし、この原因が貧血なのだとしたら日光の後に健診があるのでそこで血液検査するからいいかな・・・・と病院に行っていませんが、なんだか、昨日色々貧血のこと調べていたら、僕の手の爪がネットで貧血の人の爪の特徴(スプーン爪??)とドンピシャなことが発覚(;^_^A

僕の爪、3月くらいからへこんできています。

へこみ爪はそういう兆候だと知らなかったのであまり気にしていなかったのですが、昨日奥さんが出かけている時に色々調べていたら上記のことがわかり、、、、月曜日は運よく午前中仕事休みなので病院に行ってこようかなと思います。

他にも当てはまる症状がたくさんありすぎて・・・・。。

なんだか走れないレベルではないもののずっとだるーい感じもあるのでそうなのかなという感じです。このだるい感じが、走り込みの影響なのか、貧血等の何らかの不具合によるものなのか、わからないまま放置していました(放置は良くないですね。猛省です。)。

この数か月続く謎のラン不調の原因が貧血であれば、それの対策をしていくのみですし、そうでないなら別のアプローチをしていこうと思います。

それ以外は体調も良好です♪♪
なんか、色々調べて下した勝手な自己診断だと、完全に「貧血!!」と思っていますがどうなんでしょうね・・・・。

まぁちょっと、この体調の感じは前のめりになりすぎたツケですね(;^_^A

でも本当、ただ走るだけなのに奥が深いです。
食べ物とか、寝ることとか、色々なことに繋がってきます。
だから、面白くてたまらないんでしょうね・・・♪

体調はそんな感じで、「ぼちぼちでんな」って感じですが、シューズがそろそろ限界に(;^_^A

館山若潮の前に購入したクラウド君、

館山若潮
富士五湖
野辺山
オクム

の戦いを経て、ソールがもうえらいことに!!
野辺山の林道が相当効きましたね・・・・!

夏には新しいシューズも検討しないとです。

クラウドXか、クラウドフラッシュか、クラウドラッシュか、、、、

多分、クラウドXにする気がします♪

日光までは、10km未満でちょこちょこ休みを入れながら繋いでいこうと思います。

月曜日の受診結果次第では、日光までオールランオフもあるかな・・・・(;^_^A

日光では、新しい行動食も用意しました!
これはまた別記事で。

まだ一週間先の話ですが、楽しみです♪
nice!(6)  コメント(2) 

2018年奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「やっぱりウルトラは面白い」 [奥武蔵ウルトラマラソン]

折り返し地点で、もうなんだか全てやりきってしまった感は否めないものの、ゴールはまだまだ先。
大好きな下り坂ランで風を感じつつ下っていきます♪

いやしかし・・・苦しい。

ただでさえ、まだ富士五湖・野辺山の激闘の疲れは抜けていない感じ。
でもそれも承知で申し込んだんだから楽しまにゃ損。

それに加え誤食・・・・うーん。

これ、どのレベルまで苦しくなったら止めないととかあるのかな。
去年平塚ゆめリレーでパスタ食った時は苦しくて30分位走行停止だった気がする。
仮に30分走行停止しても、ゴールには間に合う。
安全運転で自分をゴールまで連れてくべ・・・・。

そんなことを思いつつ進んで行く中で色々な声援を頂きつつ、進んで行きます。

それにしても野辺山Tシャツは本当にお声掛け頂き率が高いです。
この日もかなり声掛け頂きました。。。

そんなで刈場坂エイドに到着!

・・・・事件が起こります(笑)

奥さん、何を思ったのかエイドのテーブルに向っていく途中で転倒!
しかも手首を変な風について、、、、マジで焦りました。

「大丈夫か?手首グキッてなんなかった??」

とりあえず大丈夫とのことで、手のひらと肩付近を擦りむいた程度で済んだそうです。。。

エイドの方にも心配頂きましたが、なんとか進んで行きます。。

奥さんにはいつも口酸っぱくファーストエイドキットを携行するように言っているのですがこの時持っていないことが発覚し、僕からこってり絞られます(笑)

「いやだからさ、根底に「私は大丈夫」って思いがあるから持たないんだよ」
「俺なんて恐怖しかねぇから絶対持つもん」
「これ俺と別行動だったらマジ大変だよ」

などと、ただでさえ誤食の八つ当たりで冷戦状態なのに、さらに火に油を注ぐ展開に!

この時、近くを走っていたランナーさんに「ファーストエイドキットありますけど使いますか??」とお声掛け頂き・・・・ご心配頂きすみませんでした(;^_^A

詳細は省きますが、この冷戦で「何故ウルトラを走るのか」とか色々話しました。

面白いとか、楽しいとかありますが、何より自分の弱い(ダメな)所を鍛えられるということもあります。

そんなで、下りはほどほどにとばし、登りは歩いて進んで行きます・・・。

途中、ウルトラで良く見かける仮装ランナーさんとお話しをしました。
お話しを伺っていると、大会参加のペースがすごかったです(;^_^A
毎週ウルトラなんですよね。この週末も飛騨高山に行かれるそうです。。。
疲労とかどうしてますか~?って聞いたら、大会の間は全く走らないそうです。
ま、中一週間でウルトラですからそうなりますよね(;^_^A
お話ししていて、とっても優しい口調の方でした。。ああいう大人になりたいものです。

そんなお話しも楽しみつつ進んで行くと、残りもだいぶ少なくなり清流AS。

ここでは、もう何年前になるのか、まだウルトラに出る前。
BS日テレか何かでやっていた野辺山ウルトラの番組。
これを見て奥さんが「ウルトラやろう!野辺山!」となるのですが、その番組で取材されていたランナーさんの奥様からお声掛け頂きました。
「野辺山出ているんですか??」とお声掛け頂き、わわわ・・・あの方から話しかけて頂いた!!
と夫婦揃って挙動不審になってしまいました(;^_^A
色々とゆっくりお話しさせて頂き、楽しすぎて大会であることを忘れてしまいそうでした(;^_^A

そんなこんなで、「また野辺山で!!」とご挨拶してエイドを後にします。

最後の登りも成敗して、最終エイドの鎌北湖エイドに着くころには誤食から時間も経ってきたのでだいぶ症状も収まってきました(かなり水飲みましたが(;^_^A)。。

途中途中で、色々なランナーさんと言葉を交わしました。

応援の方とのやりとりも大好きです。

エイドでのやりとりも大好きです。

進んで行く中で見る景色も大好きです。

「もうダメ。死にそう」と思いつつ前進していく感じも大好きです。

楽しいと思う自分と悪態つきまくりの自分が共存してる感じも大好きです。

スライドゾーンでのエールのやり取りなんて最高です。

食べ物だけ、残念だけど気をつけよう。

それだけ出来れば、これからも朝っぱらから一日中走るとかいう最高の一日が過ごせる。

・・・・・毛呂山運動公園に入り、ゴールが見えてきます。

あー今日も、色々あったけど本当にいい一日だった。

やっぱり、ウルトラは面白い。最高だ。

そんな思いで、ゴール!!

「ありがとうございました!!!」

このオクムに、運営の方々に、応援の方に、関わったすべての方に、本当に感謝のゴールでした。

2018年奥武蔵ウルトラマラソン 最終話「やっぱりウルトラは面白い」完

オマケの小話。

・・・・道中、来年は出場大会数絞らないとマジできついよねと奥さんと話していたのですが、、、、ゴール後水道で足を洗っていたら館山代表が近くに来て少しお話ししていたら、奥さんが「来年も来ます!!」とか言ってました(;^_^A

あれ、あなた「野辺山は外せない」って言ってて(これは夫婦の共通認識)、こないだは「富士五湖118kmやりたい(僕はまだビビっている)」、、、さっきの「また来ます!!」・・・・・今年とほぼ変わらねーじゃねーか!!

さすが変態ランナーの卵。もう孵化したかって感じです(;^_^A

「頭で走る僕」「フィーリングで走る奥さん」の珍道中は日光へ続く・・・!
nice!(7)  コメント(4)